広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「限りなく黒に近いグレーな心理術」     Daigo著

「限りなく黒に近いグレーな心理術」     Daigo著


この本を読んでの一番の感想は、Daigoさん大丈夫かな?である。
彼は知識が豊富で、たくさんの理論を知ってる。これは間違いないし、私も彼から学ぶことは多い。
しかし、こんなにいろんなことを理論で、頭だけで整理していって大丈夫だろうか?人間とはそんなに単純なものだろうか?彼自身そんなに単純なものだろうか?いや、もっと複雑で、グレーなものだと思う。
彼ならそのグレーさえも理論的に処理するだろう。
しかし、グレーにもいろんなグレーがある。そんなグレーは理論や論理からはこぼれ落ちてしまうものだ。
これは、どんなに理論を精緻化しても、無限にこぼれ落ちていくのだ。
彼は、それが体でわかってない気がする。
今後、もしかしたら、そのこぼれ落ちたグレーが彼の心身を襲うかもしれない。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る