広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 日米関係を考える              自立の必要性

日米関係を考える              自立の必要性


日本はそろそろ独り立ちする時期に来ていると思う。
戦争が終わり70年。アメリカに依存してきたことは間違いないだろう。
その依存のなかで、政治家も国民もものを考えなくなってしまった。これは、幕末に植民地化されそうになっていた時と比較すれば明らかだろう。あの当時は、たくさんの人が日本がどうすれが自立を保てるかを命がけで考えていた。
しかし、戦後、アメリカの庇護のもと、安全保障はアメリカ頼み、経済活動に専念しまーす路線も限界がきている。

これから、非武装中立路線だろうが、武装自立路線だろうが、日米安保堅持路線だろうが、いずれにせよ、自国の未来を自国で考え責任を取っていかなければならない。
いいかげん依存しててはいけないと私は思います。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る