広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 家庭をひらく     核家族という檻

家庭をひらく     核家族という檻


今の時代、家族は闇だ。外から幸せそうに見えても内情が違う家族がとても多い。
社会的地位が高くお金持ちでも、玄関を入ると壁に穴が開いている場合もある。
そして、ドラマのように開かずの間に子供が隠蔽されている場合もある。
まさに現代の家族は漆黒の闇の中にある。
この原因の大きな一つは「核家族」にある。
このシステム自体が極めて閉じているのだ。外との交流が少なく、内部がどんどん煮詰まっていく。
そして、腐っていき、その悪臭がするまで数十年間も外にはわからないのだ。
そこで、解決策は、その家族を開いていくしかない。
閉じた家族を壊していくしかない。これは親にしかできない。
いろんな人が入れば家の空気雰囲気は変わり、家はどんどん開いていく。
こうしていくと、親も子供も変わっていくのだ。どの集団でも閉じた瞬間、腐っていくのだ。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る