広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「悲観主義は気分 楽観主義は意志」         アラン

「悲観主義は気分 楽観主義は意志」         アラン


人間はほっておくと悲観的になる。気分が落ち込み悲観的になっていく。
特に高齢者は死が近づいてくるので、どうしても悲観的になる。これは仕方ない。
しかし、大事なのは、「楽観的に生きようとする意志」だ。
これがあるかないかで、人生は大きく変わる。
悲観的な流れの中でも、楽観的に明るく楽しく生きようとする意志で流れに棹さすことはできるのだ。
私はこれこそ人間だと思う。
私の師は病床でこう私に語った「いいか、よく見とけ、私は今、体は動かなくなってしまったけど、頭の中は自由に飛び回って
いるのだよ」と。
これこそ、意志だ。人間なのだ。
私も師のような人間になりたい。どんな状況でも楽観という意志を持てる人間になりたいと切に思う。

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る