広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「いまを生きる」         ロビン・ウィリアムス主演

「いまを生きる」         ロビン・ウィリアムス主演


「カーぺ・デイエム」  これは「その日を摘め」という意味のラテン語だ。
「いまを生きる」という映画の中で繰り返し出てくる言葉である。
私はこの言葉が大好きだ。
今の時代、過去のことばかり悩んでいる人がいる。そして、未来のことばかり不安視ししている人がいる。
両方とも間違えだ。大事なのは、今をどうするか、今日どうするかだけだ。
今日のことだけを考え、成果を出せば、過去も良く思えるし、未来にも展望が開ける。
大事なのは今日だけなのだ。
今日をいい加減に生きているから、過去の事ばかり考え、未来に不安が広がるのだ。
イチロー選手が打席にはいり、過去の打席や明日の打席を考えていると思いますか?
どう考えても、次の1球だけです。

51gw6NAi4YL広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る