広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > こんな家に生まれたくなかった! 今日も引きこもり相談

こんな家に生まれたくなかった! 今日も引きこもり相談


この発言は極めて合理的だ(笑)
子供は一度も生れたいと言ったことはない。まったくない。
親の勝手で産んだのだから、子供がきちんと生きていく土台をつくる義務がある。
家で言えば基礎工事だ。基礎工事を適当にやり、子供に「さあ、家を建てろ!」というのは乱暴だろう。
子供が「基礎工事に手抜きがある!」というのはごもっともだ。
親には「この家に生まれてきて良かった」と思えるようにする義務がある。それが産んだ責任だ。
「生まれてきて良かった」と思えれば、あとは大丈夫。子供は自分で生きていける。
しかし、この感情がなければ生きるのは極めて苦しいだろう。
自己否定の感情を根底に抱えて生きていかなければならないからだ。

無題
広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る