広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 救われるということ

救われるということ


私は人を救ったと思ったことはない。
逆にいつも救われている。いろんな人に救われている。
こんな人々がいなければ、私は今この世にいない。
私単体ではこの世にいる意味もないし、なんの価値もない。
すべては関係なのだ。
豊かな関係を持たない人は、なぜ生きているのかがわからないだろう。
それは、関係こそが生きる意味だからだ。
サッカーもボールをけることが面白いのではなく、いろんな人とけるから面白いのだ。
私はよく「たすけて頂き、ありがとうございます」と言われる。いや、違うのだ。
私が助けてもらい、救われているのだ。
私はこんな関係を持てていることを幸せに思うし、この関係のために今日も生きようと思う。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る