広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「その日のまえに」   大林宣彦監督作品   重松清原作

「その日のまえに」   大林宣彦監督作品   重松清原作


とてもいい作品である。一つの家族があり、突然、お母さんが重病に侵され余命宣告を受ける。「その日のまえに」に家族みんな
でどう生きるかという話である。詳しくは書かないが、皆さんは「その日のまえ」までどのように生きていくだろうか?「その日のあと」に
どのように生きていくだろうか?重松氏らしい情感豊かな作品を、大林氏がさらに情感豊かに制作している。
大林氏の作品はほとんど自主制作。大きな資本を投入せず、自分が本当に作りたい作品を作っている。
本当に丁寧に、愛情を込めて、慈しむように作品が出来上がる。私はこのような作品が大好きである。
このような人たち、このような作品が文化を作っていくのだろう。 金より先に志を立て動いていく。そして継続させるため金もきちんと
回収していく成熟した大人の事業である。
こんな成熟した大人がいることに安心しつつ、私もこんな大人に少しでもなりたいと思う。
若い人たちが、死なずに生きてみるのもいいなと思える大人に。814OoSRhbDL__SL1500_広島ブログ
人気ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る