広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 引きこもり遠隔支援プログラム(楽園のオリジナルな方法論)

引きこもり遠隔支援プログラム(楽園のオリジナルな方法論)


「遠隔支援プログラム」とは家族の在り方を変容させることにより、引きこもり当事者に元気になって頂くプログラムです。
ご両親が変わることにより、大きな変化が出ています。遠隔支援プログラムにより遠くの方、相談機関のない方にも対応できます。
遠隔支援プログラムとは、ご両親に月に1度面談に来て頂き、ご両親が変容することにより、家庭が変容し、関係が変容し、引きこもり当事者へ大きな変化を及ぼすプログラムです。メリットとしては、引きこもり相談機関のない地方でも効果を発揮し、引きこもり当事者に直接会わなくても間接的に影響を及ぼすことができ、低コストで実施できることです。メール等での連絡は随時行います。
鍵を握るのは、ご両親の変化と家の「社会化」(オープン化 情報公開)にあり、核家族の固い閉じたシステムを融解させていくことにあります。

広島ブログ

コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る