広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 子供が依存しているのではない

子供が依存しているのではない


親が依存させているのだ。
親が子供のままにしておきながら、自立を求める。
何十年も依存させといて、いきなり自立しろと言われても子供も困る。

依存させといて、「この子は自立しないんですよー困ったもんです」と言っても意味がわかりません。
まずはきちんと自立するように育ててはじめて自立がある。突き放して自立させるという方法はありますが、抱きかかえながら自立を求めるというのはありえません。
何十年も自分の足で歩いていない人間が、そんな簡単には歩けません。

子供が子供のままなのも、子供が依存しているのも、親の責任。
親がそういう振舞い、そういう行動をした結果です。
親の行動様式思考様式を変えない限り、子供が依存するのは極めて当たり前です。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る