広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 答えのない問題を考える

答えのない問題を考える


昔の日本は、答えがあった。これは高度成長で全体が上昇し、アメリカに追いつけ追い越せと言っていれば済んだ時代だ。
今の日本には答えなんかどこにもない。
似たような時代をあげれば、戦国時代や幕末だと思う。みんな、どう進んだらいいかわからない。
半年後、1年後すらわからないし、今より全体は悪くなっていると、ほとんどの人は考えているのではないだろうか?
そんな時代には記憶力ではなく、考える力、考え抜く力が求められる。
しかし、今だに教育システムがそんなふうになっていない。
少しずつ、考えたり、議論したりというシステムに変化していっているが、まだまだだ。
この本にはオックスフォードにおける教育のあり方が書いてある。
簡単に言うと、考えることと議論することの大事さである。
そして、答えのない問題に向き合う大事さである。
今の時代は、答えがないことばかり。これに怯んではいけない。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る