広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「無頼のススメ」  伊集院静 著    無頼とは自立 貢献

「無頼のススメ」  伊集院静 著    無頼とは自立 貢献


一般には「無頼」とは、いいかげんで、むちゃくちゃな人物のことを指す。しかし、伊集院静氏は「無頼とは人に頼らない覚悟のこと」
とおっしゃっている。あー素敵な表現だ。頼らない覚悟があれば、他人の顔色をうかがう必要もないし、自分しか頼るものがないわけ
だから覚悟ができる。私も、同様に思って生きている。
さらに、大事なことは「他人には頼らせてあげる」くらいの度量をもって生きること。
頼らず、他人には頼らせてあげるくらいを目標にすれば何も恐れることはない。
おそれる人は頼っている人だ。頼っているからこそ、他人の動向に一喜一憂し、動揺し、感情が波打つ。
さあ、皆さん「無頼」になろう!他人を頼らせてあげる優しい無頼に!
私も「無頼」を目指して歩く
とはいえ、やむを得ず頼ることもある、それも人生だ(笑)
無題広島ブログ
人気ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る