広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 人は関係の中でこそ育つ          

人は関係の中でこそ育つ          


人間の子供をを生れた時から無人島に置いていたら(食事は困らないと仮定する)、ちゃんと人間になるだろうか?
おそらく、言葉はしゃべれないし、私たちのような人間ではないはずだ。
これは仮説なので、本当のことはわからない。
引きこもりとは、こんな状況にかなり近い。確かに親はいるが、あまりコミュニケーションはないし、関係もない。
言葉を使わなくてもお母さんが先回りして読んでくれる。
お父さんとはほとんど話さない人が多い。
要するに、無人島にかなり近いのだ。社会で使うような言葉は必要ないし、他者に気を使う必要もないので、こんな環境では
感情は育たないし、感情を抑える必要もない。我慢もいらないし、泣き叫べば、親が何でもしてくれる。ただ赤ちゃんのように泣けばいいのだ。
引きこもりは社会から隔絶したこんな環境で、長い年月を過ごすと、どんどん壊れていくというか、まったく人間として育たない。
こんな場合にはどうするか、子供が社会にでない時は、家を社会化すればいいのだ。
具体的にはどうするかって?それは各家庭で考えること(笑)
言えることは、社会的関係の中で生きないと人間にはならないということです。
500_10576388
広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る