広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「空気の研究」       山本七平著     再読

「空気の研究」       山本七平著     再読


「空気」とはなんだろうか?いまだによくわからない。

空気を読めという言葉もよくわからない。

しかし、日本に住んでいると空気や雰囲気という言葉にならないものが
状況を動かしてることがよくわかる。
何かきちんとした決断ではなく、なんとなく、流れで、みたいな感じで
話が決まっていく。だから、責任者がわからない。

これはうまくいってる時はいいが、危機の時にはどうしようもなくなる。
今は危機の時代、大きな変化の時代だ。
国民的な議論が必要な時だ。こんな時もなんとなく決まっていくのだろうか・・・・・。
また、誰の責任でもないような感じで決まり、誰も責任を取らない感じで幕が引かれるのだろうか?

原発事故の責任者は誰か?新国立競技場の責任者は誰なのだろうか?よくわからない。

無題



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る