広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 子供から学ぶ   今日も引きこもり相談

子供から学ぶ   今日も引きこもり相談


面談するご両親から感じるのは、子供に教えよう教えようとしているということ。
子供からこれを学んだ、子供にこれを教わったという話をされるご両親がほぼいない。
親は教えるもの、子供は教わるもの。子供は遅れた存在なのだ。
そうではないだろう。親も子供から教わることが多いはずだし、学ぶべきだ。
そういう謙虚な姿勢を持つご両親はまずいない。
本当の意味で子供と対等に話合う気持ちがないのだ。常に上から。これは特に社会的成功してる方に多い。
いくら社会的に成功していても家ではただの親なのだ。本当に子供の声に耳を傾け、対等に話をする
ご両親だけが子供の本当の声を聴くことができる。
子供は声を上げてないわけではなく、親に聴く力がないのだ。

無題広島ブログ
人気ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る