広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 妖怪ウオッチ             親子の会話をつくる

妖怪ウオッチ             親子の会話をつくる


妖怪ウオッチの仕掛け人  日野晃博氏は凄い人だ。
妖怪ウォッチをつくるにあたり、まず子供の気持ちや考え方に関して、膨大な調査をしている。
子供を徹底的に丸裸にしているのだ。子供が好きなこと、関心があること、いろんなことをリサーチしている。
この前提があるから、子供がみんなハマるのだ。
そして、昔のキャラクターをだし、親子の会話を誘発している。親子に話せと言わないで、自然と会話が成立するようにしているのだ。
これを難しくいえば「制度設計」だ。
強制したり、道徳的説教したりせず、子供が自然に動くような「仕組み」をつくっているのだ。
この仕組み作りが素晴らしい。

この仕組み作りは、すべての領域で参考にできるだろう。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る