広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「誰も怒らない世界になればいい 」         大泉洋談

「誰も怒らない世界になればいい 」         大泉洋談


役者の大泉洋がこんな風に語っていました。
なるほど。彼の全身からでる温かみはこんな考えから出てるんですね。
そして、彼は「生まれてから、自分はずっと人を笑わせることばかり考えてきた」とも。

なるほど。仕事ではなく、生きること=人を楽しませること、だったのだ。
こういう話を聴くと、彼の温かみ、ユーモラスさがどこからくるのかよくわかります。
最近の活躍は偶然ではなく、彼に内在するものが生み出す必然なのだということが。
彼が出た瞬間、いろんな場面が明るくなり、悲劇でも何か救いを感じる。
こんな役者は稀有な存在です。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る