広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 戦前の思考                備えあれば憂いなし

戦前の思考                備えあれば憂いなし


今はもう戦後ではない。メディアでは昨年、戦後70年の特集をしていたが、私は今を戦前だという認識で生きている。
これは「戦争したい」とか「戦争するべきだ」という意味ではなく、一人の人間の生き方として今を「戦前」と考えていた方が
いろんな準備、対処、構えができるからだ。
こんな風に考えておかないと、もし突然戦争になった時に、対処できない。家族が守れないのだ。
「戦後70年」の成果を踏まえ、きちんと「戦前元年」に備えることが大事だ。
いろんな人が反対しても、戦争が始まる時には始まる。何も備えなく始まるのは最悪です。
私は、もちろん「戦争反対」だが、今日にも戦争があるかもしれないと思って生きている。
そう構えながら、起きないのが最高なのですが(笑)

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る