広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「新戦争論」          小林よしのり著

「新戦争論」          小林よしのり著


議論の前提に読むのに素晴らしい本だ。
日本の問題点は、議論が少ないこと、議論しても意見の変更がないこと、大きな変革ができないこと、いろんなことがある。
議会では初めから結論が決まっているし、議論しても意見が変わらないし、70年憲法の変更もない。
私は憲法をどうしても変えようという立場ではないが、私はすべてのものごとは変わるし、変えていけないものはないと考えている。
きちんと議論し、議論した結果、変えないものは変えない、変えるべきことは変える。
自分の意見も変える。もし変えるべきなら、すべて変えるべきだと考えているのだ。
意見が変わらない会議やミーティングなんかいくらやっても無駄なのだ。
この本は、いろんな論点をいろんな角度から描いている。
小林よしのり氏のことが大嫌いな人に読んでいただきたい本です(笑)

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る