広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 若年層の自殺増を危惧する

若年層の自殺増を危惧する


近年、日本の自殺者は減少傾向にある。
以前は3万人を超えていたが、最近は2万5千人くらいまで減っている。
しかし、中高年の自殺の減少とは反対に、若年層の自殺はかなり増えている。

これは大変なことだ。理由の分析は難しいが、若者が日本に、自分の未来に悲観し死んでるのは間違いない。
人間は未来が明るいと思えば死ぬことはない。
今の日本は、若者が未来を明るく思えない国なのだ。これは極めて深刻だ。
これに対してどうしたらいいか、私にはわからない。
私ができることは、自分が明るくすごすこと、いろんな人の役にたち、若者に私が生きる姿を見せることしか考えていない。
小さなことだが、大人が明るく希望に溢れていたら、社会の状況、家庭の状況はずいぶん違うと思うのだ。

無題
広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る