広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 六代目 尾上菊五郎  「まだ足りぬ 踊り踊りて あの世まで」

六代目 尾上菊五郎  「まだ足りぬ 踊り踊りて あの世まで」


やはり、その道の名人ほど「まだまだ足りない」と思うもんですね。
ほとんど知らない人の方が物事を簡単単純に考える。それは、知れば知るほど、その世界の深さが身に染みるから。
引きこもり相談を受けてると、極めて安易に考えているご両親に毎日のように出くわします。
「人間(子供)はそんなに簡単なものではない、人間ほど深く難しい存在はない、その深い存在に向き合うのにそんな
安易でいいんですか?そんな片手間でいいんですか?命がけじゃないと無理ですよ」と私は経験上思ってしまします。
今の日本に引きこもりは100万人。厳しい言い方ですが、全体を解決するのは無理でしょう。
しかし、一人でも元気になればと思い、「まだ足りぬ  踊り踊りて あの世まで」 です。
2223広島ブログ
人気ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る