広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

サーチライト

2019年9月21日 土曜日


私は、玉置浩二さんの「サーチライト」という歌が大好きです。
昨日、一昨日は、認知症の方を探して、広島市内をバイクで走り回ってました。
いつもは、ひきこもり(中高年、高齢者)を中心に、家庭の中にいろんな問題が潜んでいないか、探しています。
暗闇にある問題に光をあて、孤独に悩む人に、小さな「サーチライト」の光が届けばいいなと思います。
私もそうでしたが、闇の中にいる人は、光を求めて歩きます。
闇の中だと、本当に小さな光でも見えます。
いろんな活動を通し、そんな「サーチライト」に少しでもなれればと思います。
「サーチライト」」
ラムネの瓶の中のガラス玉
どうしても直ぐに 手に入れたくて
雨に濡れたまま
泣きながら 泣きながら 粉々に割ったんだ
怖くて寒くて眠れなくなって
小さな光を探した夜に
必ず僕を照らす
サーチライトを ずっと
信じてた 信じてた
けなげに咲いてる ありふれた花
枯れてもいいと思ってたのに
乾いたこの心で
ちぎっても ちぎっても どうしても枯れなくて
涙が溢れて とまらなくなって
小さな光を 探した夜に
必ず僕を照らす
サーチライトは そうなんだ
君なんだ 君なんだ
怖くて 寒くて 眠れなくなって
誰かの胸を 探した夜に
必ず君を照らす
サーチライトに 僕は
なれるかな なれるかな
サーチライトを ずっと ずっと
信じてる 信じてる

広島ブログ

第5回 ひゃくなん会(人生100年時代をケアマネジャーと一緒に考える広島市南区住民の会)

2019年9月20日 金曜日

9月26日(木)10時~開催します
今回のテーマは「ケアプランを考える」です。
講師は、当会副代表の三上淳一(主任ケアマネジャー)と代表の私です。
普通の講義ではなく、かなり趣向を凝らしています。
他では絶対に聞けない、他では語られることがない話がてんこ盛りですので、ぜひご参加下さいませ。
ひゃくなん会でなければ実現は不可能だと思います。
第1回は、総論
第2回は、ケアマネジャーとは何か?
第3回は、認知症を考える
第4回は、8050問題を考える
第5回は、ケアプランを考える
第6回以降も、いろんな問題を考え、皆さんと語り合いながら、解決の方向を探っていきたいと思います。
ひゃくなん会の存在意味は、
1、本当に自由に語りあうことができること
2、住民の方が受け身ではなく、主体、当事者になり、積極的に参加すること
3、ケアマネジャーを中心に、いろんな専門家と仲良くなること(仲良くなれば、いざという時に相談しやすいです)
4、話し合うだけではなく、解決を目指していくこと
こんな点にあります。
これからも、介護だけではなく、ライフ全般にわたり、いろんな問題に取り組んでいきたいと思います。
ぜひ、ご参加下さい。
広島スポーツスピリットとは違う対象、違う形で社会貢献できればと考えております。
広島ブログ

広島スポーツスピリット presents クリスマスメンタル講座  

2019年9月19日 木曜日


12月26日(木)の夜に、「クリスマスメンタル講座」を、NPO法人 広島スポーツスピリットで企画しています。
場所はまだ未定です。
内容は、高畑好秀(NPO法人広島スポーツスピリット副理事長 メンタルトレーナー)と私 濱部修(NPO法人 広島スポーツスピリット理事長)の二人で、クリスマスを元気に、年末を元気に、新年を元気にスタートしていけるような講座にしたいと考えています。
もっともっと頑張りたい!
もっとポジティブに生きたいという方には高畑好秀の講座を。
なんとか元気に年を越したい!
ネガティブな自分を何とかしたい、自分を変えたいという方は私の講座を。
二人が、まったく違う立場、観点から、メンタルについて、人生について語りたいと思います。
そして、最後は、二人で対談し、新しいケミストリーを見せたいと思います。
さあ、どんな会になるのでしょうか?
私にもわかりません。
しかし、参加すれば、元気になること、新しい自分への一歩になること間違いなしです。
ぜひ、ご参加下さい。
場所は、決まりしだい報告致します。
  広島ブログ

つながりが大事 きれてないことが大事

2019年9月18日 水曜日


私は、いろんなことをして、人と人をつなげようとしています。
それは、なぜか?
一言で言えば、人が孤立し、絶望することを防ぐためです。
これは、私自身の20代の経験からきています。
そのころ、私は孤立し、24時間死ぬことばかり考えていました。
正直、よく死ななかったなという感じです
だから、今の私は何も必要ありません。(クリームソーダは必要ですが)
生きているだけ、健康で、いろんな方の役にたてることに感謝です。100点です。
20代の経験に基づき、人にとって大事なことは、孤立しないこと、つながりがあること、つながりが切れないことだと考えています。
別に、強固なつながりでなくても構いません。
軽く挨拶をする。
馬鹿話ができる。
こんな関係が大事です。
言葉を交わすことが大事。
こんな大事さも、20代に声を失って気がつきました
つながりがあること、孤立していないこと、これが自殺予防につながります。
みなさんも、できれば、まわりに声をかけてあげて下さい。
難しいことではありません。
「よっ!どうや?」みたいなノリで

広島ブログ

任意後見人もやっとります

2019年9月17日 火曜日


任意後見制度は本人が契約の締結に必要な判断能力を有している間に、将来自己の判断能力が不十分になったときの後見事務の内容と後見する人(任意後見人といいます)を、自ら事前の契約によって決めておく制度です(公正証書を作成します)。
私は、あまり引き受けていませんが、
関係が深く、「どうしてもお願いします」「濱部さんじゃなきゃダメです」という場合だけ、数名受けています。
私が引き受けて、その方が安心して生きることができたり、安心して死ぬことができる(子どもを私に委ねて)ことに貢献できるのなら嬉しいです。
最近も、1人お受けしました。
高齢で、病気の息子さんを抱えた女性です。
私が受けたことにより、安心して長生きできるといいなと思います。
任意後見制度は、死後のためではなく、よりよく生きるための制度ですから

広島ブログ

家族は本当に難しい 難しすぎる

2019年9月16日 月曜日


日曜日は毎週、朝から晩まで、相談に応じています。
相談内容は、すべて家族に関わることです。
家族に関する相談を受けて感じるのは、家族のあり方は実にさまざまだということ、実に個性的、そして、問題を長年抱えて隠してきたので、極めて複雑化難問化しているということです。
問題の中身もバラバラ、ですから、解決方法もバラバラ、正解もありません。
まずは、話をしっかり聴いて、情報を集め、それを分析し、解決につなげます。
しかし、数十年に渡る問題だったりするので、短い時間では無理です。
腰をすえて取り組む必要があります。
何とか、「今よりマシ」にしたい、この一心です。
さあ、本日は5家族の相談です。

広島ブログ

お好み焼き屋「KAJISAN」 9月いっぱい休業中

2019年9月15日 日曜日


現在、比治山トンネルのところにあるお好み焼き屋「KAJISAN」は休業中です。
それは、お母さんが足の手術のため入院しておられるからです。
そこで、本日、お見舞いに行ってまいりました。
いやー、めちゃめちゃお元気でした
私が、病室に入ったのがわかると、すぐにベッドで座位になり、笑顔で迎えてくれました。
術後も良好とのことで、リハビリに頑張っておられました。
復帰予定は、10月1日です。
おそらく、予定通り退院できると思いますので、ぜひ、「KAJISAN」にご来店下さいませ。
写真は、半年前に撮った写真です。(入院中の女性を撮影するのは嫌なので、過去の写真ですいません)

広島ブログ

12月訪問先決定  広島スポーツスピリット

2019年9月14日 土曜日

12月の訪問先は、子ども食堂「夕焼けぽっぽ食堂」(広島市中区土橋町)です。
会場は、もちもちの木 土橋のおうち。
「夕焼けぽっぽ食堂」は、とても温かい雰囲気で、とても美味しい料理が味わえる子ども食堂。
12月は、クリスマス企画として、スポーツ選手と訪問します。
みなさん待ってて下さいねー。
撮影会、サイン会もしますので、お楽しみにー
【運営主体】
 夕焼けぽっぽ食堂
【会場名称・住所】
 もちもちの木 土橋のおうち
  〒730-0853
 広島市中区土橋町5-35
【開催日】
 毎週木曜日 16:00〜18:00
【対象者】
 本川小学校区の子どもからお年寄りまで
【参加費】
 こども(高校生まで):無料
 おとな:300円 
 お年寄り:200円

広島ブログ

あきらめない心

2019年9月13日 金曜日

 
先日、児童養護施設の施設長様とお話をしている時、施設長様が、「施設の子どもたちは、いろんなことに取り組む好奇心はあるのですが、壁にぶつかると、すぐにあきらめてしまいます。ここが最大の問題点です」と言われました。
施設の子どもたちは、虐待を受けたりして入所していたりするので、自己肯定感がとても低い場合が多いです。
広島スポーツスピリットとしても、ただ、施設にスポーツ選手と訪問するだけではなく、今後は、そんな子どもたちに自信をつけるための「メンタル講座」を同時に開催していきたいと考えています。
理事長である私自身も、何かの能力に秀でているわけではありませんが、「あきらめない」「どこまでも継続する」ことに関しては自信があります。
私も、大人として、子どもたちに「あきらめない」姿を見せたいと思います。
子どもより前に、大人が動く、大人が変わる、それが広島スポーツスピリットのポリシーですから!

広島ブログ

11月11日(月)19時~  広島市まちづくり交流プラザ リアル介護映画「まなざし」を一緒に観て、語り合いませんか?

2019年9月12日 木曜日


監督は介護福祉士でもある卜部敦史(うらべ・あつし)さんです。
とても、サイレントな映画です。
会話はほとんどありません。
沈黙の中で、親子の関係が少しずつ変化していきます。
リアルな介護も見どころです。
映画終了後、皆様と意見交換会みたいな感じの時間を持ちたいと思います。
日頃は、映画を観ても、皆さんすぐに帰られるだろうと思います。
介護の専門家も多数参加しますので、映画でわからなかった点がありましたら、詳しく解説することも可能です。
介護でいろんな問題を抱えておられる方は、介護の専門職にその場でつなげたいと思います。
背負いきれないような苦しみを、一人で背負う必要はありません。
ぜひ、参加して頂き、いろんな人とつながり、荷を下ろして下さい。
皆様の参加をお待ちしております。
  
参加費 1000円
参加希望の方は、住所 氏名 電話番号を明記の上、私にメッセージして下さい。
        映画「まなざし」広島上映実行委員会
                    事務局長 濱部修

 

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る