広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

NPO法人印ができあがりました  広島スポーツスピリット

2019年3月23日 土曜日

NPOの印鑑ができあがりました。
いよいよだなという感じです。
4月上旬にNPO設立が決まり、登記し、銀行口座をつくり、ようやく、広島スポーツスピリット本格始動です。
しかし、そんな形式的なことより、いろんな方から声がかかるようになったことがとても嬉しいです。
一緒にやりたいと言って下さる方
自分の得意分野で何かしたいと言って下さる方
いろんな人に知ってもらいたいと言ってくださるメディアの方
こんなことを言って下さる方がどんどん増えています。
まさに、映画「フィールド オブ ドリームス」 のように、いろんな方が駆けつけて下さっています。
まだ、始まってもないのに、変なことを言うようですが、
NPO法人 広島スポーツスピリットは、とても素晴らしいものになると思います。
私が代表であることとは無関係に、たくさんの方の想いを糧に、素敵な場所に育っていくこと間違いなしだと思います。
最初は、見える方だけが集まり、見える方がどんどん増えていくことでしょう。
2018年 任意団体 広島スポーツスピリットを応援していただいた方に感謝を申し上げます。
NPO法人になっても、引き続き宜しくお願い致します。

広島ブログ

広島eマガジンに掲載して頂きました

2019年3月22日 金曜日

不登校をみんなで話し合う24日広島スポーツスピリット
3月24日「広島スポーツスピリット」講演会
「回り道は人生を豊かにする」
~不登校をみんなで話し合う~
昨日、広島スポーツスピリット代表の濱部修さんを取材
させていただきました。
以下、濱部修Facebookより引用
「濱部さんの夢はなんですか?」
「夢はないです。未来に関心がないです。過去も関心がない
です。今のことにしか関心がない。2019年だけにしか関心が
ないです。2019年、いろんな方にどう貢献するかだけにしか
関心がない。だから夢はないんです」
1年後の2020年の3月には、広島スポーツスピリットをもっと
もっとたくさんの方に知っていただき、もっともっとたくさ
んの人に参加して頂けるよう、1日1日生きたいと思います。
ご支援宜しくお願い致します。
————————–
昨日、いただいた濱部修さんの名刺には、下記肩書がありま
した。
有限会社 楽園 取締役社長
デイサービスセンター楽園 管理者
介護支援専門員(介護福祉士)
中小企業経営コンサルタント(行政書士)
ひきこもり相談支援
災害支援ライフプロデュース
取材後、「子供の相談があるから・・・」と相談の現場に足
早に向かっていきました。
子供の相談という、わかりやすい書き方をしましたが、今回
24日に話し合いたいテーマは「不登校」ですが、でも、現実
のひきこもりの現状は、子供だけの問題ではなく、20~50代
にもある問題のようです。
全く、実態のわからないところで、人づてにいろいろな相談
が、濱部さんのところには来るそうです。
そして、過去、ひきこもっていた時間を今にして、埋めるよ
うに、与えられた案件、相談される案件に真摯に一生懸命取
り組んでいる毎日。
回り道は人生を豊かにする・・・これまでの回り道があった
からこそ、自分自身の道を見つかれた、濱部さんの今がある
こと、そして、濱部さんを必要としている、多くの方々がい
るのだろうなあと思います。
24日、関心ある方がいらっしゃったら、是非、会場でお会い
できたらと思っております。
—————————–
第3回 広島スポーツスピリット
3月24日(日)13時30分~15時30分
吉島公民館 大集会室
広島市中区吉島西三丁目2番10号
<参加費無料>
駐車場有
(満車の場合は近隣のコインパーキングにお停めください)
「回り道は人生を豊かにする」
~不登校をみんなで話し合う~
当日に質問がある方は、事前にメール頂けると幸いです。
kakuen2772@vega.ocn.ne.jp  濱部宛
講師 三井浩二氏(元西武ライオンズ)
27歳でプロに!
北海道出身。高校3年時にプロ野球ドラフト会議で2球団から
指名を受けるも、社会人野球の新日本製鐵室蘭に加入。1994
年には新日本製鐵広畑に転籍し、2000年にドラフト2位で西武
ライオンズに加入しました。
投手として1年目から3勝を挙げたほか、二軍でも活躍し、イ
ースタン・リーグ優勝、ファーム日本選手権優勝に貢献。MVP
にも選出されました。翌2002年には10勝を挙げ、チームのリ
ーグ優勝に貢献。2003年は2年連続二桁勝利となる11勝を記録。
2004年、2008年には日本シリーズ制覇を経験しました。
2009年に現役を引退し、現在はメジャーリーグ解説者として
活動する傍ら、各地で野球教室や講演を行っています。
濱部修  広島スポーツスピリット代表
     デイサービス楽園責任者
     中小企業コンサルタント
     ひきこもり支援に10数年取り組む
高畑好秀  広島スポーツスピリット副代表
      メンタルトレーナー
      元カープのメンタルトレーナー
      オリンピック選手を多数指導
==================================
購読者の質・価値とも広島ナンバー1、
1日10円の日刊メルマガ『広島eマガジン』
   ☆      ★      ☆
10日程度の無料サンプルを配信中です
http://www.hiro-emaga.net/
   ☆      ★      ☆
広島発日刊有料メールマガジン・広島eマガジン編集長
長谷川 嘉秀 YOSHIHIDE HASEGAWA
   ☆      ★      ☆
携帯 090-2290-2345
yoshihide@hiro-emaga.net
http://www.hiro-emaga.net/
携帯メルアド:yoshihide.emaga@i.softbank.jp
☆facebook
http://www.facebook.com/yoshihide.hasegawa


広島ブログ

長谷川嘉秀さんに取材して頂きました

2019年3月21日 木曜日

最近、いろんな取材を受けることが多くなり、とても面白いです。
取材する方によって、取材方法は違いますし、質問内容も違いますし、切り口もまったく違います。
しかし、私にとって共通するのは、質問により、自分の考え方を再確認できたり、思いもかけない発見をしたりすることです。
自分が50年、どんな風に生きてきたか、今をどう生きているかが丸裸になっていきます。
完全に忘れていた出来事が、今につながっていたことに気付いて驚愕したりもしました
長谷川さんは、取材とは「inter」「view」なのだとおっしゃいました。
まさに、長谷川さんが私の中を覗き、私も自分の中を覗く素晴らしい機会になりました。
ありがとうございました。
ここに、昨日の「inter」「view」のほんの一部を掲載します。
長谷川「濱部さんの夢はなんですか?」
私「夢はないです。未来に関心がないです。過去も関心がないです。今のことにしか関心がない。2019年だけにしか関心がないです。
2019年、いろんな方にどう貢献するかだけにしか関心がない。だから夢はないんです」
1年後の2020年の3月には、広島スポーツスピリットをもっともっとたくさんの方に知っていただき、もっともっとたくさんの人に参加して頂けるよう生きたいと思います。
それだけを考えて進みます。

http://www.hiro-emaga.net/
==================================
購読者の質・価値とも広島ナンバー1、
1日10円の日刊メルマガ『広島eマガジン』
   ☆      ★      ☆
10日程度の無料サンプルを配信中です
http://www.hiro-emaga.net/
   ☆      ★      ☆
広島発日刊有料メールマガジン・広島eマガジン編集長
長谷川 嘉秀 YOSHIHIDE HASEGAWA
   ☆      ★      ☆
携帯 090-2290-2345
yoshihide@hiro-emaga.net
http://www.hiro-emaga.net/
携帯メルアド:yoshihide.emaga@i.softbank.jp
☆facebook
http://www.facebook.com/yoshihide.hasegawa

広島ブログ

心と身体で考える      広島スポーツスピリット

2019年3月20日 水曜日

現代は、頭で考えすぎている気がします。
頭だけで考えすぎている気がします。
しかし、頭で理解できても、心と体が動かないことも多いです。
頭で理解できても、心と体がブレーキをかけている場合、そのまま突き進むと、どこかで破綻が起きたりします。
一例を出せば、不登校やひきこもりがそうです。
頭では、学校や仕事に行く必要性を理解している。
しかし、心と身体が、そうではない。
無理して、学校や仕事を継続すると、どこかで壊れてしまいます。
無理すればするほど、大きく壊れ、リカバーに多大な時間がかかりますし、もしかすると、再起不能になります。
大事なのは、心と身体に変調をきたした時には、休むこと。
ゆっくり休み、頭、心、身体の調和が戻るのを待つことです。
しかし、今の日本ではこれが難しい。
これをすると、怠けていると言われたります。
広島スポーツスピリットが、「スポーツ」を掲げているのは、まずは身体を動かし、「スピリット」(精神)を整えていくという意味も込めています。
頭だけではなく、「心と身体」をしっかり見つめて、広島スポーツスピリットは歩んでいきます。
私自身、頭と心と身体がバラバラになった経験がありますので、この点をとても大事に考えています。

広島ブログ

中国新聞に取材して頂きました

2019年3月19日 火曜日

とても有難いです。
いろんな意味でとても有難いです。
一つ目は、広島スポーツスピリットを多くの方に知って頂く機会になります。
二つ目は、私自身が、広島スポーツスピリットのことをさらに深く考える機会になります。
三っ目は、自分自身と向き合う機会になります。
記者の方の質問に答えながら、自分の考えがまとまり、今まで気づかなかったことに気づくこともあります。
無意識だったことが、意識化され、すべてがつながり、まとまってくることもあります。
記者の方の質問を真摯に考え、自分の人生を振り返るうちに、いろんな経験や出来事が、すべて、広島スポーツスピリットに繋がっているのがよくわかります。
小学校時代がなければ、広島スポーツスピリットはない。
ひきこもり時代がなければ、広島スポーツスピリットはない。
デイサービスをやってなければ、広島スポーツスピリットはない。
ひきこもり支援をやっていなければ、広島スポーツスピリットはない。
震災支援活動をしていなければ、広島スポーツスピリットはない。
「回り道」がすべて、広島スポーツスピリットへの「道」だったのだ、そんなことがよくわかりました。
中国新聞の石井記者様、本当にありがとうございました。
急ぎませんので、ご自身が納得する記事をゆっくり書いて下さい。宜しくお願いします。
読んで下さる方が、少しでも元気になればいいなーと思います。
それが、広島スポーツスピリットなのですから

広島ブログ

26歳で脳梗塞  

2019年3月18日 月曜日

携帯電話大手の代理店業務などを担う沖縄県内企業の元社員の女性(31)が、携帯ショップ店長を務めていた26歳の時に脳梗塞を発症したのは過重労働が関連したとして、沖縄労働局那覇労働基準監督署が昨年11月に労災を認定したことが9日までに分かった(3月16日 沖縄タイムス)
これは、特異な出来事でしょうか?
いや、私のまわりではそうでもないです。
ここ数年、20代半ばの若者が心筋梗塞で亡くなったり、脳梗塞で倒れたりしてます。
20代半ばで。
大学を卒業し、仕事を始め、みんな数年で倒れています。
もちろん、これが、すべて「過重労働」と因果関係があるとは言えないだろう。もちろん、企業側は否定する。
しかし、めちゃくちゃ働いていたのは事実です。
就活は売り手市場で簡単に決まります。
しかも、いい企業に決まるので、本人も両親もとても喜ぶ。
もう、人生大丈夫だという感じになります。
そうなると、疲れきっても、なかなか辞めるとは言い出しにくい。
こんな中で、どんどん疲弊し、健康を害していくのでしょう。
子供さんがいる方は気をつけて下さい。
特に、離れて住んでいる子供が「大丈夫大丈夫」と言いながら、心配をかけないようにしている場合には。
親思いの、優しい子供さんほど、苦しいとか、辞めたいなんて言い出せないですから。
広島ブログ

講演会「百まで生きる覚悟」 4月23日(火)13時30分~ 講師 春日キスヨさん(高齢社会をよくする女性の会・広島代表・臨床社会学者)

2019年3月17日 日曜日

私がお世話になっている春日キスヨ先生の講演会です。ぜひご参加下さい。
講師略歴
京都精華大学教授、安田女子大学教授などを経て、2012年まで松山大学人文学部社会学科教授。専攻は社会学(家族社会学、福祉社会学)。支援現場に出向き聞き取り調査を重ね、家族の変容を追う。著書多数
内容
多くの高齢者が、「終活はバッチリ」「子どもの世話にはならない」と言いながら、結局は「成りゆき任せ」のまま、「子どもの世話」になる形で生涯を終えるしかない。「将来への不安」を持ちながら、その不安を具体的に解決していく手立てや知識がなかなか見つからない。そこには現代日本の高齢者が前人未踏の超長寿社会に生きていることが関わっていると考えます。
では、新たな時代変化に応じて求められる生活知や情報、そして備えとして求められる老い支度とはどんなことでしょうか。そんなことを一緒に考えていきましょう。
期日
2019年4月23日(火) 13:30~
場所
広島県民文化センター
料金
999円
チケット販売
広島県民文化センター1Fフロント
エディオン広島本店プレイガイド(サンモール1F)
アルパーク天満屋3F プレイガイド
後援
広島県・広島市
主催
高齢社会をよくする女性の会・広島

広島ブログ

父の涙     あなたに褒められたくて

2019年3月16日 土曜日

一昨日、父の墓参りをしました。
そうすると、今朝、父の夢を見ました。
それも、父が泣いている夢。父が号泣している夢です。
いや、これは夢ではない。
20数年前の本当の出来事だ。
父は夢で、「修、一緒に死のう」と言った。
これも、本当の出来事。
当時、父は、私のせいでそれくらい追い詰められていたのだ。
ひきこもっていた私。
それを思い悩んでいた父、そして母。
24日の不登校を考えるイベントについていろいろ考え、一昨日、墓参りしたことにより、私の中に眠っていた記憶が顕在化し、夢を見たのだろう。
24日のイベントには、ぜひ、いろんな方に参加してほしいです。
1人だけで、家族だけで悩まず、いろんな方の意見を聴けば、解決への道も見えてくると思います。
当日は、不登校から短期間に立ち直ったお母様の話も聴けます。
ぜひ、ご参加下さい。
私も、あの世の父に、少しは褒めてもらえるように頑張ります。
「修、お前もすこしはマシになったな」と言わせたいものです。

広島ブログ

平成30年度  広島市介護サービス事業者集団指導研修

2019年3月16日 土曜日

平成30年度広島市介護サービス事業者集団指導研修が、広島市西区民文化センターでありました。
内 容は
 ⑴ 平成30年度の実地指導における指摘事項等について
 ⑵ 介護報酬の算定等に係るQ&A(広島市版)について
 ⑶ 高齢者虐待の防止について
 ⑷ 労働災害の防止について
 ⑸ 災害予防対策について     です。
特に大事なのは、介護保険法に基づいて適正に運営できているかということです。
毎年、この研修に出ると、身が引き締まります。
平成31年度も、法律に基づいてきっちり運営していきたいと思います。
しかし、「集団指導」という言葉だけは、何か「前時代的」というか「共産主義国的」な気がします(笑)
たんに「事業者研修」にすればいいのに・・・・。
広島ブログ

とてもとても大きな失敗をしてしまいました  2

2019年3月15日 金曜日

何名かの方から、励ましのメッセージ頂きました。
もうリカバリーしましたので大丈夫です。
ありがとうございました。
あまりにも、自分のことをしてなかったので(だから、大失敗が発生した)、三滝にある父の墓に参り、花をゆっくり見て、お好み焼を食べました。

いやー、自分のことをしようと考えても、これくらいしか思いつかないです。情けないー。
二度と大失敗をしないように、ゆっくり着実にやりたいと思います。
来週は、中国新聞と朝日新聞の取材も入ってます。
余計なことを言わないように、大失言しないように頑張ります
後日アップしますので、ぜひお読み下さい。

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る