広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

やっぱ志ん生だな   幼稚園から落語を聴き続けて

2018年7月21日 土曜日

私も、やっぱ志ん生なんだよなと思う(笑)
もちろん、文楽は上手い。技術は素晴らしい。
しかし、あまり楽しくない。
やはり、楽しいのは志ん生だ。
志ん生は、落語を語らなくてもいい。存在そのものが落語なのだ。
談志も大好きだが、かなり無理している感じがする。
頭で考え抜いている感じがする。
しかし、志ん生はそのままの感じなのだ。
野球で言えば、長嶋茂雄(笑)
技術ではなく、記録でもない。
スターであり、存在自体が落語なのだ。
高座で寝てても志ん生、それが落語。
うーあーと言っていても、それが落語。
こんな人はいない。息子の志ん朝はめちゃくちゃ上手かったけど、違うんですよねー。
やっぱ志ん生だな(笑)

無題広島ブログ

間違う力     間違い最高!

2018年7月20日 金曜日

素晴らしい本だ。
私は、20代に間違ってばかりいた(笑)
ほとんどすべてにおいて間違った(笑)
3年間引きこもり、3年間アジアをバックパッカーし、3年間司法試験を受験した。なかなか、むちゃくちゃだ。
間違いだらけの人生だ。しかし、その間違いが今の私の人生を豊かで柔軟で多様性あるものにしている。
間違いのおかげでいろんなものが見えるし、感じることができる。
人は間違いたくないものだ。
しかし、間違いからしか学べないことは多いです。
間違い最高!って言いながら、大きな間違いすると、心身がバラバラになるくらいしんどいんですよねー。お気をつけ下さいませ

無題
広島ブログ

多数決で決め、少数者を大事にする

2018年7月19日 木曜日

これが、私が望ましいと思う総理大臣像だ。
まず、多数決で決めるのは当たり前。
こうしなければ、いつまでたっても、方向性が決まらない。
その上で、多数=正しい ではないという深い理解が大事だ。
ただ、とりあえず、多数に決めて動くだけの話。
間違っていれば、それを認めて修正すればいい。
そのためには、少数者を大事にしなければならない。
少数者の意見をきちんと受け止め、参考にしなければいけない。
「いろんな道がある」ということを前提に、とりあえず道を決めるということに自覚的でなければならないと思います。

無題

広島ブログ

準備準備準備そして準備、さらに準備

2018年7月18日 水曜日

20代の私は、準備が大嫌いだった(笑)
無駄なもの、無駄な時間と考えていた。
いつも、やっつけ仕事で、その場で考えてやっていた。
今考えると、そんなことで、何かが上手くいくことはない(笑)
愚かなことこの上ない。
今は、準備することが大好き。
楽しくて仕方ない。
準備が、物事の99%くらいに考えている。
そこをどれだけ充実させるかで、パフォーマンスが決定される。
パフォーマンスは1%に過ぎない。
準備の段階ですべて決まっているのだ。
これがわかってから、私はいつも準備するようになった。
24時間準備するようになった。
睡眠も準備なので、クオリティをめちゃめちゃ考えるようになりました。

無題

広島ブログ

「それをつくれば、彼はやってくる」    フィールド オブ ドリームス

2018年7月17日 火曜日
私は、この言葉で動いていると言っても過言ではない。
実に単純な人間だ。
映画の中の言葉で人生を送っている。
「同窓会」を開けば、恩師や旧友に逢いたい人がやってくる。
「楽園」をつくれば、傷ついた人が心を癒しにやっていくる。
「デイサービス楽園」をつくれば、孤独を抱えた高齢者がやってくる。人間関係に悩んだ高齢者がやってくる。
「ひきこもり支援」をやれば、苦難を背負った引きこもり本人やそのご両親がやってくる。
「コンサル」をすれば、相談相手の不在で苦悩している経営者がやってくる。
そんな気持ちで、いろんな事業を始めた。
「フィールド オブ ドリームス」で、主人公がトウモロコシ畑で聴いた言葉通りに生きている。
別に、自分でやりたいことをやっているわけではない。そんなものもない。
どこからか聴こえてきた声に従って生きているだけだ。
これからも、いろんな声が聴こえることだろう。
そして、その声の方向に歩いてみようと思います。
誰かが幸せになる方向へ。
すでに、いろんな声が聴こえてます.。え?幻聴?それでもいいんですよ。楽しいんですから。あはは

320

広島ブログ

赤ちゃんと猫を目指す

2018年7月15日 日曜日

私の目標は、赤ちゃんと猫です(笑)
といってみたものの、無理です。
かなうわけはありません。
どちらも、しゃべらないで、泣くだけで、自分の思いを遂げることが出来る。
みんなに可愛がられ、大事にされ、何もしなくても、ご飯が出てくる。
もう、最初から勝負にならない。
それに、向こうは勝負する気もない。
勝ち負け以前に勝負にすらならないのだ。
完敗です。
2014112214210000

広島ブログ

成功ではなく、幸福について語ろう

2018年7月14日 土曜日

まったく同感だ。
私も成功ではなく、幸福にとても関心がある。
岸見氏は言う、「成功は量であり、幸福は質」だと。
確かに、成功は数量化できる。
お金が多い方が成功だろう。
地位が髙い方が成功だろう。
成功は、数や量ではかることができる。
しかし、成功したからといって幸福とは限らない。
もちろん不幸ではないだろう。
しかし、幸福なのかはわからない。
私は、そんな人をたくさん知っている。
成功したのに、やることがない。気持ちが満たされていない人をたくさん知っている。
幸福とは、その人にしかわからない。
自分にしかわからない。
他人に見せるために幸福を演じているうちに不幸になる人もいる。
まさに、幸福とは、自分にとってだけの「質的」なものなのです。

無題広島ブログ

人相

2018年7月13日 金曜日

私は、人相学などまったくわからない(笑)
しかし、人相で人間性がかなりわかるなと実感している。
いい人は、やっぱりいい人相をしている。
これは、いい男とかいい女という意味ではない。
いい顔をしているということだ。
明るく、さわやかで、影のない感じと言ったらいいだろうか?
顔が歪んでいない。きれいな顔をしている。
反対に、わるい人は、陰気で、影があり、歪んでいる。
顔に大きなゆがみが出てくる。
おそらく、そんな方は、いつも愚痴をいい、嫉妬し、いろんな人を引きずり降ろそうとしているので、顔が歪んでくる。
デイサービスでも、引きこもり相談でも、コンサルでも、いろんな人に会うので、そう実感します。

51lZxuuICZL._AC_UL320_SR220,320_

広島ブログ

人生は9回裏から

2018年7月12日 木曜日

私は、大学卒業や就職は、野球で言えば、3回くらいの話だと思っています。
そして、9回が終わるのは、定年ではない。
9回とは、定年ではなく、死が迫ってきたとき、9回裏は、本当に死期が迫った時のことだと考えている。
定年は、実は6回くらい。
人生は、まだ、3回くらいのこされている。
3回で、人生が決まると考えるのも安易だし、6回で終わったと考えるのも早すぎる。
実は、まだまだ、6回からが長い。
ここから、中継ぎ抑えが撃ち込まれ、大逆転負けもある(笑)
私は、そんな人をたくさん見てます。
逆に、そこから大逆転をして、最高の70代をおくっている人も知っています。
そして、9回裏から、いろんなことをしている方もいる。
私の知人で、余命宣告されてから、はじめて、自分という人間がわかった、自分は本当に何がしたいか分かったというかたもおられます。
人生は、9回裏からです。

無題

広島ブログ

復元力 継続力  才能なき私の自信の根源

2018年7月11日 水曜日

私には学歴がない(笑)
私には才能がない(笑)
私には美貌がない(笑)
しかし、復元力には自信がある。
どんな状況でも諦めない、起ちあがる力には自信がある。
そして、決めたことを継続する力がある。
いつまでも飽きないで、続けることができる。
才能もなく、何もない私にはそんなことしかできない。
このブログも、3年半前に始めて、もうすぐ5000更新になる。
まったく金にならないし、精神的にどんなにきつい時も書き続けた。
これが、ないもない私の生き方です。
といいながら、復元力と継続力が一番大事だとは思います。
どんなに才能があっても、折れたり、続かなければ、どうしようもないですから。

無題広島ブログ

向かないことをやる悲劇   やらせる悲劇

2018年7月10日 火曜日

人間には、向き不向きがある。
これは、いいわるいではなく、そういうものだ。
生まれながらの気質や性格、いろいろある。
自分のことをよくわかっている人は、自分に合うこと、自分の気質が発揮できる仕事や場所を選ぶ。
しかし、自分がよくわかってない人は、それができない。
まあ、自分で選んでいるのなら、それはそれで自由だ。
しかし、親が子供に向かないことを求めると悲劇だ。
親が、自分の夢を子供の押し付けたり、自分の不全感を子供で解消しようとすると悲劇だ。
まったく向かないことをやらせると、子供が壊れてしまう。
いやだと言えない優しい親思いの子供ほど、自分を壊してしまう。
私は、こんなケースをたくさん見てきました。

無題

広島ブログ

奥行き 幅

2018年7月9日 月曜日

私は、人間にはこんなものが大事だと思っている。
奥行きとは、表面だけ見てもわからない深いものがあるかどうか?
幅とは、いろんな人、自分とまったく違う意見の人と付き合えるかどうかだ?
日本では、同じ意見ばかりの人が固まってしまう。
同じ意見の人が集まり、違う意見をこき下ろす。
こんなことをしても不毛だ。
意見が違うからこそ、会う価値があるし、話をする価値がある。
同じ意見の人が集まっても、「内輪ノリ」になってどうしようもない。
80歳を超えた田原総一朗氏が今でも活躍できる理由の一つは、自分とまったく違う意見の人ともどんどん会うからだ。
意見が違う方が、面白いと80歳を過ぎても言っている。実にすごい。
まさに、彼は、奥行きが深く、幅の広い人間です。
無題

広島ブログ

断罪

2018年7月8日 日曜日

自民党の村上誠一郎さんは凄い。
自民党の中で、石破氏と二人で安倍総理体制と闘っている。
実に凄い。
みんなが安倍総理の顔色を窺い(逆らうと、小選挙区で公認されなくなる)、忖度する中、筋の通った批判を展開している。
しかしだ・・・・しかし・・・・村上氏と石破氏がいなくなったら、どうなるだろう?
誰も批判する人がいなくなる。
これでは、自民党がやせ細っていくばかりだ。
同じ意見で固まり、多様性がなくなれば、組織は駄目になる。
どんどん、弱くなり、ダメになっていく。

自民党は今、強く見える。
しかし、その強く見える理由こそ、堕ちていく理由になるだろう。

無題広島ブログ

空白だらけの履歴書

2018年7月7日 土曜日

私は履歴書をほとんど書いたことがない。
もし書くとしたら、空白だらけだ(笑)
特に、20代は、ほとんど空白。
社会的には生きてなかったということ。
しかし、今は、その空白が自信の根拠だ。
その空白の時間に、無数の本を読み、無数の人に会い、無数の場所を旅した。
孤独の中で、無限のことを考え、悩んだ。
空白の時間こそが宝だ。
今、いろんな空白に悩んでいる人は、その時間を大事にしてほしい。
何にも属さない時間は貴重だ。
たくさん、いろんな勉強をしてほしい。
そんな時間にボーとしていてはいけない。
その時間が、30代40代・・・・それ以降の人生の礎になります。

無題

広島ブログ

今の大学生は苦しくないのだろか?

2018年7月6日 金曜日

ものすごく管理されている。
学生の数もどんどん減っており、学校も生き残りをかけているので、学生を大事に管理している(笑)
きちんと卒業できるように、出欠を厳重にチェックしている。
きちんと授業に出てないと、いくらテストが良くてもダメだ。
まるで、高校までと同じだ。
いろんな学生さんと話す機会があるが、かなり多くの人は、大学に目的を持って入学していない。
成績優秀だから、大学へ。
親が言うから先生が言うから大学へ。
就職ために大学へ。
こんな人がほとんどだ。
このようは動機だから、ダメだというわけではないが、この動機ではかなり苦しいはずだ。
明確なものが何もないのに、自分で講義を選び、休むこともできず、4年間管理される。
そして、22歳で就職する。
これで、苦しくないのだろうか?
いや、苦しい人もかなり存在する。
それで、私のところへ相談がきたりして、みんなが言う言葉は「自分が選んだ人生ではなかった」だ。
もちろん、勉強したい人は大学に行くべきだ。
これは、世界中のどこでも同じだ。
しかし、就職のため、親が言うからだけでいくのは、とても苦しい。
そして、その苦しみは、大学卒業後や30くらいになって爆発するケースがかなり見受けられます。

管理され、我慢に我慢を重ねると、その矛盾が後にでてくることがありますので、お気をつけ下さい。

無題

広島ブログ

ニュース 情報番組はまったく観ない

2018年7月5日 木曜日

観ないです(笑)
なぜかって?
必要ないから。
どうせ、一日中、同じことを反復してやっている(笑)人に聞くと、そうらしい。
そんなことに時間を使うのなら、いろんな人と話がしたい、いろんな本が読みたい、いろんな場所に行ってみたい。
24時間ニュース、24時間情報情報情報だが、そんなに大事なことはない。
24時間追いかけるほどのものはない。
そんなことで時間を消費するくらいなら、「沈思黙考」した方がいい。
自分の一番大事なこと
自分が今向き合うべき切実なことを考えた方がいいと思います。

無題

広島ブログ

やっと猫の写真が撮れるようになりました

2018年7月4日 水曜日

すこしずつ、すこしずつ、落ち着いていっています。
しかし、太郎会長の写真はまだ見ることができません。

見てしまうと、仕事ができなくなってしまいます。

KIMG1020

広島ブログ

フェリー最高

2018年7月4日 水曜日

私が一番好きな乗り物 移動手段。
運転しなくていいので、いろんなことを考えることができる。
景色を堪能できる。
他の乗り物と違い、開放的で、素晴らしい。
私は、いろんなところにフェリーで行った。
小樽、沖縄、中国、台湾・・・・。
フェリーではないが、いろんな船にも乗っている。
実に楽しい。
しかし、フェリーで一番思い出すのは、深夜の漆黒の海。
何度も飛びこもうと思い、逡巡した。
今は、あー飛び込まなくてよかったと心から思います。
感謝。

KIMG0960広島ブログone size-medium wp-image-85258″ />

辛い辛い経験をしたら

2018年7月3日 火曜日

酒に溺れてもいい
泣いてもいい
愚痴ってもいい
逃げてもいい
犯罪以外なら何をしてもいい
その経験を忘れようとしなくていい
真正面から受け止めなくてもいい
どうせ、忘れられない
真正面から受け止めると、壊れてしまう
何となく受け止めて、何となく受け流す
眠れない時は、寝ないでいい
涙が流れる時は、流せばいい
時間が解決する?
いや、しないかもしれない
しかし、徐々に、生きることができるようになる
向き合うわけでもなく、忘れるわけでもなく
抱えて生きれるようになる
折り合いがつけれるようになる
私は、生きるとは、自分の中で折り合いをつけることだと思います

無題

広島ブログ

言葉と沈黙

2018年7月2日 月曜日

私はよくしゃべる(笑)
20代に一度声を失ってから、もっとしゃべるようになった。
しかし、私が一番大事にしているのは、沈黙。
沈黙して、いろんなことを考えることが好きだ。
沈黙して、本をよむことが好きだ。
沈黙して、人の話を聴くことが好きだ。
沈黙して、いろんな風景を見るのが好きだ。
もちろん、しゃべることも大好きだが、本当は、沈黙が大好き。
沈黙は実に素晴らしい、実に豊かだ。
現代はそんな豊かさが失われている時代のように思います。
無題

広島ブログ

私塾

2018年7月1日 日曜日

私は、中学時代、小さな小さな私塾に通っていた。
生徒数は、3名(他にもクラスがあったが)
内容は、高校受験を目指すものではなく、いろんな話をする塾だ。
先生は80代。広島大学教育学部卒。
ただただ、いろんな話をする。
この塾は、実に面白かった。
先生が読んだ本に関して、2時間語ったり
社会のことを2時間語ったりした。
受験に向けては、まったく生産性がない授業(笑)
しかし、そんな授業が大好きだった。
おじいちゃんと孫の対話のようだった。
私は思う。もしかすると、人間はこんな場所で育つのではないかと。
こんな関係こそが教育なのではないかと思います。

学校の授業はまったく記憶にないが、この塾での話の記憶は鮮明です。

無題

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る