広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

大学は基礎の基礎を学ぶ場所

2018年4月30日 月曜日

私は、死ぬまで学び続けようと思っている。
無限に学ぼうと思っている。
大学を中退したがゆえに、私はこう考えるようになった。
おそらく、大学を卒業し、どこかの名の知られた企業に入っていたら、こうは考えていなかっただろう。
そこをある種の「ゴール」のように捉えてしまったと思う。
そこの内部で生き残こる「作法」を学び、「内部言語」の習得に力を注いだことだろう。
しかし、幸か不幸か(20代は不幸と考え、今は幸と考えている)、中退し、自分で生きていくしかなくなった。
内部の「作法」や「内部言語」ではなく、誰とでも話せる力をつけるしかなかった。
ラジオのチューニングのように、いろんな人の波長に合わせる力を身に着けるしかなかった。
これは、現時点から考えると幸運なことだ。
これからも、もっともっと学びたいと思う。
私は、大学を卒業していない。
ということは、今も在学中とも考えることができる(笑)
そうなのだ、今の私は、まだ「学生」  学ぶために生きている一人の人間なのだ。
大学で習うことは、まさに基礎の基礎。
その後の人生とは、その基礎を徹底しながら、応用のようなものだ。
私は、まだまだ学生。
死ぬまで学び続けようと思います。
大学という狭い場所ではなく、世界を相手に。
無題

広島ブログ

とても優秀だがヤバい人

2018年4月30日 月曜日

これは、私の知人にもいる(笑)
学業は、どう考えても優秀だ。
誰が聞いても知っているような大学院を出ていたりする。
資格がすごい人もいる。
しかし、しかしだ。
これが、とてつもない馬鹿なのだ、ヤバい人物なのだ。
ある状況で、絶対してはいけない振舞いをしたり
感情が抑えられなかったり
行動が制御できなかったり
人間関係を破壊したり
本当にヤバい。

皆様のまわりにもこんな人物いませんか?

できるだけ、離れていた方が賢明だと思います。

無題無題

広島ブログ

バックパッカー ヒッチハイク  野宿  ゲストハウス   居候   いつも鬱

2018年4月29日 日曜日

これが私の20代(笑)
え?面白そう?
いやいや、なかなか大変でした。
樹海のようなところから出られなくなったり・・・・・本当は死のうとしてわざと迷い込んだ。
フェリーから漆黒の海に飛び込もうとしたり
なかなか大変な20代。
無目的でいろんな場所を彷徨った。
その中で出会った人が私を支えてくれた。
何者でもない、何ももっていない私に、いろんな人が声をかけてくれた。
本当の家族のように扱って、怒ってくれた方もいた。
何も聞かないで、一緒に野菜の収穫をした方もいる。
いろんな方のおかげで今がある。
本当に感謝しかない。
そんな方がいなければ、今の私はない。
こんな話をブログで繰り返し書いているが、それは、この文章を読んで、一人でもいいから、生き直してほしいからだ。再生してほしいからだ。
世界にはいろんな人がいる。
たくさんの助けてくれる人がいるのです。

え?自分のまわりにそんな人はいない?
それは、あなたが節穴で、きちんと相手を見ていないか、人に会っていないだけです。

無題

広島ブログ

成田屋のおくりもの

2018年4月28日 土曜日

いやー、実にスゴイ。
私のようなものは、見たことも食べたこともないものばかりだ(笑)
成田屋と私のような馬の骨とは住む世界が違う。
私はと言うと、安くていいものを探すのが好きだ。
誰かの評価などは無関係に、自分の五感でいろんなものを見つける。
値段が安いもの、ブランドではないものの中から、素敵なもの、美味しいものを見つけたい。
え?金がないだけだろって?
正解!(笑)
でも、誰かがいいと言ったものをいいというのはつまらなくないですか?
私は、誰もいいと言わなくても、自分がいいというものの方が好きです。

無題広島ブログ

依存症は何であっても大変なこと

2018年4月28日 土曜日

依存症は治らない。
これは、冷たい言い方に聞こえるかもしれないが、事実だ。
じゃあ、絶望かと言えば、そうではない。
一日一日、依存症の対象から離れて生きることは可能だ。
私の知人の、薬物依存の方、アルコール依存の方、ギャンブル依存の方は、みんなそうやって毎日を生きている。
皆さん、治ったとか、もう大丈夫なんてことは言わない。
口を揃えて、「一日一日」とか「今日一日」とおっしゃる。

誰でも、依存症になってしまう可能性がある。
え?依存症は弱いダメな人がなってしまうものじゃないの?
いえいえ、そうではありません。
私の知人では、仕事をしている時は「最強」と呼ばれていた人が、定年後すぐに依存症になってしまいました。
強いと思われていた人が、離婚のゴタゴタの中で依存症になってしまいました。
依存症とは、みなさんのすぐ隣にあるものです。
強そうに見えても、少しのことで壊れてしまうものなんです、人間って。

無題

広島ブログ

コンサル日和  2018

2018年4月27日 金曜日

私は、細々とコンサルをしている。
どんな会社が対象かと言えば、零細企業と自営業だ。
そんな方々と顧問契約を結んで、ずっとお付き合いしている。
一番長い付き合いだと、もう十年を超える。
どうして、それらの方を対象にしているかと言えば、相談する人がいないだろうと想像するからだ。
自営業だと相談する人はなかなかいない。
零細企業の社長の場合、社員はいるが、相談できる相手はいない。
そんな方々を相手に、様々な相談に応じる。
行政書士資格をもち、自分で13年会社をやっているからこそ、わかることも多い。

応じる内容は、事業の一部のことではない。
事業のすべてに応じている。
しかも、自分の事業のように関わる。
これが、私のコンサルの流儀です。
なかには、子供さんのひきこもり問題、親御さんの介護問題、遺言に関してご相談に応じているケースもあります(笑)

2017080308490000

広島ブログ

総括原価方式がすべての根源    「電力と政治」  上川龍之進著

2018年4月27日 金曜日

総括原価方式とは、簡単に言うと、発電・送電・電力販売費、人件費等、すべての費用を「総括原価」としてコストに反映させ、さらにその上に一定の報酬を上乗せした金額が、電気の販売収入に等しくなるように電気料金を決める、というやりかたです。
これは、もともと、電気を安定供給するために、電力会社を保護した仕組みだ。
出発点では、とても正しい政策。
しかし、今はそんな時代ではない。
今は、自由化をして、その中で、競争していく時代だ。
それが、「電力自由化」だ。
もともと、必要だった「総括原価方式」がすべての問題を引き起こしてきた。
これがあれば、どんなむちゃな経営をしても、赤字になることはない。
金がいくらでも生み出せるので、学会もメディアも牛耳ることができる。研究費や広告費をばらまける。
原発建設のために、いくらでも地方にばらまくことができる。
「総括原価方式」とはいくらでも金をつくれる打出の小づちなのだ。
これがあれば、政治も経済も労組もメディアも地方も思いのままだ。
そして、ありもしない「安全神話」がつくられた。
電気料金をあげることにより、いくらでも金を生み出せ、あらゆる方面に金をばらまきまくる。
こんな経緯がこの本を読むとよくわかります。
いやー実に素晴らしい本です。
ぜひ、お読み下さい。力作!
無題無題

広島ブログ

弟子入り志願

2018年4月26日 木曜日

最近、弟子入り志願の若い人が来た。
かなり驚いた。
私なんかに弟子入りしてどうするのだろう?我ながら心配する(笑)
だいたい、弟子入りというのは、きちんとした「型」がある場合に有効だ。
歌舞伎もそう、落語もそう、花もそう、茶もそう、職人的なことには弟子入りは有効だ。
型を師匠に叩き込まれ、そして、その型を壊し独立していく。
しかし、私にはそんな「型」がない。
何もない(笑)
まさに、「型」なし。弟子なんか取りようがない。
何を教えていいかわからない。途方に暮れる。
そこで、私は、「フラットな関係ならいいですよ]と言った。
[フラットな関係で、もし盗めるとことがあれば、自由に盗んで下さい]と言った。
私には、師弟は無理だ。
「型」なんかなくてぐちゃぐちゃなんですから(笑)
無題

広島ブログ

衣笠祥雄氏を悪く言う人に会ったことがない

2018年4月25日 水曜日

私は、衣笠氏にお会いしたことはない。
しかし、なんか、会ったことがあるような錯覚を覚える。
それはなぜか?
それは、衣笠氏に会った人が、みんな彼を褒めるからだ。
「優しい」
「明るい」
「気さく」
会った人は、彼を絶賛する。
彼のことを悪く言う人に会ったことがない。
会った人は、みんな彼に魅了され、褒めちぎる。
私は、こんな方を他に知らない。
だから、私はお会いしたこともないのに、とてもいい方だと思っています。

無題

広島ブログ

大規模デイサービスやリハビリ型デイサービスとまったく違う道を歩く

2018年4月25日 水曜日

大規模デイサービスにはいい所がある。
それは、設備がいいことだ。
特殊浴があったりして、どんな人でも入浴ができる。
そして、建物がきれいで、眺めが良かったりする。
デイサービス楽園には、それらはない(笑)
リハビリ型デイサービスのいい所は、まさにリハビリができるところだ。
短時間集中でリハビリをする。これは実にいい。
とてもいいマシンがあり、理学療法士がいる。
デイサービス楽園には、それらはない(笑)
では、何があるのか?
まず、一番目は、大規模や、リハビリ型デイサービスに出てこれない方が参加できるということだ。
大規模というだけで、私はダメという方もかなり多い。
そもそも引きこもっている方も多いし、大人数が嫌いという方も多い。
そして、マシンのリハビリをするのではく、いい仲間をつくりながら、ゆっくり運動したい人も多い。
そして、二番目は、少ない人数の中で、ゆっくり人間関係を深めていくことが必要な人もかなりおられる。
そんな方、1人1人に合ったプログラムをつくり、実施していく。
大規模にはそれは不可能だし、リハビリ型ができるのは、運動面だけだ(短時間だし)
個人個人をどこまでも深く知り、どんどんその方との関係を深めていき、人間関係を形成していく。
引きこもっていた方、孤立していた方を解きほぐし、社会性を取り戻していく。
これが、デイサービス楽園。これが、デイサービス楽園が13年間、ぶれないで目指し続けた道です。
この方向は、介護保険がどんな風に変わろうが関係ない。他のデイサービスもまったく関係ない。
まったく独自に、ある意味、勝手に、この道を進みたいと思います。お客様の方だけを見て(笑)
この方向性は、コンサルでも、ひきこもり支援でも同じです。

ねー、太郎会長(笑)

2015060707040000

広島ブログ

嫉妬はこわい

2018年4月24日 火曜日

もちろん、嫉妬をして、それが自分の向上につながるのならいい。
私は、それを否定するつもりはない。
嫉妬して、もがいて、自分を高めることは悪いことではない。
しかし、嫉妬は、こんな風にプラスに働くことばかりではない。
マイナスに働くことが極めて多い。
人間、嫉妬している間は、自分を高めることに集中するはことはできない。
それは、感情のベクトルが他人に向かっているからだ。
そして、自分のことを疎かにし、他人を引きずり下ろすことばかり考えるようになる。
私自身、20代こんな感じだったので、そんな気持ちがよくわかる。
しかし、これでは、自分がうまくいくことはない。
ネットでいろんな人のことを検索しても、自分の状況が良くなることはない。
どんどん泥沼にはまっていくだけ。

自分の向上、自分の成長だけを考え駆動することが大事。これが、私の20代から得た教訓です。

無題

広島ブログ

最期から一番目の恋

2018年4月23日 月曜日

私の知人が恋をした。
その方の年齢は80代半ばだ。
相手の方も同級生。
小学校の同級生だ。
昨年、70年ぶりに再会した。
お互いに、小学校時代に淡い恋心を抱いていたそうだ(笑)ほんとかよ!
数年前に、両人とも、伴侶を亡くしている。
そして、出会い、最期の時を一緒に生きようと決意した。
実に素晴らしい。
まさに、「最期から一番目の恋」
喧嘩して、「最期から二番目の恋」にならないようにしてくださいと祈る若造でした(笑)
まあ、それもいいのかも。それが生きることですから。
71MdnA3aEJL._SY445_

広島ブログ

私版 働き方改革 まずは書類を廃棄しないことから始めよ

2018年4月23日 月曜日

書類を廃棄しない。
書類がないとすぐに言わないで、しっかり探す。
廃棄したと嘘をつかない。

問題が発生したら、すぐに「なかった」と言わないで、徹底的に調査する。
国民の税金を、自分の金と思って大事に使う。

国民、住民のために生きる気がないのなら、公務員をすぐに辞めて民間に移る。民間で、自分で稼ぎ自由にやればいい。
税金を使うから、政治家も官僚も東電も問題になる。自腹でやるなら、自由だ(笑)
安定しているから公務員になるなんて人は公務員になるべきではない。
国民、住民のために生きたいと思う人が公務員になるべき。
これは、政治家も同じ。
地方の議員は、日当制でいい。高給は必要ないし、だから、世襲が起きる。家業になる。
国民の働き方うんぬんの前に、政治家、官僚、公務員の働き方を考えた方がいい。
そして、自らが模範となって、国民を導いてほしいものです(笑)
無題

広島ブログ

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

2018年4月22日 日曜日

この言葉の意味は、自分の命を犠牲にする覚悟があってこそ、初めて窮地を脱して物事を成就することができるということ。
私は、引きこもりの面談でいつもこの言葉を思う。
特に、父親にこの覚悟があるかを見る。
しかし、この覚悟がある父親は、50人に1人だ。
みんな、子供より、自分が可愛い。
自分が傷つかないで解決したい。
金でなんとかしたい。
そんな風に考えている。
そんな考え方を、子供はすべて見抜いている。
同じ家にいるのだから、そんなものはすべてまるっとお見通しだ(笑)
10年20年の引きこもりは、たやすいことでは何とかなることはない。
本当に、「身を捨ててこそ」不可能に可能性が見えてくるのです。
身を捨てなければ、確実に「底に沈みます」

51jZIQKAG0L._SX190_
広島ブログ

心因性発声障害

2018年4月21日 土曜日

T-BOLANの森友嵐士は原因不明の心因性発声障害により、歌が歌えなくなっていたそうだ。
私も、20代に、声が出なくなったことがあるので、この苦しさは骨身に染みるほどよくわかる。
悪い面で言えば、私の場合、普通の会話もできなかった。
良い面で言えば、半年くらいで以前の状態に戻った。
森友氏は、歌手であり、歌えなかったことは、とても苦しいことだっただろう。
私も、声がでなくて、もがき苦しんだ。
どんどん人に会えなくなるし、何もできなくなった。
孤立し、死ぬことばかり考えた。
しかし、今は、普通に(いや、うるさいと言われるくらい)しゃべれるようになった。歌も歌えるし、司会もできる(笑)
感謝だ。
しゃべれるだけで、とても幸福だ。
声がでるだけで、有難い。
今、デイサービスに、中途失聴の方(人生の途中で聴覚を失った方)が来られている。
私は声、その方は聴覚だが、気持ちはよくわかる。
だから、孤立しないように、パソコンやスマホを懸命に教えています。
自分の経験を活かし、何とか役立たいと思います。
122538_l

広島ブログ

セブンルールを観て泣いた

2018年4月21日 土曜日

今回は、パティシエ。
イチゴに命を懸けたパティシエだ。
完熟しているかとか、糖度に強烈なこだわりがある方。
しまいには、自分でイチゴの生産に乗り出す。すげー(笑)
私は、このパティシエの一言で泣いてしまった。
それは
「私は、ビジネスでイチゴをつくっているか、本当に気持ちを込めてつくっているかわかります。私は、気持ちをこめてつくっている人が、きちんと評価されるようにケーキをつくりたい」(表現は少し違うが、内容はこんな感じ)
いやー、素晴らしい。
私もまったく同感。
私も、金だけなら、ビジネスだけなら、今の仕事はしない。
それだけなら、他のことの方がもっと儲ける自信がある(笑)
やはり、どうせやるなら、気持ちでやりたい、金で買えないようなものを提供したいと思います。
いやー、いいおっさんが泣いてしまいました(笑)
とても、いい番組なので、ぜひご覧くださいませ。

1495782687934
広島ブログ

勝っても負けても逃げられる   日本サッカー協会

2018年4月20日 金曜日

日本サッカー協会はいつも上手い。
何が上手いのか?それは責任回避(笑)
もし、ワールドカップで惨敗すれば、ハリルホジッチ氏にすべての責任を押し付ける。
後任の西野氏は、敗けても短い時間でよく頑張ったと言われる。
もし、善戦すれば、解任の判断は正しかったとなるし、西野氏は絶賛される。
実に見事だ(笑)
これで、ハリルホジッチ氏を選任した責任と解任の判断の遅さへの批判を回避できる。
しかし、本当に問われるべきは、協会の責任だ。
いつも、監督だけに責任を押し付け、協会は逃げる。
楽でいいなー。
ぜひ、こんな手腕を学びたいと思います(笑)

無題

広島ブログ

本村洋さんスゲーよ

2018年4月19日 木曜日

「そこまで言って委員会」に本村洋氏が出演しておられた。
さらに、凄みが増していた。
彼は、とても静か。湖のように静かだが、彼の一言一言はとても重い。
いつもはおしゃべりの委員会メンバーがまったくしゃべってなかった。
いつもは饒舌な竹田氏の口も重かった。
そりゃそうだ、本村氏は、一人で、国家を、司法システムを、裁判所を動かした人。
法廷への遺影の持ち込みから始まり、被害者の、被害者家族の権利の不備是正を一人で戦いとった人だ。
もちろん、一人ですべてやったわけではない。
しかし、サッカーで言えば、自ゴール前から、一人でドリブルで上がり、全員を振り切り、ゴールした感じだ。
私にはそう思える。
まさに、本村氏の前と、後では、司法も、マスメディアもまったく変わったのだ。
弁護士会も大きく変わった。
これは、事実だ。
いやー、凄い。人間一人の、本気の命懸けの取り組みで、ここまで変わるのだ。
一人の情熱が、システムを、価値観を変えるのだ。
実にスゴイ人です。
しかも、いつも冷静。感服します。

無題無題無題広島ブログ

休むことも生きること

2018年4月18日 水曜日

20代の私は休んでいた(笑)
とても長い長い休みだ。
そのおかげで、今は元気。とても元気だ。
休んでいたおかげで、他の人をまったく気にしなくなった。
休んでいたおかげで、休むことの大事さがわかった。
休んでいたおかげで、休んでいる人に優しい気持ちを持てるようになった。
休みは本当に大事だ。
この本のタイトル通り、休むことも生きることなのだ。
丸岡いずみさんも、うつを患い、長い休養をとった。
これは、とても大事で大切なことだ。
しんどい時に頑張りすぎると、人間は壊れてしまう。
疲れたらゆっくり休もう。
いや、疲れる前にゆっくり休みましょう。

無題

無題

広島ブログ

永遠の微調整     中島岳志氏

2018年4月18日 水曜日

永遠の微調整・・・・・素晴らしい言葉だ。
一気に変えよう!なんて言うのは簡単。しかし、実現はできない。
特に、民主主義国では、一気に変えるなんて不可能だ。
大事なのは、永遠に微調整すること。
365日24時間微調整する。
何年も何十年も微調整する。
これが大事だ。
微調整なんてまだるっこしい?
めんどくさい?
時間がかかる?
そう、本当に何かを成し遂げるには、微調整を通してしか無理です。
イチロー選手が、試合2時間前に球場入りするのも微調整のためですから。

無題広島ブログ

九里先発へ!

2018年4月17日 火曜日

いやー、嬉しい。
九里先発だ。
九里が一番好きだ。
昨年は、先発、中継ぎ、抑え、いろんな使われ方をした。
九里は、それに懸命に応えた。
実に素晴らしい。
私は、こんな献身的な選手が大好きだ。
勝つために、自分ができることを何でもする選手を尊敬する。
サッカーなら、ゴール前まで戻るフォワードだ。
走りまくって、チームに貢献する選手を尊敬する。
九里はそんな選手だと思う。
今日はチャンス。日頃の取り組みを見ていた緒方監督がくれたチャンスだ。
先発の枠を獲得する活躍を期待しています。
献身的な投球をすれば、打撃陣がきっと支えてくれることでしょう。

jJ1rziQd_400x400

広島ブログ

ボコハラム     西欧教育は罪

2018年4月17日 火曜日

アフリカには、様々なテロ組織がある。
その中でも最凶なのは「ボコハラム」
ボコハラムの意味は、西欧教育は罪という意味だ。
端的に言えば、西欧完全否定主義。イスラム法の世界を目指す組織だ。
2万人以上を殺し、女子学生や子供を拉致しまくっている。
日本から遥かかなたの地で、そんな悲惨な事件が日々起きている。
日本のような海自体が自然の国境線であり、植民地化の経験のない国には想像もできないが、アフリカは、長い間、西欧に無茶苦茶にされてきた。
国境も人工的だ。
こんな国が、経済力をつけてきて、逆襲を始めている。
今後も、テロ組織の拡大、テロの拡大は必然だろう。

ボコハラムのことを知らなかった方はぜひお読みください。
毎日新聞のアフリカ担当記者の仕事は尊敬に値します。

無題

無題
広島ブログ

広島花紀行

2018年4月16日 月曜日

春はいいですにゃー。
桜が終わっても花咲かり。
幸せですにゃー(笑)

KIMG0511KIMG0512KIMG0489

広島ブログ

金より自分を生きたい

2018年4月16日 月曜日

20代は金が欲しかった(笑)
まさに俗物。
しかし、何も持っていなかった。
あるのは、無限と思える時間だけ(笑)
20代は、本当にもがき苦しんだ。
24時間死ぬことを考えていた。しかも、3年間(笑)
なかなかきつかった。
何度も書いているが、声が出なくなり、常に目が回り、立つこともままならない時期もあった。
まさに、息をしているだけだ。
実際、呼吸の数を延々と数えていた(笑)
そんな状況を越えて、越えさせてもらって思うことは、金より自分を生きたいということ。
これだけだ。
金を儲けるために何かやるのではなく
人の役にたち→それを評価して頂き→それが金になる  という人生だ。
だから、何かしても、常に金になるわけではない。
しかし、それでいいのだ。
20代の私はいつも辛かった。365日24時間辛かった。しかし、今はその辛さはない。
評価されなくていい。もっと精進して、評価して頂けるようになればいいだけなのです。

まだまだまだまだこれから(笑)20代で死ななくてよかった。感謝。

ec96f1383d78bc2c2969a50020808a3c1-800x1135

広島ブログ

抽象的思考はいらない      今日もひきこもり支援

2018年4月16日 月曜日

もちろん、すべての人に抽象的思考が不要なわけではない(笑)
そんな乱暴なことは言わない。
これは、ひきこもりの人、行動が伴わない人限定だ。
そんな人は、抽象的思考だけに偏りすぎている。
頭に偏りすぎている。
そんな人は、掃除でもしておいた方がいい。町内会の清掃でもした方がいい。
体を動かした方がいい。
禅宗の修行で、掃除を徹底的にやらせるのも同じ趣旨だ。
清掃をすれば、どんどん体が動くようになる。
頭だけに閉じていたものが解き放たれる。
掃除をすれば、いろんな人に感謝され、「承認」を得ることができる。
「いつもありがとう」「キレイになるね」なんて言ってもらえるので、嬉しい。
社会性を回復することができる。

え?そんなバカな?
そうそう、やってもいないのに、頭だけでそう断定するのがダメなんです(笑)
まずは、親から始めましょう。 抽象的思考から身体的思考へ。

無題

広島ブログ

休日は0円で過ごす

2018年4月15日 日曜日

ただ歩く。日頃は車なので、歩くだけで刺激的だ。
友人と話す。ただただ話す。馬鹿な話をする。
誰かに飯を食わせてもらう。いやー、タダ飯は旨い。
日常で考えられないことを、時間的空間的にどこまでも拡げて考えてみる。
とにかく、0円で過ごす。
0円で過ごすことで、今の自分が何を持っているかがわかる。自分がどんな人間関係をつくっているかわかる。 金では買えないものを、どれくらい持っているかわかるのです。

無題無題

広島ブログ

大学は「無駄」こそ大事にすべき

2018年4月14日 土曜日

今の大学は、ものすごく管理が強まっている。
あれしてはいけない、これしてはいけないばかりだ。
お金もない、そして、自由もなくなっている。学生に対する管理もものすごい。
研究でも、すぐに成果のでるものにしか目がいかなくなっている。
未来に対する投資ではなく、今どれだけ成果があがるかだけになっている。
これではダメだ。
大学は、無駄が大事だ。
無駄という言葉がダメなら、多様性が大事だ。
政治が「この道しかない」といえば、「いえいえ、道は無数にあります」くらい言えないとダメなのだ。
無駄なように見えて、行き詰った時に、そんな無駄が役に立つ。
オルタナティブになるのだ。

無題

広島ブログ

百姓になろう    兼業副業大賛成  

2018年4月13日 金曜日

百姓=農民ではない。
だから、農業をやろうという意味ではない。
百姓になろうとは、一つの仕事ではなく、いろんな仕事をやろうと言うことだ。
もちろん、農業をやってもいい。
農業をやってもいいが、農業だけをやるという意味ではない。
百=たくさんの  姓=仕事  を持とうという意味だ。
今は、一つの会社に縛られる時代ではない。
会社が助けてくれる時代ではない。
いくつもの仕事をし、自分で自分を助ける時代です。

弁護士も公認会計士も歯科医も食えない時代ですから(笑)

無題広島ブログ

日本再興戦略   現代人必読の書

2018年4月12日 木曜日

これは、現代に生きる人すべてが読んでおいた方がいい本。
著者は、「現代の魔法使い」こと落合陽一氏。
若いが、研究者であり、教育者であり、起業家であり、アーティストであるという凄腕だ。
領域を自由に越境するものすごい人物だ。
現代は、昔ながらの知識は役に立たない。
親の世代の言うことを聞いても意味はない。
それくらいの大変革期。
この本は、AI時代、自動運転時代、コンビニ消滅時代のバイブルだ。
今はコンビニ全盛だが、AIがもっと進化し、ドローンが進化していけば、コンビニも不要になる。
コンビニさえなくなる可能性を秘めている時代なのだ。
どこにも行かなくても仕事ができ、どこにも行かなくても買い物ができ、すべてはネットで何でもできる時代が来ている。
さあ、恐れないで、読んでみて下さい。
古い言葉で言えば、「案ずるより産むが易し」です。
AI時代には古すぎますね(笑)

無題無題

広島ブログ

震災支援ライブ in 鞆の浦シーサイドホテル  和    8

2018年4月11日 水曜日

4月28日(土)19時~鞆の浦シーサイドホテルで「震災支援ライブ」を開催します。
お時間のある方は、ぜひお越しくださいませ。
特典は、いつも通り、ビールを呑みながら私と雑談できること(笑)
え?そんなものいらない?
では、鞆の浦の自然に出会いに来てください。

知らないうちに、もう8回目になりました(笑)

KIMG0457
2016042405250000

広島ブログ

文部科学省の意向

2018年4月10日 火曜日

日本の学校関係者は、みんな文部科学省の意向を気にしている。
どんな方針が出るのか気にしまくっている。
方針に従わなければ、補助金助成金を切られるからだ。
これで、研究、教育がきちんと行えるだろうか?
大学にきちんと行かなかった私でも不安になる(笑)
これには、根本的に二つの理由があると思う。
一つは、西欧と違い、日本の大学は、国家ができた後にできている。
国家ありきの大学なのだ。だから、「帝国大学」ということになる。
今でも、「旧帝国大学」なんて言ったりする。
最初から、大学の運営が、国家の支配下にあるのだ。
そして、二つ目は、大学にその支配下から抜け出す気がない。
自分たちで、金を稼ぎ、自主独立でやる気がない。
補助金助成金に頼ってばかりなのだ。
これでは、文部科学省から、国家から自由に研究することは永遠にできないだろう。

無題無題

かわいいチェンマイ案内

2018年4月9日 月曜日

いやー、素敵なガイドブックだ。
また、チェンマイに行きたくなった。
チェンマイは、私の青春の場所(笑)
20代に、約一か月くらいいて、街を歩き回った。
いろんな国の人と知り合い、タイ人の友人もできた。
毎日、ビールを呑み、遊んだ。料理も安くて旨かった。
トレッキングツアーも楽しかった。象の背中は想像以上に高かった(笑)
トゥクトゥクドライバーと友人になり、街を走り回った。
そして、事故にもあった。
いやー、すべていい想い出だ。
チェンマイでのいろんな出会いも、今の私をつくっている。
チェンマイは私を元気にしてくれた。
また、久しぶりに行ってみたいものです。

皆さんもいかがですか?

無題

広島ブログ

しっかり話をする 気持ちと時間をかける

2018年4月8日 日曜日

これが、家族でも、仕事でも、どんな関係でも一番大事なことだと思う。
これがなければ、関係は壊れてしまう。
家族だからわかる。
夫婦だからわかる。
友人だからわかる。
同僚だからわかる。
そんなことは嘘だ。
わかりあえたと思っても、時間がたつと変わる。
お互い変わる。
お互いの環境も変わるし、価値観も考え方も変わる。
これは、どっちが悪いわけではない。
ただ、変わるのだ。
だからこそ、気持ちと時間をかけることが大事だ。
私は、ひきこもり支援をしているが、親がこんな気持ちと時間をかけていない。
特に、父親は忙しい忙しいと言いながら、まったく何もしていない。
まさに、親子関係というより、親子無関係なのだ、
これでは、問題解決どころではない。話すらできない。
しっかり話をしよう。
それには、膨大な気持ちと時間がかかります。
大事な人には、そうするべきだと思います。
無題無題

広島ブログ

個人が企業を強くする     会社は20年で消える、しかし、人生は100年続く

2018年4月7日 土曜日

「企業参謀」という本で、一躍有名人になった大前研一氏が、個人にフォーカスを合わせるようになった。
これも時代だろう。
大企業といっても、どれだけ寿命があるかわからない。
一説には、20年。これでは、個人は生きていけない。
22歳で就職として、42歳で会社が消えてしまうことになる(笑)
これでは、どうしようもない。
これに対処するには、方法は二つ。
消える前に、他でほしいと思われる人になるか、独立して生きられるようにするかだ。
私は、明らかに後者の生き方。
どちらかを考えておかなければ、生きることさえできない。
しかも、これからは、AIの進化で、どんどん仕事がなくなる。
おそらく、ほとんどの士業、銀行・・・・・はなくなっていく。
こんな時代に企業企業と言っても意味はない。
それに、人生は、100年時代になる。
大げさではなく、就職するなら、会社を3回くらい移る(誘われて移るのがベスト)気持ちがないと、生きていけない時代になるでしょう。

無題

無題広島ブログ

満島ひかり独立に想う

2018年4月6日 金曜日

いやー、素敵だ。
肝が据わっている。おそらく、やりたいこと、やりたくないことが明確なのだろう。
事務所にいれば、やりたい仕事ができるわけではない。
しかも、やりたくない仕事もしなければならない。
その反面、安定がある。
その安定を捨て、自分がやりたいことをやるために独立したのだろう。
実に素晴らしい。
私は、こんな人が大好き。
これから、いろんな試練が待ち受けていることだろう。
今までのようにはいかない。守ってくれるものもない。
しかし、彼女はそれでいいのだろう。
いろんな傷なんか覚悟しているだろう。
そんなことより、自分がやりたいことがしたいし、自分を殺したくないのだろう。
いいなー、満島ひかり。
sub-buzz-8926-1503393279-5

広島ブログ

8050問題     80代の親が50代の子供を抱える

2018年4月5日 木曜日

これは、80代の親が、50代のひきこもりの子供を抱えるという問題だ。
実に深刻な問題。
80歳になると、いろんな病気が出てくる。
そして、50歳になると再起の可能性が、著しくゼロに近づく。
こんな状態になると、人は絶望感を感じる。
こんな問題が、日本のあちらこちらで起きている。
おそらく、同じマンション、同じ町内に、一人もしくは、数人いるかもしれない。(古い町内、古いマンションなら十分あえりえる)
本当に、すぐ隣の問題なのだ。
これは、認知症を抱える家族にも言える。
どちらの場合も、外から見えない。
隣からも見えないのだ。
しかし、こんな問題を抱えている家族はたくさんあります。

middle_1516584264

KIMG0413広島ブログ

人は何もやってなくても自白してしまう

2018年4月4日 水曜日

自分は自白なんかしないと断言する人、あなたは危ない(笑)
やってないのだから自白はしないなんて考えは甘い。
警察はそんなに甘くない。
警察が、本気で事件を作ろうと思ったら、自白を取れる。これは、鹿児島の志布志事件を見れば明らかだ。
何もないところから、鹿児島県警は事件を作りだした。もう笑うしかない。
人間は、何もしてなくても、逮捕3日、拘留20日の23日間厳しい取り調べを受ければ自白してしまう。
弁護士がついていなければ、落ちてしまう場合が多い。
23日間、いろんな警官が、「お前がやった」を繰り返し言い、どんなことを言っても、聞いてもらえず、延々と「お前がやった」と言われると人はおかしくなる。もう勘弁してほしくなり、自白する。
23日間、朝から晩まで、話を聞いてくれず、すべてを否定され、「お前がやった」と言われれば、おかしくなる方が普通だ。
社会から、家族から隔離され、孤独に追い込まれ、平常心を保つのはとても難しい。
こんなことへの想像ができず、自分は自白しないと断言する人は一番危ないです。
志布志事件でも、何もやっていない人がかなり自白しているわけですから。

無題
無題

広島ブログ

家を新築する時はご注意を!

2018年4月3日 火曜日

私の知人が数年前、家を新築した。
その理由は、お母様(89歳)に新しい家に住んでもらいたいというものだ。
私は、感激した。
しかし、私は新築に全面的に反対した。
それは、高齢者にとって、住み慣れた家が一番だし、新築すると、その間、別の家に住んだりして、とても大きなストレスがかかるからだ。
私が反対すると、彼は怒りだし、それが理由で、疎遠になった。
そして、月日が流れ、1年が過ぎたころ、彼から連絡があった。
「母が心筋梗塞で亡くなりました。疲れがたまってしまったのが原因・・・・あの時は、すいませんでした」と。
あの時、嫌われても、もっと反対しとけばよかった。
もし、高齢者のいる家庭で、建て替え、引っ越しを考えておられる方がおられました、十分ご検討下さい。
善意が、とんでもない結果を招くことがあります。
亡くならないでも、急激に認知症が進む場合がほとんどです。
高齢者は環境の変化に一番弱いですから。

page

広島ブログ

心の中に静をもつ

2018年4月2日 月曜日

いい本。
生きている中で、いろんな苛立ちを抱えている方、他人が悪いとばかり考えている方は、読んでみた方がいい。
モノマネ芸人、ボクサー、役者、画家、書道家、ヨーギ、いろんな経験をしてきた片岡氏の言葉に耳を傾けてほしい。
外界の出来事に、右往左往しても仕方ない。
他人を悪く考えても仕方ない。
家族のせいにしても仕方ない。
すべて、自分の中に答えはある。
自分を変えることにより、すべては変化してくる。
私は、引きこもり支援をしているが、多くの親は、子供ばかり変えようとする。
そうではない。
親が変われば、関係が変わり、子供は必然的に変わる。
話しやすい、オープンな親になれば、必然的に会話が増える、コミュニケーションが増える。
こんなものだ。
営業職でも、自分を変えれば、相手の対応も変わる。
売りたい売りたいではなく、相手にどのように役に立とう、相手の問題をどのように解決しようかと考えると、関係はまったく変わる。
売りたいは自分しか考えていない。
こんな考えでは、相手には何も伝わらない。

この本は、いろんなことを教えてくれます。
ぜひ一読くださいまぜ。

無題広島ブログ

ゲストハウス日和

2018年4月1日 日曜日

ゲストハウスいいなー。
今、日本ではゲストハウスブームが起きている。

広島でも、宮島や尾道・・・・いろんな場所にできている。
私は、昔、アジアのゲストハウスにたくさん泊まった。
いろんな国の人と毎晩酒を呑み、いろんな話をした。それが、今の私をつくっている。
「楽園」という場所をつくったのも、そんな経験があったからだ。
ゲストハウスではいろんなことがあった。
隣の人が、「薬」でラリッて、夜中に奇声をあげ走り回ったり
「薬」で逮捕されたり
詐欺師に騙されそうになった人を助けたり
現地の映画に誘われて出演したり     いろんなことがあった。
ゲストハウスは、狭い空間でいろんな人の人生が出会う場所。
また泊まってみたいです。
皆様もいかがですか?
「薬」と「詐欺師」には要注意です。いやいや、日本は大丈夫ですね(笑)

無題広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る