広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

信念対立を超える  共通了解をつくる

2018年1月31日 水曜日

先日、中国新聞に哲学者竹田青嗣氏の談話が載っていた。
竹田氏は、私の師匠の一人だ。(勝手に弟子だと思っている)
これまでも、たくさんのことを学んだ。
今回の談話で、竹田氏が強調していた点は二つ。
それは、信念対立を超えること、それと、共通了解をつくることだ。
人間は、みんな自分なりの考え方がある。
それを別の言い方にかえれば、「信念」だ。
「自分はこう思う」「自分はこう信じている」こんなことに固執していると、対立してばかりになる。
大事なのは、自分の考え、信念を見直すことだ。
ひきこもりを例に考えてみると、親が自分の考え、信念を変えれば、対立関係が大きく変わる。
子供をどうのこうの言う前に、自分が自分の考えを再検討し再構築すれば、家庭は大きく変わる。
そして、対立点ではなく、共通了解できることを探していくと、どんどんうまくいく。
最悪なのは、子供ばかり非難し、子供ばかりに問題があると考え、対立点ばかりを際立たせることだ。
こんなことをしていると、どんどん溝が深くなります。

そして、10年20年が無駄に過ぎて、リカバー不能になります。

無題広島ブログ

お互いに間違っているかも・・・・自分は間違っているかも・・・・

2018年1月30日 火曜日

私は、いろんな交渉をする時、こう考えてみる。
正確に言うと、どっちかが100%正しいわけではなく、間違っている部分もあると考えておく。
こう考えておくと、交渉はとてもまとまりやすい。
もし、自分は正しいVS自分は正しい で交渉したらどうだろう?
おそらく、話はまとまらない。
まとまらなければ、お互いに、何も得るものはない。
ただ、時間を使っただけになる。
そんなことは無駄だ。
それよりも、まず、自分を疑ってみた方がいい。
もしかすると、自分も間違っている点があるかもしれない、言い過ぎている点があるかもしれないと考えてみた方がいい。
そうすると、交渉は飛躍的にまとまりやすく、お互いに得るものがあると思います。

無題

広島ブログ

うつ的になった時は

2018年1月29日 月曜日

これは、私の対処法ですが、よく食べて寝ること(笑)
え?そんなことかって?
でも、これは効きます。
大事なのは、うつ「的」な時にやることです。
いつも、自分の精神状態をモニタリングしておいて、疲れてきたら、食べて寝ることです。
どれくらいかって?
自分が、本当に充分だと思うまでです。
仕事が忙しい?
いえいえ、放置しておくと大変なことになります。
黄色信号は自分でわかるはず。
そんな時に休んでおけば、大丈夫。
赤信号に突入していくと、ヤバいです。
精神がどんどん疲れていき、休んでも回復できなくなります。

無題

広島ブログ

現代日本の秘境     家族に深く潜る

2018年1月28日 日曜日

家族というものに興味が尽きない。
いくら学んでも、たくさんの家族を見ても、まったくわからない。
一つ一つまったく違う。
それは、みんな、自分の経験と学習で「我流」につくるからだろう。
仕事の仕方は、上司や先輩に怒られながら学ぶはずだ。
研究者になる場合も同じだし、職人も同じ。
しかし、家族は、自分の経験に基づいた「我流」だ。
だから、家族という意味では同じだが、中身はまったく違う。
何もかも違う。
序列だけ見ても、お父さんが一番の家もあるし、あ母さんが一番の家もあるし、子供が一番の家もある。
なかには、猫が一番の家もある(笑)
何を大事にするかもまったく違う。
私は、そんな中に入り、日々、彷徨っている。
お父さんが外で大活躍していても、家ではまったく無能な場合も多い。
役に立たないどころか、いるだけでマイナスの場合も多い。
それでいて、偉そうにしているのだから、始末におえない。

家族とは不思議なもの。まさに秘境です(笑)

無題

広島ブログ

制度の隙間を何とかする

2018年1月27日 土曜日

私の関心はここにある。
今の日本には、昔と比べて、いろんな制度がある。
これは間違いない。
一つ一つの制度は、本当に役にたつ、素晴らしい制度だ。
しかし、その制度の間には、無数の隙間が生じる。
多くの人が、ここに落ちてしまうのだ。
こんな時に、役所に行っても難しい。
それは、「この制度の適応外ですね」と言われ、別の課に回され、そこでも同じことを言われるだろう。
介護保険でもこんなことが多くある。
私は、こんな状況を改善するために仕事していると言っても過言ではない。
いい制度があっても、その制度には隙間ができるし、制度相互の連動がうまくいかなければ、それらは機能しない。
デイサービス、ひきこもり支援、コンサル、すべてで、そんな点を一番重視しています。

無題

広島ブログ

倒産より廃業    きちんとした最期を

2018年1月16日 火曜日

事業をしていると、当然、上手くいかなくなることがある。
これは、仕方ない。
何事も永遠には継続できない。終わりの日がくる。
そんな時の終わらせ方には、倒産だけではなく、廃業という方法もある。
倒産すると、最悪の場合、「はれのひ」みたいに、大勢の人に迷惑をかけてしまう。
いや、「はれのひ」は1月に計画的に倒産させた可能性が高い。
倒産がわかっていたのに、いろんな契約を結び、入金させた詐欺の可能性が濃厚だ。
事業を終わらせるのには、私は廃業がいいと考える。
もう継続が難しいと考えた時に、いろんな支払いを済ませ、きれいに終わっていく。
これなら、誰にも迷惑をかけないし、きちんと挨拶もできる。
別の形で再起することもできるだろう。
信用も失くこともない。
私は、廃業をすすめます。

20160122kyuhaigyo

広島ブログ

上機嫌に生きる

2018年1月16日 火曜日

私は、自分の機嫌をとても重視している。
上機嫌でいることを重視している。
そして、他人の機嫌を重視している。
仕事以外では、すぐに不機嫌になる人からは、すぐに遠く離れる(笑)
そんな人は、自分のことだけを考えている人なので、遠く離れるのが得策だ。
しかし、仕事ではそうもいかない。
私が関わる仕事では、会う人のほとんどが不機嫌だ。
不機嫌と言わないまでも、フレンドリーではない。
そんな人に会うとこう思う。
不機嫌だから、うまくいかないのだ。
フレンドリーでないからうまくいかないのだと。
単純に考えて、上機嫌で、フレンドリーな人のまわりに人が集まるとは思わないだろうか?
どんどん人気が出るとは思わないだろうか?
助けてくれる人が現れると思わないだろうか?
そう、話は、そんな単純なことなのだ。
不機嫌だったり、すぐに機嫌を変動させたり、フレンドリーでないから上手くいかないのだ。
そんな人に会いたい人がいるわけはない。

無題

広島ブログ

これが最後   ラストチャンス

2018年1月15日 月曜日

こんな時にこそ、人間は本気をだす。
私は、こんな場面によく出くわす。
まだ、先があるなんて考えていると・・・・その時にはうまくいかない(笑)
そりゃあ、当たり前だ。
まだ、余裕があるのに、人間が本気になることはない。
そんな時に、上手くいくほど、甘くはない。
もう最後だ。
これで、終わり。
そんな時に、人間は、すべてを投入し、退路を断つ。

それが、復活の唯一の要因だ。
ただそれだけなのです。

これは、ひきこもり支援でも、コンサルでも、すべての現場で明らかな真実です。

b0043617_18542615

広島ブログ

定年退職してどう生きるか?  35年間

2018年1月15日 月曜日

経済産業省の調査では、定年退職後、多くの人が、何もしないで、TVを見て過ごしているそうだ。
いやー、もったいない。
元気があり、体力あり、知識も経験もある人々が、無為にTVを見て過ごすなんて、もったいなさすぎる。
死ぬまで、1年2年ならそれでもいいかもしれないが、20年も30年もそれで過ごせるだろうか?
ストレスが溜まり、イライラし、奥さんを追い回し、奥さんに怒られるのがオチだろう(笑)
それなら、自分の知識や経験が活かせることをした方がいいと思います。

もったいなすぎますよ。

20180105114000002018010511410000

広島ブログ

ストーカー

2018年1月14日 日曜日

ストーカーがどんどん増えている。
この本の著者の小早川明子氏は、20年も前から、ストーカー対策に関わっている。
これは、ストーカー規制法ができるはるか前のことだ。実に凄い。
この本を読んで大事に思うことを列挙してみる。
1、まず、ストーカーされたら、自分で立ち向かうと覚悟を決めること。
  誰が支援してくれても、最後は、自分で自分を守るしかない。
2、そして、いろんな人にサポートしてもらうこと。親、友人、知人、すべてに助けを求める。
3、証拠をできるだけ集めること。
4、そして、警察にも頼ることだ。
  3までやっていれば、今の警察は必ず動いてくれる。証拠がなければ動くことは難しい。
  20年前には、はっきり言って、警察は何もしてくれなかった。しかし、今はずいぶん変わっている。
  それは、残念なことに、いろんな凶悪事件が起こったからだ。
ここまでは、被害者がどのように対応するかの問題だ。
この本でそれに加え大事なのは、加害者のカウンセリングだ。
加害者を変化させなければ、ストーカーは継続する。
ここの視点は、とても大事だと思います。
これは、加害者を大事にするという意味ではなく、ストーカーの再発を防ぐための方策です。

無題
2018010816230000
広島ブログ

人生で一番幸せな時

2018年1月13日 土曜日

私にとって、それは、なんの痛みも苦しみもない時だ。
え?幸せがそんなネガティブなものかって?
いえいえ、それは、ずっと幸せに、何の問題もなく生きてきた人の考えです。
おそらく、とても辛い経験、とても苦しい経験をした人はわかってくれると思います。
痛みや苦しみがない状況の素晴らしさを。
夜、熟睡できるんですよ!
笑っていられるんですよ!

そう、それだけで幸せ。
何かがある幸せだけでなく、何かがない幸せもあるんです。
無題

広島ブログ

あなたの生きる意味を教えます

2018年1月13日 土曜日

こんな本、こんな人を信じてはいけない(笑)
こんな本、こんな人は、あなたの「空洞の心」を狙っている。
目的は、あなたを支配することか、金かどちらかだ。
もちろん、人は、どのように生きるべきか悩む。
これは、当たり前だ。
進学、就職、結婚、病気・・・・・いろんな場面で、人は悩む。
どう生きるべきか悩む。
しかし、そんな悩みに、簡単に答えることはできない。
「はい、生きる意味はこれ」と提示することはできない(笑)
だから、そんなものを簡単に提示する人を信じてはいけない。
「生きる意味」は自分でのたうち回ってつかむことしかできません。

無題

広島ブログ

水分補給は大事です

2018年1月12日 金曜日

新聞を読むときに、指を舐めていませんか?
そんな方は要注意。
明らかに、水分不足です。
そんな状態だと、脳にも間違いなく水分が足りません。
今、認知症の一つの原因が、水分不足にあることがわかってきています。
脳の活動は、ものすごいエネルギーと水分を必要とします。
水分不足だと機能しません。
水分をとって下さい。
特に、冬場は、水分が著しく足りなくなります。
意識的に飲まないと、ものすごく不足してしまいます。
水分不足は、熱中症の原因だけではなく、認知症の原因にもなるのです。

f7d1f712

広島ブログ

不安について考える

2018年1月12日 金曜日

不安というものは実に不思議なものだ。
かの芥川龍之介も「ばくぜんとした不安」と言い遺して自殺した。
大事なことは、芥川は「不安」で死んだのではなく、「ばくぜんとした」不安で死んだことだ。
不安とは、それくらい不思議なもの。
私も、昔、夜中に、「ばくぜんとした不安」に怯え、自殺しそうになったことがある。
そこで死んでいたら、私は、「ばくぜんとした不安」を抱え死んだことになる。
おそらく、遺された人には、何もわからない。
「なんで・・・気づかなかったのだろう・・・」という苦しみを遺したかもしれない。
ここまで、不安についてネガティブに書いたが、不安は別にすべてネガティブなものではない。
もし、ここに、まったく不安のない人間がいるとする。安定しきった人間がいると仮定する。
その人は、何か生み出すことはできるだろうか?
何かに真剣に取りくみだろうか?
私の答えは否だ。
人間は、不安をエネルギーにして生き、いろんな創造をするものだ。
満たされないものを原動力に生きるものだ。
だから、不安は、いろんなものを生み出す根源とも言える。

実に、不安(不安定)とは、不思議なものです。

無題
rectangle_large_28533fe8cb4a40c3e8a8298357fcb311

広島ブログ

自分で自分を閉じ込めている

2018年1月11日 木曜日

まさに、20代の私がそうだ(笑)
誰も私を閉じ込めていないに、閉じ込められている気持ちだった。
しかし、今の私にはわかる。
自分で自分を閉じ込めていただけなのだ。
自分の浅はかな、幼稚な、未熟な、考えで、自分を閉じ込めていた。
「あれはできない」
「これはできない」
「あれは・・・だからダメ」
そんなことばかり頭の中で考え、何もできなかった(笑)
じつに愚かだ。
ただ、自分で自分を閉じ込めていただけなのだ。
透明で、鍵のかかっていない箱に自分で入り、「誰かが、社会が、俺を閉じ込めている」と叫んでいただけなのです。
え?喜劇?
そうです。これは、悲劇に見える(本人には)が、喜劇なのです(笑)あははははは

無題広島ブログ

人生 初ハイボール(笑)

2018年1月11日 木曜日

私はほとんど酒を呑まない。
だから、ハイボールを呑んだことがなかった。
うーん、なかなか呑みやすい。
ビールは苦い。なるほど、これなら人気が出るのもわかります。

10sp_top03広島ブログ

8050問題

2018年1月10日 水曜日

こんな言葉は初めて聞いたという人もいるかもしれない。
これは、80歳の両親が、50歳のひきこもりを抱えているという問題だ。
80歳と言えば、もう年金暮らしだし、体力も落ちているだろう。
こんなご両親が、50歳の子供・・・・いや、中年を抱えている。
政府の統計は、39歳までしかない。
しかし、もうすぐ50歳になろうかという子供を抱え、絶望的気分に陥っている方はかなり多い。
家の中は外からは見えない。
外からは幸せそうに見えても、中身はわからない。
8050問題は、かなり深刻です。
え?私には関係ない?
いえいえ、その人々すべてが生活保護に流れ込んだら、日本は終わりです。

PK2017091902100053_size0

広島ブログ

コンサル 2018

2018年1月10日 水曜日

私はコンサルもしている。
しかし、これは私がしたくて始めたことではない。
ただ、依頼があったから始めたのだ(笑)
小さな企業の代表、自営業者の悩みは尽きない。
どんどんいろんな悩みが襲ってくる。
それも、事業や会社の全般に渡った問題が押し寄せる。
そんな時に、相談できる人はなかなかいない。
一部分を相談できる人はいるだろう。
しかし、全般を、すべてを相談できる人はなかなかいないだろう。
そんなことを相談できるのは、同じように事業をしている人だ。
そんな人でなければ、苦しみ悩みはわかってもらえない。
私は、そんな立場にたって、コンサルをしています。

無題

広島ブログ

孤立を防ぐ 孤立を解消する デイサービス楽園

2018年1月9日 火曜日

どこのデイサービスにでも参加できる人は、デイサービス楽園でなくてもいい。
しかし、そんな人ばかりではない。
どこに行ってもうまくいかない人。
人間関係が難しい人。
引きこもっている人。
そんな人には、まさにデイサービス楽園の出番だ。
そんな方をほおっておくと、どんどん孤立化する。
いろんな機能がどんどん落ちていく。
それを防がないと、ご本人も困るし、医療費社会保障費も膨大にかかってくる。
デイサービス楽園の出番は、そんな人のためにあります。
何で、そんな人を大事にするかって?
私自身が、そんな人間だったからです(笑)

2015062214180001

広島ブログ

シェルターなき日本

2018年1月9日 火曜日

日本のシェルター普及率は、0.02%だそうだ。
まさに、誤差(笑)
0 ゼロだ。
これだけ見ても、日本がどれだけ平和ボケしているかわかる(私ももちろん含む)
何かあった時のことを
危機が起きることをまったく想定していない。
これは、国も個人も同じ。
これにひきかえ、スイスは、300%らしい。実に凄い。
さすが、リアリスト国家、激動のヨーロッパを生き抜いた武装中立国だけのことはある。
もちろん、スイスと同じ政策をしろと言う意味ではない。
しかし、同じような危機感をもつ必要はあるだろう。
日本は、戦後70年で、こんな何も考えない国になってしまった。
安全は、アメリカが何とかしてくるという依存心が、こんな国にこんな国民にしてしまいました。
攻めるということではなく、守ることを考えないようになってしまいました。

h-07-img02

広島ブログ

先を読む  俯瞰してみる

2018年1月8日 月曜日

私は、遠藤保仁選手をとても尊敬している。
その理由は、生まれながらの才能に恵まれてないのに、世界の第一線で活躍し続けたからだ。
彼は、サッカー選手として、身体的にまったく恵まれていない。
体は大きくないし、フィジカルは弱いし、足も遅い。
これだけ考えると、とても活躍できそうはない。
しかし、それを補って余りあるほど、クレバーで、考えて考えて考え抜く選手なのだ。
常に先先を考え、とても大事に場所にいる。
俯瞰し全体を見渡しているので、スペースに即座にパスが出せる。
基本技術を「無意識レベル」まで習得しているので、倒されながらでも、トラップやパスができる。
常に冷静で、動揺することがないので、PKで確実に決められる。
これらは、生まれながらの才ではなく、後天的に、自分で考えて習得したものだ。
私は、こんな人物をとても尊敬します。

無題広島ブログ

人生 50年  から~    信長公怒らないでね~(笑)

2018年1月8日 月曜日

これからは、人生100年時代だ。
65歳で引退しても、35年ある。えーって感じだ。
今の、65歳は若い。
まだまだ仕事できるし、65歳から円熟期を迎えるくらいだと思う。
それを引退なんて、もったいなすぎる。
そんなことになるくらいなら、人生50歳からなんて考えてみても面白い(笑)
そんなバカな?
いやいや、やることなく過ごすより、バカな方がいいと私は思います。
世間の目を気にしても無駄。
私は、自分を生きた方がいいと思います。
人生、50年から~  「敦盛」もバージョンアップすべきでしょう。

2018010515590000広島ブログ

スペシャリティコーヒー

2018年1月7日 日曜日

12月30日には必ず、京都嵯峨野の「山本珈琲店」でスペシャリティコーヒーを飲む。
一年の自分へのご褒美に飲む。
このコーヒーを飲みながら、一年間を、人生を振り返る。
まさに至福の時だ。
(今年は、この時、朝日新聞「ひきこもり 47歳」という記事を読み、無防備な状態なので動揺してしまった)
こんな時間がとても大切。
コーヒーの香りを嗅ぎながら、一年間を振り返る旅に出る。
出会った人、出来事を思い出す。
そして、来年に思いをはせるわけです。
感謝。

3b565160-613b-4936-988e-4354ff20418d広島ブログ

アナログに生きる  あえて 2018

2018年1月7日 日曜日

今、まさにデジタルの時代だ。AIの時代だ。
これは、間違いないし、後戻りはしない。
いろんな問題が発生するが、それを修正しながら、さらにデジタルになっていくだろう。
私は、そう考えている。
しかし、だからこそ、私は、あえて、アナログに生きている(笑)
ツールとしては、デジタルを使う。
しかし、やることは、すべてアナログ。
デイサービス
ひきこもり支援
コンサル
ライブ
講演会
なぜって?それは、デジタル化するほど、アナログの価値が増すから。
アナログでしかできないこと、人間にしかできないことの価値が増すからです。
ダウンロードが進めば進むほど、竹原ピストルのライブに行きたくなるみたいな感じで(笑)

無題

広島ブログ

甘酒日和   デイサービス楽園

2018年1月6日 土曜日

今日は甘酒をつくりました。
やっぱり、寒い時には、甘酒最強!
生姜をたくさん入れると温まりますよ(笑)

2018010419000000

広島ブログ

フィールド オブ ドリームス  2018

2018年1月6日 土曜日

この映画を私は、折りに触れて観る。
とても好きな映画だ。
主人公が、アイダホのトウモロコシ畑で、突然、声を聴く
「それをつくれば彼は来る」
こんなわけのわからない言葉で、彼は、とうもろこし畑を潰して、「野球場」をつくる(笑)
目先の金を投げ捨てて、声の通りに動く。
私には、この気持ちが痛いほどわかる。
私も同じなのだ。
私も、時折、聴こえる声で動いてきた。
その声は誰の声かわからない。
しかし、デイサービスを始めたのも、ひきこもり支援を始めたのも、コンサルを始めたのも、声に導かれたからだ。
だから、私は、フィールド オブ ドリームス を観るたびに泣いてしまいます。

yjimage

広島ブログ

祈り 歩く   2018

2018年1月5日 金曜日

年末年始(12月30日~1月2日)に京都を歩いた。
一日45キロ平均(9時間×5キロとして)で、4日で180キロだ。
今回は、比叡山延暦寺にも行ったので、正直、かなり疲れた(笑)
毎年、年末年始には、京都を歩く。
これには、三つの目的がある。
一つ目は、自主トレだ。
一年間を生き抜くための体力をつけるためだ。
二つ目は、京都の寺社を巡り、すべての命の健康と幸福を祈るためだ。
三っ目は、自分が人生で一番苦しい時代を過ごした京都を訪ね、初心に戻るためだ。
この三つのために、私は、毎年、京都を歩く。
昨日から、2018年もスタートした。
今年も、何とか乗り切って、年末年始に京都で過ごせるように生き抜きたいと思います。
感謝。
2017123009510000

広島ブログ

ひきこもり 47歳 朝日新聞 12月30日付け一面記事

2018年1月5日 金曜日

年末の30日の朝日新聞ですごい記事を読んだ。
日頃、朝日新聞をまったく読まず、数年ぶりに喫茶店で偶然読んだ朝日新聞に衝撃を受けた。
それは「ひきこもり 47歳」という記事だ。
まったく、他人事ではない。
私も、いろんな人のサポートがなければ、間違いなく同じになっていた。
まさに、これは、私自身のことなのだ。
だから、喫茶店で立ち上がれないくらいの衝撃を受けた。
私の正月休みが始まった日の一面にドーンと出ていたのだ(笑)
これを私は、天からのメッセージととる。
何年も読んでいない朝日新聞に、正月休みに入った日の一面の載っていて、それを私が読む。
もちろん、偶然と言う人もいるだろう。
しかし、私には、天からの「来年も頼むぞ」とのメッセージだと受け取りました。

2017123015460000広島ブログ

年末に、比叡山延暦寺で雪だるまをつくる(笑)

2018年1月4日 木曜日

え?信仰心がなさすぎる?すいません(笑)
歩いて登っただけで許して下さい。
降りる時は、ケーブルカーで(笑)
伝教大師様、申し訳ありません。

2017123009380000広島ブログ

戌年だにゃー デイサービス楽園

2018年1月3日 水曜日

一年のはじまりですにゃー(笑)
戌年だけど、猫語だにゃー。
ねー太郎会長(笑)

20180103143700002018010314370001広島ブログ

失敗に不思議な失敗なし

2018年1月3日 水曜日

偶然の成功はある。これには身に覚えのある人がいるだろう(笑)
試験前に、たまたま見ていたところが出たりすることもある。
たまたま、何かがうまくいくことはあるのだ。
しかし、こんな成功は一時的で、続くことはない。
しかし、失敗は必然的だ。
勉強しないで、試験に落ちるのは、必然的だ。まったく不思議ではない。
いろんな失敗も、それまでの時間の過ごし方、生き方の結果起きてきます。

無題

広島ブログ

過去にとらわれない  過去のせいにしない 2018

2018年1月2日 火曜日

昔こうだったから、今こうなっているという自己慰撫は一番楽だ(笑)
私も、20代にこんなことばかり言っていたので、気持ちはわかる。
一番楽で、自分を守れるのだ。
今の自分が悪いのではなく、過去が悪いのだ。過去の誰かが悪いのだ。
しかし、それをしていると、今を変えることができない。未来を変えることができない。
そんな誤魔化しをしていると、どうしようもなくなる。
と言っても、そう言っているほとんどの人は気づいている。過去の話をして、今を誤魔化していることに気付いている。
だから、キツイのだ。

2017102015570000広島ブログ

言志四録 毎年元旦に読む本

2018年1月1日 月曜日

言志四録を私は、ことあるごとに、ことがなくても、読み返す。
この本は、西郷隆盛の愛読書。座右の書だ。
人生の苦難にぶち当たった時に、背中を押してくれる言葉、サポートしてくれる言葉の宝庫だ。
人生には、もちろん楽しいこともある。
しかし、辛いこと、哀しいことが多い。
暗闇の中を歩かなければならないこともあるだろう。
そんな時に、この本を読んで頂きたい。
江戸時代の本なんて!と言う方、ぜひ一度読んでみてください。
いまだに西郷隆盛が尊敬されている理由がわかるかもしれません。

2017121416120000

広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る