広島のデイサービスなら楽園 > ブログ

友情     40代からの無償の想い

2017年11月30日 木曜日

この本は、平尾誠二氏と山中伸弥氏の友情に関する本だ。
彼らは、同じ年であり、40代に出会い、無二の親友になった。
人生で、なかなかこんなことはない。
これが、大学までなら、よくあることだ。
しかし、40代で無二の親友、無償と言えるような関係性をつくれるなんて実に素晴らしい。
しかも、山中氏は、平尾氏の最期まで、一緒に生きる。ある意味、看取る。
いやー、実に羨ましい。
私は、ほぼ他人のことを羨ましく思うことはないが、この二人の関係性は羨ましい。
なんか、嫉妬にも似た感情が生まれてくるくらい素晴らしいです(笑)

無題広島ブログ

20代の心筋梗塞にお気を付け下さい

2017年11月30日 木曜日

ここ数年で、知人友人の息子さんお孫さんが、立て続けに3人(全員20代男性)も心筋梗塞で亡くなった。
一人は、朝、起きてこなかった。
二人は。仕事中に、発作が起き、亡くなった。
食生活か?
激務のせいか?
ストレス?
それは、わからない。
おそらく、亡くなる以前にも、胸の苦しみがあったはずだ。
しかし、みんな病院に行っていない。
まだ若いから大丈夫。
少し休めば良くなる。
仕事が忙しくて休めない。
いろんな事情があったのだろう。
もし、心臓のあたりに痛みがある方、最近、胸が苦しいと感じた方は、すぐに病院に行こう。
狭心症の恐れがあります。
苦しくなっても、5~10分くらいで収まるので、まあ、いっか・・・・という感じで、そのままにしがちですが、ほっとくと危険です。
親御さんたちも、気をつけてあげて下さい。
特に、実家から離れて暮らしている方は要注意です。
AjSW9cLCAAEl_JD

広島ブログ

「上に指示されたから野田さん(元総理)を排除しました」

2017年11月30日 木曜日

いやー私も言ってみたい(笑)
人生でこんな風に言って逃げてみたい(笑)
さすが、細野豪志さん。
しかし、この一言で、トップに立てない人間だと国民にわかってしまった。
トップになりたいなら、責任者になりたいなら、不本意なことがあっても黙っとかないと。
私も、上に指示されたからと逃げてみたい。
しかし、小さな会社ながら、私が一番上、責任者だ。
何かあったら、私がすべて責任を負うしかない。
私見ですが、希望の党の議員はみんなフワフワ浮いているように見える。
代表になった玉木さんもフワフワ浮いて見える。
口は上手いが、本当に責任を取ってくれるのだろうか?
私は・・・・・無理だと思います。
未来への責任という前に、自分の責任を自覚しないと・・・・(笑)
無題広島ブログ

しんがり       危機で人間は丸裸になる

2017年11月29日 水曜日

ドラマ「しんがり」を観た。
簡潔に言えば、山一証券自主廃業時に、最後まで会社に残り、廃業の原因を究明し、残務処理をした人々の物語だ。
ほとんどの人は、自主廃業が決まった瞬間、転職先を探した。
これは、ある意味、当然だ。
住宅ローンもあるし、教育にもお金が必要だ。
しかし、そんな中でも、最後まで戦った人がいる。それを描いたのが、「しんがり」だ。
こんなことをするのは、馬鹿だと思う人もいるだろう。
廃業する会社の業務をしても意味はないと考える人もいるだろう。
しかし、私は、そうは考えない。
こんな業務を大事にする人こそ、大事にすべきなのだ。
そして、こんな仕事をする人こそ、とても成長する。
最後まで、きちんと終わることに向き合うなかでこそ、素晴らしい力がつくのだ。
私は、会社を倒産させた社長を何人も知っている。
その中には、逃げた人も多い。
しかし、再起した人はすべて、最後まで逃げずに、残務処理をした人だ。
そんな人は、債権者が信用し、その債権者が資金を出し、新事業を立ち上げた人もいるくらいだ。
人間は、危機にすべてわかる。危機にどう向き合うかで、その人がわかる。
倒産時に、逃げずに、向き合った人の多くは、再起しています。

無題広島ブログ

今年もあと一ヶ月です

2017年11月29日 水曜日

さすがに、11か月が過ぎ、疲れてきた(笑)
いろんな疲れが溜まってきた。
さあ、12月は、いろんなことのまとめの時期だ。
一年でできたこと、来年に持ち越すことを整理する時期だ。
今年も大きな病気もなく過ごせたことに感謝。
会社を立ち上げて、12年半、元気に過ごせたことに感謝しながら、12月を過ごしたいと思います。
皆様も、元気に、年末をお過ごしくださいませ。
2017070915360000

広島ブログ

男前ですにゃー

2017年11月29日 水曜日

凛々しいですにゃー
太郎会長  推定年齢13歳。
まだまだ、男の色気がありますにゃー
でも、食気の方がありますにゃー(笑)

2017112008110000広島ブログ

鞆の浦紀行  2017

2017年11月28日 火曜日

年に二回、鞆の浦に行く。
もう三年以上、鞆の浦に通っている。
最初は、こんなに何度も通うことになるとは、思ってもみなかった。
しかし、通えば通うほど、好きになる。
実に素晴らしい場所だ。
何があるかと聞かれても、何もない(笑)
店もそんなにないし、新しい見どころがあるわけでもない。
しかし、何度行っても飽きない。
景色を見ているだけでも、心が安らぐ。

人生で、こんな場所に出会えて幸せです。

cd3f6b2085dda6ea951da59bcef7ae00

広島ブログ

遺言 2018

2017年11月28日 火曜日

毎年、1月に遺言を書き換える。
12年前に書いて、それから、毎年、微修正をしている。
別に、すぐに死ぬと思って書いているわけではない。(事故死等急死への対策ではある)
1年をきちんと生きるために書いている。
遺言を考えながら、過ぎた1年を総括し、次の1年を夢想する。
皆さんも、遺言を書いてみませんか?
そうすると、日頃考えてもいないことが見えてきます。
いろんなことが整理できます。
何が大事なのか見えてきます。
無題

広島ブログ

「いじめはなかった」

2017年11月28日 火曜日

こんなことを言う校長がいる。
しかし、これは、ほとんどの場合、校長や学校関係者の「願望」だろう。
「いじめはなかった」ではなく、「いじめはあってほしくない」→「いじめはなかった」という感じだろう。
いじめがあることを認めれば、自分たちが大変なことになる。
いろんな責任を問われる。大事になる。
そんな事態を避けるには、なかったことにするのが一番。確認できなかったことにするのがいいと考えるのだろう。
ないことにして、確認できなかったことにして、その場をやり過ごす。
いじめられた個人、その家族を切り捨てて、全体を維持する。
昔なら、これでもっていた。学校も先生も信用されていた。
しかし、今は、学校も先生も信用されていないし、ネット等ですべて露呈してしまう。
現代では、早めにすべてオープンにした方がダメージは少ない。
本当にいじめがなかったのならいいが、いじめはない方がいいという考えで隠蔽すれば、後で大変なことになってしまいます。
これは、企業の不祥事でも同じでしょう。

無題

広島ブログ

舞うひと

2017年11月27日 月曜日

この本は素晴らしかった。
草刈民代さんと現代の踊りの名手との対談集だ。
藤間勘十郎さん、野村萬斎さん、市川猿之助さん、麿赤児さん、尾上菊之助さん‥…皆さん、踊りの達人。
私は、菊之助さんが大好き。
彼は女形でも立役でも、色気がプンプンかおる。
動かなくても、色気が溢れてくる。
しかし、私が、この対談の中で一番面白かったのは、麿赤児さん。最近では、大森南朋さんのお父さんと言った方が通りがいいかもしれない。
他の対談相手は、みんな「型」がある。能、狂言、歌舞伎、日舞・・・・・まさに型の踊りだ。
しかし、麿赤児さんの、暗黒舞踏に型はない。
むしろ、型から零れ落ちたものを大事にする。
まさに、能等の伝統芸能は「合理的」 暗黒舞踏は「非合理的」なのだ。
しかし、その非合理が実に面白い。
論理や合理で切り捨てないで、すべてをぶち込む暗黒舞踏が私は大好き。
丸のままの人間を全体性として表現する麿赤児さんはとても素晴らしい。

ぜひ、読んでみて下さいませ。

無題広島ブログ

失敗とは失敗なのか?

2017年11月27日 月曜日

本当にそうなのだろうか?
いや、成功こそ失敗なのだと思います。
成功からは、何も学ぶことはない。何か深く考えることはない。
逆に、失敗で人間はいろんなことを学び考える。
例えば、カーナビで到着しても、その過程はまったく記憶に残らない。
しかし、迷って迷って、その挙句、道を聞いた親切な方のことは今でも覚えてる。
私の記憶は、すべて失敗でできている。
あそこで失敗した。
あの時は苦しかった。
あそこで、あの人に助けられた。
あの時に、死ぬほど悩んだ。
成功や、うまくいったことなんか記憶にない(笑)
失敗とは失敗ではない。まさに、人生そのものだ。

無題

広島ブログ

問いをつくる 答えのない問題に答えを出す

2017年11月27日 月曜日

藤井聡太四段の強さの一つの理由は、間違いなく、「詰将棋」だ。
小さいころから、ありとあらゆる「詰将棋」にチャンレンジしている。
これが、終盤における読みの深さ、粘り強さにつながっている。
さらに、大事なことは、「詰将棋」を自分で作っていることだ。
藤井氏は、「詰将棋」の作者なのだ。
解くだけでなく、自分でつくるのだ。
今の時代はもう、正解があり、それにたどり着くという時代ではない。
今は、「問いをつくる」時代だ。
その問いに答えがあるかどうかわからない。
そんな問いに、答えを出していく時代なのだ。
答えではなく、問いに関心を持とう。
自分で、問いをつくれるようになろう。
それが大事だと思います。
無題
広島ブログ

フェリーがなくなるのが悲しい

2017年11月26日 日曜日

日本全国でフェリーが消えている。
それは、新幹線が、北海道や九州でも開業し、高速バス網が整備され、LCCがどんどん増える現状ではしかたない。
しかし、フェリー好きの私からみると、とても残念だ。
私の青春はフェリーとともにあった。カブとともにあった。
カブをフェリーにのせ、いろんなところを旅した。
沖縄に行ったり、北海道に行ったり、四国に行ったり、九州に行ったりした。
そのフェリーのなかで、いろんな人と出会い別れた。
多くの心優しき人に、人生を教えて頂いた。
フェリーは私の青春。
そして、私の大学だった。
いろんな本を読み、いろんな人と語り、そこで単位を取得した(笑)
今、私が何とか生きているのも、そこで出会った教授たちのおかげです。

sannomiya_15_1280

広島ブログ

60代に花を咲かせる

2017年11月26日 日曜日

芸の世界では、30代40代は洟垂れ小僧だ(笑)
50代になってやっと一人前として扱われる。
そして、60代で花を咲かせる。
今、いろんな年代で苦しんでる方。
60代で花を咲かせるように生きよう。
それまでは、ある意味、修行。
いろんな経験をして、辛酸を舐めよう。

それが、60代で花を咲かせる肥やしになります。

2017112411310000

広島ブログ

2000万分の1

2017年11月25日 土曜日

これは、年末ジャンボ宝くじ1等の当選確率だ。
いやー気が遠くなる確率だ(笑)
だから、私は、宝くじを買ったことがない。
自分で仕事をして稼ぐことに専念している。
しかし、2000万分の1で当たるのだと思い、買う人も多い。
もちろん、それは自由だ。
確かに、誰かに当たる。(当たりくじが売れてない場合もあるが)
これは間違いない。
売り場の前に、「この売り場から一等が出ました」というのも嘘ではない。
確かに、2000万分の1では当たるのだ。
その確率をどう見るかは、個人の判断だ。
私は買わないで今日も働く。
皆さんは、どうされますか?人生はいろいろで面白いです。

20160708-04

広島ブログ

不真面目になれ

2017年11月25日 土曜日

私は、真面目過ぎる若い人に、こうアドバイスする。
もちろん、これは、ふざけろとか、放り投げろなんてことを意味していない。
そんなことをすれば信用を失う。
そうではなく、真面目過ぎる人は、その真面目さゆえ、壊れてしまうことを心配しているのだ。
今の若い人は、授業に真面目にでる。
本当に休まずにでる。
その授業が、どんなにつまらなくても出る。
これは、別に悪いことではないが、就職すると事情が変わってくる。
どこまでも働き、体を壊してしまう。最悪の場合、再起不能になるまでいってしまうのだ。
そんな性格の若い人が多いので、「不真面目になれ」なんていうのだが、
「どうやって不真面目になればいいですか?」なんて真面目に聞いてくる(笑)
こっちが、再起不能になりそうだ。
まあ、真面目な皆さん、いい意味の「適当」を覚えよう。
うつ病になったり、心筋梗塞になった若い人をたくさん知っているおじちゃんからのアドバイスでした(笑)

無題

広島ブログ

損切り どんどん悪くならないために

2017年11月25日 土曜日

損切りとは、株価が大幅に下がっている時に、早めに売ることだ。
これは、一見、損のように思うが、どんどん株価が落ちてくことを考えれば、早めに売るのは得策なのだ。
しかし、これはなかなかできない。
人間は、損を確定することがなかなかできない。
また、株価は上昇するなんて考えてしまう。いや、そう思いたいという願望だ。
この願望が、現実を見誤らせてしまう。
これは、株式だけではなく、人生でも同じことが起きる。
私がやっている、引きこもり支援やコンサルでもまさにそうだ。
息子は今、とても駄目な状態だが(株価が下落しているが)、必ず良くなる、立ち直ると考えてしまう。
会社は今は駄目な状態だが(株価は下落しているが)、必ず、売り上げが回復する。
こんな風に考える。いや、思い込む。
両方とも、なんの根拠もない。ただ、そう思いたいだけだ。
しかし、こんな風に思っている限り、何も良くならない。
偶然、良くなることなんかない。
良くなるのではなく、良くする対策を打たなければ、現実が良い方に変わることはない。
大事なことは、きちんと損切りして、新しく出直すことです。

損切りと塩漬け

広島ブログ

ゲストハウス

2017年11月24日 金曜日

ドキュメント72時間で「ゲストハウス」の特集をしていた。
いやー、懐かしい。
昔、いろんな国で、ゲストハウスに泊まったことを思いだした。
私が泊まったゲストハウスで、最安値は100円。今、思い出してもひどい宿だった。
いろんな虫は多いし、泥棒が多いし、詐欺師も多かった(笑)
番組を観ながら、アジアで数百円で泊まったゲストハウスを思い出していた。
日本人相手に詐欺を働いている日本人。
薬物で完全にラリッて、部屋で叫んでいる日本人。
現地の女性に騙され、有り金全部巻き上げられた定年日本人。
いろんな人に出会った。
いやー、楽しかった。
日本のゲストハウスはきれいだ。
しかし、私には、アジアのゲストハウスのようなカオスが好きです。

無題広島ブログ

身近なことを大事にできる人

2017年11月24日 金曜日

私は、すぐに国家を語る人を信用しない。
すぐに、日本を、アメリカを、中国を、韓国を、ロシアを語る人を信用しない。
まず、語るべきは、自分の身の回りのことだ。
家族のことや、友人のことや、身の回りの人や、自分が大事にしている具体的なことを語る人を信用する。
もちろん、国家を語ってはいけないという意味ではなく、上記のものが先だと思うのだ。
まずは、身近な自分が大事にしている人や物やことを語る人を信用する。
すぐに、国家を語る人は、おそらく、そんなものがない人だ。
そんな人は、おそらく、空洞だ。
抽象的なものしかなく、具体的には何もない人なのだ。
私はそんな人を信用しない。

無題

広島ブログ

すべて現時点での考え方にすぎない

2017年11月24日 金曜日

極めて当たり前のことだが、私はこれをいつも確認する。
固定した考えはない。
今日の考えに固執する気持ちはない。
朝言ったことを、夕方に変えるかもしれない。
新しいことを知ったら、考えが変わるのは当然だ。
状況が変われば、考えも変わる。
変えないで、前の考えに固執する方が危険だ。
このブログに書いていることも、現時点での考えに過ぎない。
明日には変わるかもしれない。
いや、変わった方がいいのだ。
ただ、変わった時に、こういう理由で変わりましたと説明するのが誠実でしょう。
4131Vgbb2NL._SX298_BO1,204,203,200_

広島ブログ

銭湯という幸福

2017年11月23日 木曜日

いやー、幸福だ。
めったに行かないが、11月~2月の間は、たまーに寄る。
いやー、まさに、都会のオアシス。
私は、スーパー銭湯ではなく、銭湯が好き。
銭湯のこじんまりした感じが大好きだ。
そんなに長くは入らないが、まさに蘇る。
それで、430円。うーん、安い。
年末年始は、京都の銭湯に入ります、楽しみだにゃー。

船岡温泉待ってろよー(笑)

64806635
DDEa23FUAAAZapc広島ブログ

ライザップはなぜ流行るのか?

2017年11月23日 木曜日

ライザップの人気がすさまじい。
いろんな著名人が、ライザップでやせて、広告塔になっている。
実にすごい。
ライザップのシステムは簡単。
週二回のトレーニング指導と食事管理だ。
まさに、これだけ?って感じだが、実によく考えられている。
大事なのは、トレーニングではなく、食事管理。まさに「管理」が大事だ。
人間は、そんなに強いものではない。
基本的に三日坊主だ(笑)
孤独に弱いし、地道な作業を一人でやりたくない。
だから、ボクサーにはトレーナー、作家には編集者が張り付く。
こんな人間の弱点 「わかっちゃいるけど・・・・・つづかない」というところを突いたのがライザップだ。
実に素晴らしい。
「・・・・したい」という思いを「管理」し「実現」する。
こんなビジネスは、すべてうまくいくことでしょう。
多くの人は、孤独に弱く、地道な作業を一人でやり続けることはできないですから。

51A55+iBv-L

広島ブログ

自分の苦しみ → 仕事へ

2017年11月23日 木曜日

私は、自分がしたい仕事をしてるわけではない(笑)
そもそも、自分でどうしてもやりたいなんて仕事はない(笑)
何もない。
自分に対する夢も希望もない。こうなりたいなんて大それた目標もない。
何もない。
では、なぜ、今の仕事をしているのか?
それは、私自身が辛かったこと、自分が辛いことに関して、人に対して何かしたいだけだ。
引きこもり支援は、自分が引きこもり、のたうち回った経験があるから。
コンサルは、自営業の大変さに自分がのたうちまわっていたし、今ものたうちまわっているから。
デイサービスは、自分が孤独でのたうち回っていたから。
すべては、自分がのたうち回った経験があり、同じ苦しみを感じている人をなんとかしたいからやっているだけだ(笑)
別に夢でもなんでもない。
やりたいことだったわけでもない。
何かに導かれたように始め、継続しているに過ぎない。
私の仕事への考え方、仕事観は、そんなものです。
すべては、偶然のような、必然のような・・・・・(笑)

やりたいか?と言われれば、やるしかないとしか答えようがないです。

無題

広島ブログ

哀愁 

2017年11月22日 水曜日

背中が高倉健みたいですにゃー
え?違います?
そう、少し拗ねているだけです(笑)
ねー太郎会長

2017112008080000広島ブログ

お父さんたちの身体が冷え切っている

2017年11月22日 水曜日

これは、引きこもり支援で毎日のように感じることだ。
お母さんの身体は、ほとんど火照っているが、お父さんは冷えている。
それは、子供の引きこもりを「我が事」と感じていないからだ。
口では、どんなことを言っても、「他人事」だ。
もし、本当に我が事と思えば、体が火照ってくる。
カッカしてくる。本気になってくる。
自分のことなら誰でもそうなるだろう。
しかし、「他人事」なので、体が冷え切ったままだ。
こんなことでは、解決しない。
いや、こんなことだから、問題が悪化したのだ。
問題が発生したのは、お父さんのせいではない場合が多い。
しかし、問題が深刻化し、長期化する大きな原因はお父さんにあることが多い。
え?何もしてないのに俺のせいかって?
そう、何もしなかったのが、大きな原因です。

法的:不作為犯も作為犯と同様に+罰せられることがある

広島ブログ

紅白歌合戦  改革私案

2017年11月22日 水曜日

NHKでしかできない歌番組、いや、音楽番組にする。
日本にいるミュージシャンで、有名無名関係なく、実力者ばかり集める。
もちろん、ジャンルも関係ない。
すべての音楽ジャンルから、現代の最高峰を集める。
そんな歌合戦、音楽合戦なら観てみたい。

特に、日頃は聴けない最高峰のミュージシャンがでれば、多くの人が観ると思います。
視聴率は関係なく、ただただハイクオリティなミュージシャンだけが出る紅白音楽合戦なら私も観てみたい。
s-kohaku

広島ブログ

「弱いから群れるのではない 群れるから弱くなるのだ」

2017年11月21日 火曜日

これは、寺山修司の言葉だ。
引きこもり支援をしている立場から見ると、とても納得できる言葉だ。
引きこもりの青年が弱いわけではない。
どうしようもないわけではない。
親が、子供を抱きかかえ、包容し続けるから弱くなるのだ。
もちろん、一時的に、家に避難することを否定しているわけではない。
学校や、職場で大きな問題があった時に、それを助けるのは親だ。
しかし、あくまで、それは一時的なもの。
囲い込み、守り、そんな環境が継続すると、人間が弱くなり、何もできなくなっていく。

衣食住完備で、何でもしてくて、小遣いまでくれる環境で、弱くならない人はいませんよ(笑)

無題

広島ブログ

至福のコーヒー

2017年11月21日 火曜日

私は、年に数回だけ、喫茶店でとても美味しいコーヒーを飲む。
え?なんで数回?もっと飲めばいいのに?と言われる方もいるだろう。
金がないの?と心配してくれる方もいるかもしれない(笑)
もし、おられたら、感謝いたします。
しかし、いくら何でもコーヒーくらいは飲める。
なぜ飲まないかと言えば、理由は二つ。
それは、精神的に余裕がないこと。これは、いつも人のことばかり考えていてコーヒーまで気が回らないということ。
二つ目は、いつもは飲まないで、ここという時にとっているわけです。
ストレスが溜まったり、何かに行き詰った時のカードとして持っているわけです。

だから、久しぶりに飲むコーヒーは至福の味。
先日も、コーヒーを飲んだ時、思わず、涙ぐんでしまいました。
馬鹿でしょう?
いいんですよ。馬鹿で(笑)

コーヒー_歴史_香り

広島ブログ

リーダーは臆病な方がいい

2017年11月21日 火曜日

大胆なリーダーはカッコいい(笑)
映画やドラマのリーダーはそんな感じだし、そうでなければ画にならない(笑)
しかし、本当のリーダーは臆病な方がいい。
そうでなければ、その組織は長く持たない。
例えば、私は、プーチン大統領は臆病だと思う。
もちろん、これは、馬鹿にしている意味ではない。
臆病でなければ、彼はもう暗殺されているだろう。
彼は、臆病にいろんなことを考えている。
北方領土交渉が難しいのは、それが理由だ。
私は、プーチンが一番恐れているのは、北方領土を返還した後に、そこに米軍の基地をつくられることだと思います。
だから、返さない。
ロシア領のままにして、日本と資源開発なんかを一緒にやるのがベストなのだ。
プーチンだけでなく、継続して安定的基盤をつくっているリーダーはみんな臆病だ。
いけー、攻めろーなんてリーダーでは、その組織は、すぐに消えてしまうことでしょう。

無題

広島ブログ

ガチ口コミだけで生きる

2017年11月20日 月曜日

怪しい口コミサイトが多い(笑)
おそらく、金を使っていろんなことをしているのだろう。
だから、私は、口コミサイトをまったく信用しない。
TVのCMも信用しない。
そもそも、CMなど観ない(笑)
私が、信用しているのは、口コミだけ。ガチの口コミだけだ。
使って良かったとか、行ってよかった等の友人知人、信頼している評者の声だけを信用する。
私の仕事も、すべて口コミで成り立っている。
それだけで成り立っている。
「誰誰に聞いたのですが・・・・」とか「どこどこで聴いたのですが・・・」という依頼ばかりだ。
それでいい。それで充分だ。
まさに、現代の「一見さんお断り」ですにゃー(笑)
これは、偉そうにしているわけではなく、お互いに会う前から、信頼関係をつくる人間の知恵だと思います。

無題

広島ブログ

夏の終わりのハーモニー 2017

2017年11月20日 月曜日

NHKの「songs」で、井上陽水氏と玉置浩二氏の「夏の終わりのハーモニー」を聴いた。
31年ぶりに、2人で歌ったそうだ。
実に素晴らしかった。
私は、歌を聴いたというより、2人の31年間を見せて頂いたという感じだ。
2人とも、31年間にいろんなことがあっただろう。
特に、玉置氏は、病気になり、活動停止していた期間もある。
本当に、辛い時期もあっただろう。
そして、いろんなことを乗り越えた2人は、31年の時を超えて、再び出会った。
私も、こんな風に生きたい。
日々を誠実に重ね、再び、いろんな人に出会いたい。
いや、胸を張って再会できる人になりたい。
そう深く想いました。
陽水さん、玉置さん、安全地帯の皆さん、感謝です。
JPIC-20140618150608

広島ブログ

高齢者はウインドウ

2017年11月20日 月曜日

ウインドウズではなくウインドウ(笑)
単数形だ。
これは、どういうことかと言うと、高齢者と接する時は、ウインドウを一つだけにした方がいいということ。
解決すべきことを一つずつにした方がいいということだ。
最悪なのは、「AとBとCをしとくように言ったでしょう」とか「Aをして、それから、Bをして、そしてCをしてね」みたいな表現だ。
もちろん、高齢者でも、これができる方もいるが、多くの方はできない。
すべきこと、タスクを一つに絞り、そして、できたら、次をやるべきだ。
ウインドウをたくさん開くと、以前のパソコンだと、フリーズしてしまう。
高齢者にも、そんなことが起きるのだ。
たくさんのウインドウを開いて(複数の用事を同時に伝えて)、「言ったじゃないの!なんでしてないの!」なんて言っても仕方ない。
大事なのは、ウインドウを一つずつ開いて、一つずつ解決することだ。
そうすれば、フリーズしないで、順番に解決することが可能です。
高齢者の相手をする方は参考にしてみて下さい。
同時に、いろんなことを言っても、パニックになり、フリーズし、何もできないということになってしまいます。
49677

広島ブログ

正しい本の読み方

2017年11月19日 日曜日

正しい本の読み方なんてあるのだろうか?
いやいや、自由に読んでいいのでは?という意見もあるだろう。
もちろん、小説や、ノンフィクションは自由に読んだらいい。
自分の思い通りに読んだらいい。
しかし、自由に読むと困るのが、学術書だ。
これを、まったく自由に読んでしまうと、どうしようもなくなる。
学術書だけは、きちんとしたトレーニングが必要だ。
例えば、哲学書を自由に読むと、無茶苦茶なことになってしまう。
本当に哲学書を読もうとしたら、一日数ページしか進めない。いや、1ページくらいかもしれない。
学術書とは、本来そんなものなのだ。
きちんとしたトレーニングを受けないと、まったく理解できない。
理解できているつもりでも、まったく誤読していることも多いです。
もし、きちんとした勉強がしたければ、きちんとトレーニングを受けよう。
自己流では、基礎のところから間違い、応用部分もすべて間違ってしまう可能性がありますから。

無題広島ブログ

生き地獄を何とかする

2017年11月19日 日曜日

あの世の地獄があるかどうか私にはわからない。
あるという人もいれば、ないという人もいる。
確信をもって、「ある」と断言する人もいるが、それは、「ある」ではなく、そう信じているに過ぎない。
しかし、この世の地獄はある。
それもすぐ隣にある。
しかも、みんな隠したりするので見えない。
私は、いろんな家庭に関わっているので、そんな地獄を見ることがよくある。
外からは、とても美しく、何の問題もないように見える家の中で、地獄は繰り広げられている。
最近で言えば、健康に不安を抱え、金が底をついた、精神的な病を患っている息子の世話をしている90歳の女性に出会った。
本当に地獄だ。
まさに、凄まじい不安定な状況に彼女は置かれている。
私は、今、そんな彼女の状況を何とかしたいと思い動いている。
え?役所に相談すればいい?相談できる機関はいくらでもある?
いやいや、彼女は自分で生きてきた人。いろんなことを自分で乗り越えてきた人だ。
誰かに安易に頼ることを潔しとはしない方だ。
人間の心はそんなに単純で簡単なものではない。
しかし、何とかしたい。そんな思いで動いています。

無題

広島ブログ

震災支援ライブ in   和  鞆の浦シーサイドホテル   11月25日(土) 

2017年11月19日 日曜日

きたる11月25日(土)19時より、鞆の浦の ホテル  「和」(鞆の浦シーサイドホテル)で、YOU果報バンドのライブを開催します。
もし、お時間のある方は泊りに来てくださいませ。
日帰りでもOKです。
特典は、恒例の私と雑談できること(笑)
そんなのいらないなんて言わないのー。

2017090908010000

広島ブログ

東芝の悲劇

2017年11月18日 土曜日

本当に悲劇だろうか?
もしかすると喜劇ではないだろうか?
悲劇というのは、自分にはなんの落ち度もないのに降りかかるものだと思う。
例えば、ただ歩いていて、何らかの事件に巻き込まれる・・・・・これは悲劇だ。
トンネルの中に停車していて(前の車の事故等のせいで)、後ろから車が激突すれば、それは悲劇だ。
しかし、東芝の問題は、それとはまったく違う。
この本で書かれている通り、「人災」だ。
経営者の問題、ガバナンスの問題なのだ。
原子力事業がらみなので、東芝だけの問題ではなく、日本のガバナンスの問題なのだ。
これは、悲劇ではない。
起こるべくして起こったことであり、悲しむべきことではなく、たんなる必然なのだ。

無題広島ブログ

骨太の方針 2018

2017年11月18日 土曜日

これは別に政府の方針のことではない(笑)
個人の骨太の方針のことだ。
生きているうちにこれだけはする。これだけは譲れないというもののことだ。
皆さんにはあるだろうか?
私は、毎年、年末年始に京都の街を歩きながら、骨太の方針を再検討する。
ほとんど変わることはないが、年に一度再検討する。
死ぬまでの方針、それと、それに基づいたこの一年の方針を考える。
些末なことは考えない。それは、臨機応変に変える。
しかし、その臨機応変が大きく逸脱しないために、骨太の方針を熟考するのだ。
皆様も宜しければつくってみて下さい。
これを考えることにより、自分の大事なもの、残り少ない人生で何ができるかが見えてくると思います。

k_image広島ブログ

誤解の心理学

2017年11月18日 土曜日

この本は、自分がいろんな誤解を受けているなと感じているすべての方に読んで頂きたい。
自分はわかってもらえてない。
自分は理解されていないと感じている方に読んで頂きたい。
なぜかと言えば、そう考えている方は、自分もたいして相手を理解できていないからだ(笑)
相手も理解できていないかもしれないが、自分もできていない。
誤解というのは、お互いに生じるものだ。
そして、どちらかが、ものすごく理解力が高ければ、誤解は生じにくい。
それは、その人が、誤解が生じないように、ものすごく繊細にコミュニケーションを取るからだ。
誤解が生じるのは、お互いに、自分のことばかり言っている可能性が高い。
どちらかが、相手のことを思い、相手の立場を慮れば、誤解が誤解を生むことは少ないです。。

もし、自分は理解されていないと感じる場合は、自分は本当に理解できているか再検討してみて下さいませ。

無題広島ブログ

わからない

2017年11月17日 金曜日

私は、この言葉が好きだ。
わからないことは、わからないと言うことが大事だと思う。
世界のこと、人生のことは、ほとんどわからない。
わかっていることの方が少ない。
だから、わからないことはハッキリとわからないということが大事だと思う。
わかったふり
知っているふり
そんなことをしても意味はない。
それどころか、有害だ。
わからないことはわからない。
知らないことは知らない。
それでいい。
人間なんて、わからないことがほとんどです。
だから、人生は面白い。

無題

広島ブログ

普通という幸福

2017年11月17日 金曜日

私は、馬鹿話が好きだ(笑)
ただただ、馬鹿な話をするのが大好きだ。
なんで好きかって?
それは、昔、馬鹿話をする余裕もなかったから。
そんな精神的経済的余裕もなかった。
それに、一時期、声もでなくなったことがある。
話し相手もいなかったこともある。
だから、今は、馬鹿話をすることが最高に幸せだ。
他には何もいらない。
馬鹿話ができる余裕があり、大きな声がでることが最高に幸せだ。
え?そんなのわかんない?わかんねーだろうなー(笑)
声が再び出た時に、私はヘレンケラーのように泣きました。
さすがに、「う お - た  -」とは言ってませんが(笑)
無題

広島ブログ

親が助けてはいけない      今日もひきこもり相談

2017年11月17日 金曜日

もちろん、大きな危機で助けてはいけないという意味ではない。
そんな時に助けるのは、当たり前だ。
しかし、何でもない時、大したことない時に助けるのはヤバイ。
こんなことをしていると、どんどん弱くなる、強くなれない、依存的になってしまう。
もちろん、ごく短期間の休息はいいことだ。
しかし、それが長期化すると、子供はどんどん脆弱になる。自分で何もできなくなる、しなくなる。
というか、親がしてくれるので、自分がするというモチベーションがなくなるのだ。
モチベーションを削いでいるのは、親なのだ。
親が囲い込み、包み込み、どんどん子供を自分で生きれなくしている。
こんなことを言うと、「つきはなせと言うのですか?」との反論がくるが、YESだ。
もちろん、大きな危機で突き放せなんていっていない。
小さなこと、自分で乗り越えるべきことまで助けていると、どんどんダメになっていきます。

anzenkichi

広島ブログ

憲法改正  私案 試案 思案

2017年11月16日 木曜日

まず、1条から8条は削除する。ここで、右翼保守の方に怒られる(笑)
9条で、自衛隊すらもたないことを明記する。ここでも大変な批判が来る。
憲法上の義務規定をすべて削除する。
13条を、新憲法の第1条にする。
14条で、結果の平等まで保障する
25条で、生存権は具体的権利であることを明記する
96条で、憲法改正の発議は、各議院の総議員の5分の4とする。
いやー、こんなことを、共産党や左派の人々に提案してもらいたい(笑)
ただ、憲法を護るだけではなく、もっといい憲法にする提案をしてもらいたい。
もちろん、他にも無数に案を考えることが可能だ。
70年以上前のものをただ護るのではなく、アップデートすることが大事だと思います。
ウインドウズのOSは数年で変わるのに、国家のOSがまったく変わらないのは不思議です。
もっといいもの、もっと素晴らしいものに変える不断の取り組みが必要でしょう。

え?改正論議にのるだけで危ない?
それは、70年以上、もっといい憲法、もっと素晴らしい憲法に変える不断の努力を放棄してきたからでしょう。

無題

広島ブログ

ひきこもり青年の帰還 2017

2017年11月16日 木曜日

ひきこもり青年の帰還と書いたが、もうひきこもりではない。
みんな、自分で考え行動し、生きることができるようになって長野や沖縄や北海道から帰ってきた。
実に素晴らしい。
彼らの共通点は、「生まれ変わるためなら、何でもします」という心意気があること。
これがあれば変われる。必ず変われる。
いつまでたっても変われない人の特徴は、「あれはできない。これはできない。カッコ悪い」なんて言うところ。
こんな人はいつまでたってもダメ。
変わる前から、いろんな限定をつける。
肉体労働は嫌、清掃は嫌、介護は嫌、なんてことを言う。
これではダメだ。
どん底にいるのに、まだ選り好みをしている。
地獄から這い上がるためのロープにケチをつけるのだ。色が悪いとか言って(笑)
おいおい、まずは、ロープにしがみつこうよ。どんなロープでもいいじゃん。
まずは、ロープで這い上がる体力をつけることが大事です。

2ae6bbe2

広島ブログ

北野武氏が敬意を持たれる理由

2017年11月16日 木曜日

もちろん、彼の才能もあるだろう。
しかし、才能がある人は、他にもたくさんいる。
彼の違うところは、売れた後でも、自分の師匠や、自分を育ててくれた人を大事にしているという点だ。
これはなかなかできない。
多くの人は、売れると人間関係を変える。
売れる前から支えてくれた人との関係を切ったり、支えてくれた女性と離婚したりする。
こちらの方が多数かもしれない。
しかし、北野氏は、売れてからも、売れる前に自分を大事にしてくれた人を大事にし続けているのだ。
実に素晴らしい。
彼が、どんなに毒を吐いても、どんなにふざけても、敬意を持たれる理由はここにあるのだと思います。
人間のこんな姿勢は、すべて透き通って見える。
逆に、表面だけ飾る人はそれも透き通って見えるのです(笑)

無題

広島ブログ

私が,なりたい人にならせたくない職業

2017年11月15日 水曜日

それは、政治家と教師。
この二つは、なりたいと思う人はならせたくない(笑)
自分からなるのではなく、「あの人にならせたい」という人になってほしい。
あの人なら、国民のことを考えて生きてくれる、生徒のことを考えて生きてくれる。
あの人なら、自分のことより、国民、生徒のことを考えてくれるという人になってほしい。
自分は政治家に「なれる」、教師に「なれる」と考える人にはなって欲しくないのだ。
自分には、自信がない。
自分は、そんなことはできない。
そんな風に自信がない人の方がちょうどいい。

自分は「いい先生」になれる、「いい政治家」になれるなんて考える傲慢な人は願い下げだ。
それなら、自信がなく、謙虚で、いつまでも学び続ける人に、政治家や教師になってほしいです。

6ed2223f748b6e8cbc7d0ab93b06e4b2

広島ブログ

秋     桜

2017年11月15日 水曜日

私は、秋桜が好きだ。
これは、コスモスのことではなく、秋の桜のことだ。
4月の咲き乱れる桜ではなく、赤く染まった桜が好きだ。
毎年、こんな花見?いや葉見をしています(笑)
4月は人でいっぱいですが、今は誰もいない場所で、赤く染まった桜を見るのが大好き。
たまーに、偶然出会った同好の方?と桜の下でおしゃべりすると、とても幸せな気分になります。
私は、何かを買うより、何かを消費するより、こんなことが大好きです。
無趣味な私の、唯一の趣味かもしれません(笑)

どんだけ趣味がないねん!なんて言わないのー

c5ede07598cd028fb51ea872528e660c

広島ブログ

自分の後ろを見ないで見る

2017年11月15日 水曜日

私は、こんなことを大事にしている。
え?見えるわけないじゃん?鏡を使うのかって?(笑)
いえいえ。本当に見えるわけではありません。
それくらい神経を使い、イマジネーションを働かせるということ。
人間は、眼も耳も前を向いている。
前のことはいろいろわかる。
しかし、人間の後ろ側にはなんのセンサーもありません。
だからこそ、意識はそちらに向けておくわけです。
そうすれば、いろんなことがわかります。
もしよければ、皆さんもやってみて下さい。
仕事ばかりしている人は、家族のことが見えるようになるでしょう。
上司の顔色ばかり窺っている人は、部下のことが見えるようになることでしょう。

え?そんなものは見たくない。
それはそれでいいですが、いつか後ろから・・・・・・やられますよ(笑)

無題

広島ブログ

商品にならない

2017年11月14日 火曜日

今の世の中は、資本主義社会だ。
この社会は、すべてのものを商品化する。
何でもかんでも商品化する。
私は、それがとても嫌なのだ。体がなじまない。
だから、私が心掛けていることは、自分を商品にしないということだ。
例えば、いくら金を積まれても、納得のいかない仕事は受けないということ。
引きこもり相談で多額の金を積まれても、断ったりする。
それに、このブログも、1円にもならないが、もう三年も書いている。
商品になることを拒否して、自分がやりたいことだけをやっているのだ。
これが、私の資本主義社会を生きる流儀。
資本主義の流儀にのれば、もっと稼げるのですが、それでは、面白くないです。不器用ですにゃー(笑)

無題

広島ブログ

追憶

2017年11月14日 火曜日

これは、映画の話ではなく、私の追憶の話だ(笑)
昔、ある南の島を歩いていた時、年上の男性に話しかけられた。
そして、「にーにー、家に来ないね?」と言われた。
私は、即座に、「いいですよ」と言い、家に行った。
家に行ったが、別に何の話をするでもなく、ただ、雑談し、歌い、踊って、ご飯をご馳走になった。
そして、一週間が経過した時、彼は「もう、だいじょうぶだねー」と言った。
私が、「何がですか?」と聞くと、彼は「もう、死ぬ気はなくなったでしょう?」と言った。
私は、ドキッとし、「どうして・・・・」
そして彼が、「そりゃわかるさ。にーにーは昔の俺さ」と笑いながら言った。
私が、今いるのは、今、いろんな人の役に立てているのは、こんな人のおかげだ。
これが私の追憶です。
え?岡田准一の追憶について書けって?
それは、ご自分で観て下さい(笑い)なんだそりゃ

o0500071913931019463広島ブログ

20代は遊んでいてもいい

2017年11月14日 火曜日

理由はいくつかある。
一つ目は、マインドコントロールを解くため。
これは、親や世間や社会からかけられたマインドコントロールだ。
いい大学、いい会社に入り、結婚し、家族をつくるべきだというマインドコントロールだ。
20代まで遊んでいれば、これらは、すべて無関係になる(笑)

社会のレールから、完全に外れて、自分が思うように生きることができるようになる。
他人のことを気にせず、自分で考えて人生を設計することができるようになる。
二つ目は、私がいろんな人を見た感想で言えば、22歳から懸命に働いた人は、30歳くらいで、一度、大きな転換点を迎える。
人生に大きく悩んだり、自分はこれで良かったのか?このままでいいのか?なんて深い悩みに直面する。
どうせそうなるなら、20代はいろんな経験を積み、世界を拡げるのも一策だ。
世間に合わせよう合わせようと生きるとしんどい。
みんなから外れたなんて悩むことになる。
どうせなら、大幅に外れるのも手だ。
さあ。オフ コース しよう。自分だけの道をつくろう。

でも、それで失敗しても自己責任ですけどね(笑)

無題

広島ブログ

国民国家のリアリズム

2017年11月13日 月曜日

そろそろ、自衛隊のことを国民は本気で考えなければならない時がきている。
今まで、政治家と国民は、自衛隊員にすべてを背負わせながら、態度を明確にすることを避けてきた。
これは、私もそうだ。
自衛隊を宙づりな状態に置きながら、面倒なことを丸投げしてきた。
日陰の状態なので、労働条件の改善もきちんと行われてない。
もし、突発的な銃使用があった時に開かれるべき、軍法会議もない。
自衛隊員がケガをした時に治療をする軍医もまったく足りない。
まだまだあるが、おおざっぱな議論ばかりで、具体的な、詳細な議論は戦後72年まったくないのだ。
これでは、自衛隊員の方は、不安で仕方ないし、疲れきることだろう。
自衛隊員のいろんな事件も疲れきっているゆえに、起きてる可能性もある。
もう、本当に、議論すべき時にきている。
もちろん、自衛隊をなくすという選択肢もある。これはこれで一理ある。
選択肢は、自衛隊を本当に認め、具体的に、詳細に、自衛隊のことを考えるか、まったくなくすかどっちかだろう。
今のままではいけない。
宙づりのままでは、もう限界だと思います。

無題広島ブログ

わかりあうことはできない

2017年11月13日 月曜日

これが私の基本的認識だ。
では、何もしないのか?
そうではない。
わかりあうことに全力を挙げるということが大事なのだ。
お互いにわかりあおうと全力を挙げることこそが、わかりあうということなのだ。
お互いがお互いに、相手が全力を傾けてくれている、全身全霊をかけてくれている、それで満足するのだ。
わかりあえなくても、それで大丈夫。
人間関係、信頼関係はそれでできる。
今の自民党の問題、安倍総理の問題はまさにこれだ。
2012年政権発足当時は、野党や国民に理解してもらおうと全力を尽くしていた。
しかし、今は・・・・・・「説明はこれくらいでいいだろ?十分説明したじゃん」という感じになっています。

無題

広島ブログ

サッカーブラジル代表に学ぶ

2017年11月13日 月曜日

私は、サッカーに詳しくない。
技術的なことをよくわからない。
しかし、それでも、いろんなことを学ぶためにサッカーを観る。
今回の試合で、私が一番学んだのは、走ることだ。
とにかく走ること。
もちろん、ブラジルが無駄に走っているなんて思ってはいない。
しかし、ブラジルは、よく走った。そしてプレッシャーをかけた。
私は、「王者」があそこまで走るのかと驚いた。
しかし、本当の「王者」はそうなのだ。
「王者」は一番考え、行動するものなのだ。
私は、引きこもり支援でも、コンサルでも、両親や社長に走ること、動くことを求める。
しかし、ほとんどの方は、走らないし、動かない。考えてばかりだ。
いやいや、「王者」のブラジルでさえ走り回っているのに、凡人である我々が止まっている場合ではない。
まずは、走ること、動くことが大事だ。
こういうと、「では考えないのですか?」と問われる。まったく愚問だ。
走りながら考える、動きながら考えるんですよ。
こんなことをブラジルから再度、学びました。

無題

広島ブログ

人間は  二面性   三面性  多面性

2017年11月12日 日曜日

「あの人は、二面性がある」なんて言うと、これはおそらく批判するための言葉だろう。
しかし、人間は本当に一面性なのだろうか?
友人に見せる顔
上司に見せる顔
家族に見せる顔
猫に見せる顔
タクシー運転手に見せる顔
みんな違うはずだ(笑)
試しに、親友に見せる顔を、上司に見せてみるといい。たぶん怒られる(笑)
そう、みんな多面性なのだ。
二面性どころか、数えきれないくらいの多面性を持って生きている。
でも、それが、悪いわけではない。当たり前なのだ。
「あの人は、二面性がある」とは、批判ではなく、単なる事実なのだ。
もし、そういう人がいたら、「ヤクザの組事務所で、家族に見せる顔を見せてみて」と言ってみて下さい(笑)
まあ、多面性が制御できないと・・・・・それは病かもしれませんが。

1rittai1

広島ブログ

停電したら終わり  原油がこなくなったら終わり

2017年11月12日 日曜日

現代の生活は便利だ。
お金さえあれば、ほとんど困ることはない。
しかし、停電したら終わりだ。
本当にどうしようもない。
このことは、最近、いろんな場所で大地震が起きているのでわかる人はわかっている。
それに、原油が中東からこなくなったら終わりだ。
もし、厳冬に原油が来なくなったら終わりだ。
もちろん備蓄はある。しかし、それも数か月だ。
今の日本は、便利だが、こんなにも脆い。
原油が来なくなり→火力発電が止まり→電気が止まれば、終わりなのだ。
え?政府がきちんとやってくれる?いや、政府がきちんとやっても、中東が大変なことになれば、どうしようもなくなります。

無題

広島ブログ

神戸製鋼所 不正の五つの原因

2017年11月12日 日曜日

(1)収益評価に偏った閉鎖的な組織風土
(2)バランスを欠いた工場運営
(3)不適切行為を招く不充分な品質管理手続き
(4)契約に定められた仕様順守に対する意識の低下
(5)監視機能の欠如、品質ガバナンス機能の弱い本社を持つ不充分な組織体制
神戸製鋼所が分析した不正の原因はこの五つ。
私の言葉でこの五つを言い換えてみる。
(1)何十年も、金のことだけ、内部のことだけを考えていた。
(2)工場も、金のことだけ内部のことだけをアンバランスに考えていた
(3)品質なんてどうでもよく、金のことだけを考えていた。
(4)契約より、金のことを考えていた。
(5)監視やガバナンスより、金のことだけを考え、内部でなーなーの馴れ合いでやっていた。
要するに、五つに分けることも無意味。
たんに、お客様のことはどうでもよく、金のことと、内部のことしか考えていなかったのだ。何十年も。
五つに分析すると、なんか偉そうに見えるし(笑)、高度な分析をしているように見える(笑)
しかし、お客様そっちのけで、金儲けをしていただけなのだ。
これは、日産も同じ。
お客様の安全を確保する検査より、金儲けを優先させているだけなのです。

6

広島ブログ

よー、そこの若くないの!

2017年11月11日 土曜日

「最近の若いやつは・・・・」と言う人がいるが、それは間違っている。
もし、現在の日本が良くない状態なら、それは、私を含め「若くない人」の責任だ(笑)
若くない人が今の日本をつくり、それに若い人は苦しんでいる。
バブルも知らず、日本が上向きの時期を知らず、年金もほとんどもらえない。
こんな状況にしたのは、「若くない人」の責任だ。
戦後日本の高度成長を支えたのは、実は戦前生まれの人だ。
今をつくったのは、戦後生まれの人。
まさに、今が良くなければ、今の若い人がダメだと言うなら、それは、「若くない人」の責任なのだ。
しかも、その世代の数が多いので、若者は、選挙で勝つことができない。
民主主義では勝てないのだ。
よー、そこの若くないの!
もし、本当に未来を考えるなら、若い世代にお金を回す政策に賛同しよう。
子育て世代にお金を回す政策に賛同しよう。
たとえ、それが、自分たちのお金を削ることになったとしても。

51loCd0qJML._SS500

広島ブログ

有限の住人

2017年11月11日 土曜日

私は、有限の住人だ(笑)
限界がありすぎて困ってしまう。
あれも限界、これも限界、すぐに限界に突き当たる。
20代は、そんなことも気づかないで、自分を無限だと考えていた。妄想していた。まさに、馬鹿だ(笑)
笑ってくだされ。皆様。
今は、自分の限界、有限性が手に取るようにわかる。
自分の得意なこと、できないこと、すべて明確に線が引けるくらいわかる(笑)
これができることにより、人に任せたり、人とコラボできるようになった。
自分の有限性の認識、自分の欠落、限界をきちんと理解することにより、世界が拡がったのだ。
まさに、有限ゆえに、無限の住人になったのです(笑)
そう、自分でできないことは、人に頼めばいい。
みんなでやればいいだけなのです。
え?まだ足りない場合?
そんな時は、新しい出会いをすればいいのです。
そして、生きているうちに無理なら、未来の人にバトンを渡せばいいのです。
これが、有限の住人である私の、無限の理論です(笑)

51whvQ6UbcL広島ブログ

銀行員が消える

2017年11月11日 土曜日

三菱東京UFJ銀行が人員を2割削減すると発表した。
かなりの店舗を閉鎖するらしい。
しかし、これは、当然だ。
もっともっとなくなり、もしかすると、いや、もしかしないでも、本店以外すべて消滅するかもしれない。
これからは、いや、もうすでに、ネットがあれば、すべてできる。
店舗なんかまったく不要なのだ。
そもそも、ずいぶん前から、金融はヴァーチャルになっている。
現実の通貨なんかいらないし、すべてカードで決済できる。
銀行だけではく、どの業種でも、店員がどんどん削減されていく。
これからは、人間しかできない仕事以外は、どんどん消滅していくことでしょう。

無題

広島ブログ

逆襲する文明

2017年11月10日 金曜日

塩野氏が、真面目な書評を嫌がっている点が面白かった(笑)
大作を書き終わって、ヘロヘロになっている時に、真面目な書評ばかりでうんざりしている。
まさに、「ちがうだろ~」って感じだ(笑)
塩野氏自身が、面白可笑しく書いているのに、書評がどれも真面目。
書評を読むと疲れ切るらしいのだ(笑)
まさに、逆襲する塩野氏(笑)
確かに、日本の書評(新聞等の)は真面目過ぎる。
あれでは、知識人(死語か?)以外の人は読まない。
書評を読んだら、読む気をなくす。
すこしは、映画の予告編を参考にしてほしい。
映画の予告編は、本編がどんなにつまらなくて、面白そうに編集してますから(笑)
(もちろん、塩野氏の本がつまらないという意味ではないです。)

無題

広島ブログ

政治家を先生とは呼ばない

2017年11月10日 金曜日

私は、政治家を絶対に先生とは呼ばない。
先生とは、本来、納税者のことだ。
日々働き、いろんなサービスを作り出し、納税している人が先生だ。
政治家や官僚は、その果実を「分配」しているに過ぎない。
このことは、何度確認しても足りない。
政治家や官僚は、ただ分配しているだけで、分配するものをつくりだしているのは、納税者だ。
この認識の逆転が、日本をダメにしている。

だから、私は政治家を絶対に先生とは呼ばない。
納税者のことを先生と呼びます。

以前、ある政治家をさん付けで呼んだら、とても不機嫌になられました(笑)あはははは
無題

広島ブログ

マイナス部分を大事にする   マイナス×マイナスは大きなプラスです

2017年11月10日 金曜日

私は、自分のマイナス部分をとても大事にしている(笑)
経歴で言えば、
大学を中退したこと
引きこもったこと
うつ的になったこと(診断を受けてないのでうつ病とは断定できない)
アトピーになったこと
声が出なくなったこと
栄養失調になったこと(あまりの栄養バランスの悪さでなりました)
司法試験に3回落ちたこと
何度も骨折しているし、階段から落ちたこともある(笑)
いやー、いろいろあるが、すべて財産だ(笑)
こんな経験のしているから、いろいろわかることも多い。
こんなことがなければ、私は、何もわからない人間だったことだろう。
おそらく、うつの人を=弱い人なんて言っていたに違いない(笑)
プラスの話なんか面白くない。
そんなもので盛り上がれるわけはない。
マイナスをマイナスのままにしてはもったいない。マイナスは財産だ。
これがあることにより、強くなれるし、いろんな人の苦しみもわかるようになります。
マイナスをもっと表に出そう。財産を活用しましょう。

41E6T4XFAFL._SX305_BO1,204,203,200_

広島ブログ

日本思想の古層

2017年11月9日 木曜日

私は、梅原猛氏をものすごく尊敬している。
その理由の一番は、自分で考える思想家だというところだ。
え?思想家は自分で考えるものでしょう?なんて言う人は、シロウト(笑)
日本の思想家と言われる人は、西欧の思想東洋の思想のパクリばかりだ。
西欧の思想家東洋の思想家の翻訳をしたり、解説をしたりばかりだ。
誰誰はこう言っている、なんてことばかり語っている。
西欧は上で、日本は下なんて、いまだに考えている。
他人の思想の解説する人=思想家なんて思っている。
違う違う。
思想家とは、それまでの知的遺産を踏まえ、自分で考えるのが思想家だ。
知的遺産を踏まえないと、それは単なる思いつきでしかない。
梅原氏は、西欧哲学から研究をスタートし、日本の思想を学ぶようになり、まさに、梅原思想、梅原学のようなものを作り上げた。
ここを私は、一番尊敬します。

無題 513VZWKB6GL._SX329_BO1,204,203,200_ 513ZIAQsbjL._SX352_BO1,204,203,200_ 広島ブログ

まだよくわからない

2017年11月9日 木曜日

事件が起きると、すぐに解説する専門家?がいる。
しかし、そんなにすぐにわかるものだろうか?
その日や次の日に解説できるものだろうか?
私には、とても不思議だ。
わかりやすい解説で、なんとなくわかった気持ちになってしまう。
しかし、本当にそうだろうか?
オウム真理教事件
相模原障がい者殺害事件
このたびの、座間の事件
私には、よくわからない。
もちろん、簡単に解釈することは可能だ。
しかし、それで、本当に理解することはできるのだろうか?
私は、ずっと、「まだよくわからない」という感覚を抱えていたい。

いろんなものは、そんなに簡単に理解はできないと思います。

無題無題無題

広島ブログ

お金より信用

2017年11月9日 木曜日

これからの時代は、信用が大事になってくる。
信用の価値がものすごく大事になってくる。
そもそも、お金も信用だ。国家の信用がなくなれば、紙くずになる。ハイパーインフレだ。
国家も信用、企業も信用、人間も信用だ。
信用があれば、お金も生み出せる。
人間関係もつくれる。
何もかもが、信用から生み出されるのだ。
しかし、信用は難しい。
人から信用してもらうのは難しい。
これは、ものすごい時間と取り組みが必要です。

いろんな世界で、二世が重用されるのは、親が積み重ねた信用を使えるから。 二世が信用を大事にしないのは、信用をつくる大変さがわかってないからです。

2017102511360000広島ブログ

FAKEな平成史    世界は一つではない  

2017年11月8日 水曜日

私は、森達也氏が好きだ。
それは、世間の多数意見とまったく違う意見を持っているから。
私は、多種多様な意見が、社会にはあった方がいいという考えだ。
天皇を中心にした国家を求める人がいてもいい。
共産主義を目指す人がいてもいい。
まったく、政治に関心がなくてもいい。
森氏は、今の主流の考えにいつも反抗している(笑)
オウム真理教が全盛の時で、オウムに批判が強い時に、オウム側(ここは大事だが、彼はオウムを支持しているわけではない)から撮影したりする。
要するに、別の視点、視点の移動をしてくれるのだ。
人間は、いろいろ見えているようで、見えていない。
見えていないのではないか?という想像力が大事なのだ。
私は、彼から、そんなことを学びました。
森氏の「A」「FAKE」は面白いですので、ぜひ観てみて下さいませ。
報道とは違う、別の風景が見えてくることでしょう。

無題
41FQA66CCFL

広島ブログ

冬の脱水に気をつけましょう

2017年11月8日 水曜日

先日、内田裕也氏が脱水で緊急搬送された。
え?この時期に脱水?
そう、寒い季節も脱水の危険性があります。
それは、エアコン。
エアコンは、とても便利ですが、とても空気を乾かしてしまいます。
濡れたタオルをかけておいても、すぐに乾くのがその証拠。
高齢者の身体は、乾いてます。基本的に水分が不足しています。
だから、すぐに脱水になってしまいます。
この対策で一番いいのは、加湿器。
もし難しければ、濡れたバスタオルを部屋にかけておいて下さい。
あと、水分補給も忘れずに。エアコンは便利ですが、怖いです。
o0565023713841397669

広島ブログ

良質な睡眠の重要性

2017年11月8日 水曜日

睡眠は大事だ。本当に大事だ。
いろんな病気が、睡眠から始まっていることも多い。
特に、精神的な病は、睡眠から始まることは多い。
私も、20代にまったく眠れない経験をし、その後、精神的にどんどんおかしくなっていったので、とてもよくわかる。

今、いろいろ体調が悪い方は、睡眠を見なおそう。
眠り方全体を見直そう。寝る時間、寝具・・・・・いろんなことを再検討しよう。
それだけで、とても元気になる場合もあります。

無題
広島ブログ

まねる力

2017年11月7日 火曜日

私は、まねっこだ(笑)
パクリ魔だ。コピー人間だ。
別に、これを卑下しているわけはない。
私のような凡人には、オリジナルなどない。すべてまねなのだ。
しかし、そもそも、人間はまねで発達する。
赤ちゃんは、親のことをまねて、言葉をしゃべるようになる。
いろんなことができるようになる。
新入社員は、先輩のまねをして、いろんなことを覚えておく。
そう、すべてはまねなのだ。
まねして、まねして、まねして、その限界でこそ個性が出てくる。
いやいや、個性なんか無理に出さなくてもいい。
まねで十分だ。
まね方にも個性が出ますから(笑)

無題

広島ブログ

自転車の対策を急ごう    無灯火では車からまったく見えない

2017年11月7日 火曜日

自転車が危ない。とても危ないと私は思う。
自動車ももちろん危ないが、いろんな安全対策が取られてきている。
しかし、自転車はほとんど手つかずだ。
1、自転車運転者は免許もなく、道路交通法規に対する知識が少ない。(イヤホンで音楽を聴きながら走ったりする)
2、自転車保険に入っていない方が多く、事故時に賠償金が支払いできない。(1億円の賠償もあり得る)
3、自動車と事故の時、自転車が悪質でも、自動車の方が悪くなる。
4、警察は自転車の取り締まりを自動車ほど行わない。(おそらく、手柄にならないのだろう)
これらを、なんとか改善しなければ、自転車事故は減らない。
今、自転車が一番危ない。
自転車が二台並んで逆走してくることに恐怖を感じているのは私だけでしょうか?

無灯火の自転車に震えているのは私だけでしょうか?

170517_3

広島ブログ

「息子が引きこもっています」

2017年11月7日 火曜日

町内会の集会で、こう語った父親がいる。
勇気を振り絞って語ると、思いもかけないことが起こった。
なんと、その町内に、3人も引きこもりを抱えた家族があったのだ。
そこから、その4家族は結束して、今、未来に向け頑張っている。
いやーこんなものだ。
みんなカッコつけてなかなか言えないが、多くの人が苦しみを抱えて生きている。
少しだけ前に、少しだけオープンに生きれば、味方が生まれる。仲間が生まれる。
最悪なのは、抱え込み、隠すことだ。
もちろん、隠したい気持ちはわかる。
しかし、それは、悪化への道。最悪への道だ。
いろんな問題を解決したい場合は、オープンにしよう。
小池都知事の当初の政策も、ブラックボックスをオープンにするというものだった。
しかし、小池氏は、自分の決定がブラックボックスだったのだが・・・・(笑)

無題

広島ブログ

情報とは、敵「情報」告のことである

2017年11月6日 月曜日

私は、日本が軍事大国になることには反対だ。
核武装も反対。
だからこそ、情報がものすごく大事だと考えている。
小さな国であればあるほど、情報をきちんと収集し分析しなければいけない。危ない。
しかし、戦後の日本は、アメリカに丸投げできた。
アメリカの傘の下、軍事ネットワークの中にいたので、情報なんてどうでもよかった。
アメリカからもらえるものと考えていた。
しかし、冷戦が終わり、アメリカの衰退が明らかな現在では、自国で情報を集めなければ危ない。
情報がなければ、アメリカが大量破壊兵器がある!と言えば、イラクの時のようにそれを信じるしかない。
小さな国であるほど、情報は必要だ。情報に過敏でなければいけない。
これは、小さな企業も同じ。
東電や東芝は、最後は国家が助けてくれる。だから、情報などどうでもいいと考えている。
しかし、小さな企業は、情報こそ命です。
無題

広島ブログ

ヒトは「いじめ」をやめられない

2017年11月6日 月曜日

「いじめはいけない」
「いじめはやめよう」
「いじめを撲滅しよう」
まったく同感だ。異論はない。
しかし、そんなスローガンで「いじめ」は減少しているだろうか?
いや、ほとんどの人は、「いじめ」は凶悪化し、酷くなっていると感じてると思う。
「いじめ」というレベルではなく、殺人、暴行、脅迫・・・・・犯罪になっていると感じていると思う。
私もそうだ。
ということは、スローガンを掲げるだけでは足りないということだろう。
私は、そんなスローガンより、いじめはどこでもあるものだという認識が大事だと思う。
もちろん、これは、いじめ肯定論ではない。
そうではなく、あるものとして、どう凶悪化させないか、どう陰湿化させないかを考え対策するべきだ。
ないものとして考えたり、ただなくそうとすると、隠そうという動きが生じる。
隠すのではなく、どう発見し、どんな対策を迅速に打つかを考えることが大事だと思います。
先生も、親も、教育委員会も、ジャーナリズムも「いじめはあるもの」として、いつも真剣に見守ることが大事でしょう。

これは、「いじめ肯定論」ではなく、いじめをないものと考えたり、隠蔽したりすることを否定する考え方です。

無題

広島ブログ

凡人の生き方

2017年11月6日 月曜日

私は凡人だ。凡人中の凡人。
才能は何もない。男前でもない(笑)
そんな凡人が生きていくには、考えて考えて考え抜いて、継続していくしかない。
これしかない。
考えることは才能がなくてもできる。
継続することは才能がなくてもできる。
気持ち次第だ。
才能がある人は、いろんなことに気が散りがちだ。
いろんなことができるので、何かに集中することが少ない。
しかし、才能がなければ、一つにしがみつくしかない。これは悪いことではない。
1つのことに集中することは極めて大事なのだ。
凡人はこう生きるしかない。
しかし、考え抜き、それを生涯継続すれば、とんでもない場所までいくことが出来るでしょう。

無題広島ブログ

東大から刑務所へ

2017年11月5日 日曜日

これは抜群に面白かった。
東大出身で、刑務所に入ったことのある二人の対談だ。
堀江貴文氏と大王製紙元会長 井川意高氏。
井川氏の有罪は明確。会社の金を使い、ギャンブル三昧。まさに背任罪だ。反論の余地はない。
しかし、問題は堀江氏。私は当時から、何が犯罪かよくわからない。
この本でも、堀江氏は述べているが、すべての案件で、専門の弁護士のアドバイスを受け、違法性があると指摘されたことはやっていない。
弁護士が大丈夫と言った案件しか着手してないのだ。
確かに、かなり目立っていたし、ギリギリのことをしていたし、はじめてのことをしていた。
しかし、実刑をくらうほどではない。
違法性と言うより、出る杭が打たれた感じだ。
もし、堀江氏を実刑にするなら、東芝の経営陣を実刑にしなければおかしい。
東電の経営陣を実刑にしなければおかしい。
彼らの方が、どう考えても巨悪だ。
しかし、東芝も東電も国策企業。まさに、国家そのものだ。
だから、守られる。
しかし、こんなことでいいのだろうか?

無題広島ブログ

異常だと思っても、異常とは言えない

2017年11月5日 日曜日

異常とは、常と異なることだ。
常識を逸脱することだ。
そういう意味で、異常な事件がいろいろ起きている。
しかし、難しいのは、普通には「異常」と言ってもいいが、裁判では、「異常」とは言えないことだ。
弁護士が被告人の「異常性」を主張してくるが、裁判官、検察官は、被告人は「正常」だったと主張せざるをえない。
そうしなければ、不可罰になるからだ。
ここは、とても難しいくて、苦しい所だ。
「異常」だと認めると、刑法39条で、不可罰になるのだ。
なかには、この条文を知って、事件を起こす人もいる。
この条文で、無罪を勝ち取ろうとする弁護士もいる。
検察官は、その中をかいくぐり、有罪の証明、精神喪失状態ではなかったという証明をしなければならない。
そろそろ、刑法39条を再考すべき時期にきているのかもしれません。
無題

広島ブログ

希望の物語 絶望の物語

2017年11月4日 土曜日

私は、安易に希望を語る人を信じない(笑)
今の時代に、そんなに簡単に希望はない。
そんな時代に、安易に希望を語る人は、詐欺師だ(笑)
私は、まず、徹底的に、絶望を語ることが大事だと思う。
それも、下を向いて絶望を語るのではく、前を向いて絶望を語るのだ。
そして、その絶望をきちんと見て、そこから、希望を探す。
いや、自分自身がどう希望になるかを、自分で考え行動することが大事だ。
希望は、どこかにあるのではない。
誰かが希望を与えてくれるのではない。
自分自身が希望なのだ。
それには、まず、絶望を通り抜ける必要がある。
絶望を通り抜ける気力体力のある人こそが希望になれるのだと思います。

無題

広島ブログ

西島秀俊もスパイなのだろう

2017年11月4日 土曜日

いや、公安なのかもしれない。
これは、本当のことではなく、ドラマ(「奥様は、取り扱い注意」)のこと(笑)
私は、金城一紀氏の脚本がとても好きだ。
その理由は、内容以前に、オリジナルだから。
今のドラマ(映画もそう)は、あまりにもオリジナルが少なすぎる。
だからこそ、オリジナルで勝負する脚本家の方を尊敬している。
オリジナルである時点で、尊敬する。そして、面白いのだから、大尊敬する。
綾瀬はるかに、ラブコメ+格闘(「精霊の守り人」)を合わせたことだけでも面白い。
西島秀俊は今のところ、ラブコメ。
しかし、終盤に向かって、いろんな過去がわかってくるはずだ。
おそらく、公安警察なのではないかと、私はにらんでいます(笑)
そして、夫婦で戦い・・・・・・・バッドエンドと思わせて、ハッピーエンド。
オリジナルは結末がまったくわからないので、これも好きなところ。
さあ、予想が当たるでしょうか?
いやいや、外れるところが、オリジナルの醍醐味です。
私は、映画、ドラマ、舞台・・・・何でも、オリジナルをゼロから作り上げる才能を尊敬します。

026ff02e535fc989cacfa24af95469e4-e1503889065420

広島ブログ

父親に会えばすべてわかる  2

2017年11月4日 土曜日

先日、引きこもり本人の問題(男性の場合)は、父親に会えばすべてわかると書いたが、そもそも、面談に参加しないという父親も多い。
私は、そんな場合、依頼自体を断るのだが、父親が自分の責任を感じてないのだ。
自分にまったく悪いところ、自分に足りないところがあると感じてないのだ。
そんな場合は、子供も同じ。
すべてを、親のせいだとか、社会のせいだとか思っている場合がほとんどだ。
実は、そっくりなのだ。
親子そろって、自分は悪くないと考えている。
ここで苦しむのは、お母さんだ。
息子から、お母さんのせいだと言われ、ご主人から、お前がきちんと育ててないのが悪いのだと言われ、苦しんでおられる。
まず、大事なのは、父親が自分の責任、落ち度を心底理解することが大事だ。
それができれば、奥様にも、息子さんにも優しくなり、気持ちと時間をかけるようになります。
これが、解決へのスタートラインです。
父親が面談に来ない時点で、解決する気持ちはゼロですというメッセージなのです。
だから、どんなにお母さんが一所懸命でも、私は依頼を受けません。

無題

広島ブログ

私設図書館 ドキュメント72時間

2017年11月3日 金曜日

今回のドキュメント72時間は、京都にある私設図書館。
いやー、懐かしかった。
大学時代によく立ち寄り、読書をした。
本当に静かで、みんなガチで勉強してるので、何人かが私語をし、怒鳴られてるのを見たことがある(笑)
それくらい静かで、みんな真剣に学んでいる。
私は、ただ、本を読んでいた。別に、何かの資格を目指していたわけではなく、読書していた。
あの真剣な静寂が好きだったのだ。
久しぶりに、TVで拝見し、ほとんど変わってないことに驚き、嬉しくなりました。
いや、NHKさんすごいです。感謝。

x2017-10-04_163724.jpg.pagespeed.ic.X7Qotz2sKQ
広島ブログ

運転で人が変わるのではない

2017年11月3日 金曜日

本性がでるのだ。
運転している時が、その人の本当の姿なのだ。
だから、私は、人を判断する時に、その人の車に乗ってみる。
そうすると、日頃は穏やかな方が、舌打ちをしたり、文句を言い始める。
それが、本当のその人なのだ。
運転をすると、その人の無意識が(本当のその人)すべて出る。
運転の方に気を取られて、その人の素と言うか、地金が出るのです(笑)
もう一つは、タクシーのドライバーにどう接するか見ると人間がよくわかります。
日頃、丁寧な方が、ドライバーには突然横柄な対応をしたりしますから(笑)

これが、私の人間の見方です。

無題

広島ブログ

「金くれー 金くれー」

2017年11月3日 金曜日

これは、私の知人の息子さんの口癖だ(笑)
祖父母や両親に会うたびにこればかり言う。
しかし、これは、その息子さんが悪いわけではない。
そんな風に育てた方が悪いのだ。
その家庭では、何でも金を出して解決していた。(本当の解決ではない)
金で誤魔化してきた。
話し合いを避け、何でも金で済ませてきた。
その帰結が、「金くれー 金くれー」だ。
何事も金がなければできなくなった。
どんな時も、まずは金の話だ。
これは、その息子さんのせいではない。
祖父母や両親が、そんな風に育てたのだ。
だから、まさに、理想的に育ったとも言えるわけです(笑)

shutterstock_243817951-700x336

広島ブログ

きょうも映画作りはつづく

2017年11月2日 木曜日

本当に映画愛に溢れる本だ。
この本すべてに映画への愛が溢れてる。
映画監督への愛、役者への愛、裏方さんへの愛、いろんな愛が迸る。
人生で、こんなに愛せるものに出会えた行定さんをとても羨ましく思う。
この本は、行定さんの「ニューシネマパラダイス」
読んでいる私も、一緒に夢を見ている気分でした。
この本は、
今、夢を見ている方
夢を失った方
夢を探してる方
すべての人に読んでいただきたい本です。

無題広島ブログ

人の考え方はここまで違う    

2017年11月2日 木曜日

私の知人に、二人の耳の聴こえない方がおられる。
お二人とも、人生の途中で、完全に聴力を失った。
もちろん、聴力を失ったことに関しては、お二人とも強いショックを受けられた。
これは同じだ。
しかし、その後の人生はまったく違うものになっている。
一人の方は、眼が見えること、耳以外が元気なことに深く感謝をされ、手話や読唇術をマスターされ、いろんな人のために生きている。
だから、友人も多く、とても明るい。
もう一人の方は、聴力失ったことを悲観し、筆談してくれる人ばかりをもとめ、自分の方ばかり向いてほしいと思っておられる。
自分は不幸だ。自分は・・・・自分を・・・・・とばかり考えておられる。
だから、友人は離れていき、とても暗い。
人間は、同じ事態に陥っても、これくらい違う。
同じことの見方、受け止め方がこれくらい違うのだ。
皆さんなら、どうされるだろう?どう生きるだろう?
無題

広島ブログ

薬はあまりのまないほうがいい

2017年11月2日 木曜日

もちろん、すべての薬を否定しているわけではない(笑)
しかし、不要な薬も多すぎる。
儲かるから大量に出している医師や薬剤師も多い。
その結果、膨大な費用がかかるし、とんでもない副作用がでる。
私の知人の中にも、薬で劇症肝炎になった人、味覚障害になった人、うつ病が悪化した人、そんな人がかなりいる。
みんな、薬を停止したら、何もなかったかのように、前に戻った。
肝炎は治癒し、味覚は戻り、眠気がなくなり、気分が回復した。
私には、風邪薬さえ、なぜ出すのかわからないくらいだ。
軽症の風邪の時に、風邪薬をのむ医師はどれくらいいるのだろうか?
薬はできるだけのまない方がいい。
今、のんでいる薬を再検討したほうがいいです。

もちろん、絶対にのむべき薬はのんで下さいね。それまで否定しているわけではありません。

無題
広島ブログ

ひとりぼっちこそが最強の生存戦略

2017年11月1日 水曜日

人にはそれぞれの生き方がある。
別にどれがいいわけでもない。
自分に合った生き方を選べばいい。
苦しいのは、自分がそう生きたくないのに、親や他人や世間に合わせて生きることだ。
こんなことをしていると、いつか息詰まる。
どうしようもなくなる。
やりたくないこと、したくないことをしていると、無理がかかり、爆発する。
私は、そんな人を大勢見てきた。
いい子を演じ、いい人を演じ、どんどんストレスを溜め、壊れてしまった人を。
別に、友達なんかいらない、人に合わせない。
そんな生き方もいい。
自分が生きたいように生きればいいと思います。

無題

広島ブログ

父親に会えばすべてわかる    今日もひきこもり相談

2017年11月1日 水曜日

引きこもり本人が男性の場合、父親に会えばすべてわかる。
ほぼ、父親そっくりだ。
これは、顔のことではなく、精神的なこと、性格的なことだ。
父親が偉そうな人なら、子供もそんな感じ。
父親が子供に無関心なら、子供もそんな感じ。
父親の感受性が低ければ、子供もそんな感じ。
父親が会話しなければ、子供もそんな感じ。
引きこもりの場合、遺伝も環境(ずっと家にいるから)も親なので、まさにそっくりだ。
コピーしているのだ。しかも、悪いところばかりを。家の中での父親のコピーだ。
父親に会えば、子供の抱えている問題はすべてわかると言っても過言ではない。

父親が明るく、友人が多く、子供に深い関心をもち、謙虚な方で、子供が引きこもるというケースはまずないと思います。

110515_13

広島ブログ

伝え方が10割(笑)

2017年11月1日 水曜日

佐々木圭一さんすいません(笑)
私は、10割だと思います。
伝え方=愛情なのだと思います。
例えば、世界中の人が正しいと思うことがあると仮定します。
しかし、伝え方が乱暴なら、怒りだす人が出てくるでしょう。
「お前の言っていることは正しいが、なんだその言い方は!」ということになる(笑)
だから、伝え方自体が愛情であり、すべてと言ってもいいと思います。
小池百合子氏は、「排除」という言葉を口にした。
これは、まさに、伝え方が10割という典型例でしょう。
例えば、排除ではなく「希望の党の綱領規約に同意して頂けた方に入党して頂きます」と言えばよかった。
それなら、誰も批判はできませんから。
「立ち入り禁止」ではなく「staff only」 ですね(笑)

無題
広島ブログ

▲ページの先頭へ戻る