広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 異次元へ

異次元へ


これは、自分を成長させたい、自分を変えたいと思っている方、すべてが読むべき本だ。
実に素晴らしい本。
たくさん学ぶことが多い本だが、私が一番関心したのは、菊池選手の守備位置の話だ。
菊池選手の守備位置は、一般的な守備位置より深い。
今までの常識では、もっと前で守るものだった。
それを、菊池選手が疑い、深い位置で守るようになった。
そのメリットは、守備範囲が広くなることであり、デメリットは、送球に時間がかかるということだ。
それを、自分の肩の強さと相談しながら、今の守備位置を考え出した。
実に素晴らしい。
これは、いろんなことに応用できる。
「常識」「型」をきちんと踏まえた上で、自分に合うように考えて変える。
これは、何にでもとても大事なこと。
今までがこうだから・・・・、それが常識ということを疑い、自分なりの答えを出す。
これは、極めて大事なことだと思います。
その他にも、素晴らしいアイデアが詰まった本です。
ぜひ一読下さい。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る