広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 論語 菜根譚 言志四録

論語 菜根譚 言志四録


毎年、ゴールデンウィークは、論語、菜根譚、言志四録等々を読み返すことにしている。
時間に少し余裕ができるので、これらを読んで、自分の立ち位置を再確認する。
自分のためだけに生きていないか?
金のためだけに生きてないか?
自分に嘘をついてないか?
いろんなことをチェックする。
これが、前期の慣例だ。
私は、一年を前期(正月からGW)、中期(GWから盆)、後期(盆から年末)の三期に分けている。
そして、前期の終わりには、上記の本を読んで、中期、後期に備えることにしています。
皆さんにも、北極星のような本はありますか?
その本を読めば、自分が世界のどこを歩いているかわかるような本が。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る