広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 文部科学省の意向

文部科学省の意向


日本の学校関係者は、みんな文部科学省の意向を気にしている。
どんな方針が出るのか気にしまくっている。
方針に従わなければ、補助金助成金を切られるからだ。
これで、研究、教育がきちんと行えるだろうか?
大学にきちんと行かなかった私でも不安になる(笑)
これには、根本的に二つの理由があると思う。
一つは、西欧と違い、日本の大学は、国家ができた後にできている。
国家ありきの大学なのだ。だから、「帝国大学」ということになる。
今でも、「旧帝国大学」なんて言ったりする。
最初から、大学の運営が、国家の支配下にあるのだ。
そして、二つ目は、大学にその支配下から抜け出す気がない。
自分たちで、金を稼ぎ、自主独立でやる気がない。
補助金助成金に頼ってばかりなのだ。
これでは、文部科学省から、国家から自由に研究することは永遠にできないだろう。

無題無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る