広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 大好き「だった」お父さん

大好き「だった」お父さん


この言葉をひきこもりの現場でよく聞く。
この言葉で大事なのは、もちろん「だった」だ。
お父さんが昔は好きだったのに、今は大嫌いになってる。
それはなぜか?
簡単に言うと、子供の命の危機に、仕事だとか理由をつけて「逃げた」からだ。
コミットしなかったからだ。
ここで、信用がゼロになった。
大嫌いになった。無関係になってしまったのだ。
こんな親子関係をよく見る。いや親子無関係だ。

そんな関係 そんな無関係になっているのに、父親は鈍感で気がつかない。
ここに絶望しているのです。
大好きなお父さんが、大きな危機で助けてくれないなんて・・・・・これでは絶望してしまいます。

img_d6b994604c3ec3388c7630846eac9a24125007

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る