広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 生き残る芸能人のすごい処世術

生き残る芸能人のすごい処世術


著者は、梅沢冨美男氏を絶賛し、水嶋ヒロ氏をこき下ろしている(笑)
その理由は、梅沢氏は、TVに出ているような人物ではないらしい。
実は、年下にも謙虚で、礼儀正しく、勉強熱心。
自分がTVでどんな「キャラ」を求められているかをディレクター等に聞き、それを演じているのだそうだ。
だから、ディレクターやプロデューサーも、彼をどんどん使う。
共演者からの評判もすこぶるよく、若手からの信望も厚い。
逆に、水嶋氏は、現場で、ものすごく、態度が大きく、難しい人らしい。
まわりは関係なく、自分を通す人らしい。
だから、使いにくく、なかなかオファーがない。

よくオファーがくる人には、その理由があり、表舞台から遠ざかる人には、その理由があるわけです。
ここから考えるに、マツコ・デラックスさん、坂上忍さんも、裏では、とても丁寧な対応をされているのだと推察できます。
何事でも、長く継続し、活躍するには、明確な理由がある。
この本は、とても勉強になりました。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る