広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 先を読む  俯瞰してみる

先を読む  俯瞰してみる


私は、遠藤保仁選手をとても尊敬している。
その理由は、生まれながらの才能に恵まれてないのに、世界の第一線で活躍し続けたからだ。
彼は、サッカー選手として、身体的にまったく恵まれていない。
体は大きくないし、フィジカルは弱いし、足も遅い。
これだけ考えると、とても活躍できそうはない。
しかし、それを補って余りあるほど、クレバーで、考えて考えて考え抜く選手なのだ。
常に先先を考え、とても大事に場所にいる。
俯瞰し全体を見渡しているので、スペースに即座にパスが出せる。
基本技術を「無意識レベル」まで習得しているので、倒されながらでも、トラップやパスができる。
常に冷静で、動揺することがないので、PKで確実に決められる。
これらは、生まれながらの才ではなく、後天的に、自分で考えて習得したものだ。
私は、こんな人物をとても尊敬します。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る