広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 善悪のはざま

善悪のはざま


勧善懲悪のドラマは人気だ。
しかし、現実には、善と悪はそんなにわかりやすいわけではない。
ほとんどの場合、こっちから見れば、善だが、あっちから見れば、悪という場合が多い。
例えば、酒を呑みすぎるのは悪と言えるが、まったく呑まないと、それでストレスが溜まる(笑)
酒は善にもなるし、悪にもなるだけのこと。
親が子供を保護するのは当たり前だ。
しかし、過剰に保護すれば、どうなるだろう?
自分で何もできない、自己決定できない、極めて自己否定感の強い人間になる。
善と悪は、きっちり線引きできるものではなく、地続きなのだ。
だから、私たちは、いつも、善悪のはざまを生きる。
その間を漂って生きているのだと思います。

2017121316150000

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る