広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 生を見せる 死を見せる

生を見せる 死を見せる


BSで「仲代達矢  命に向き合う」を観た。
84歳の仲代氏が、長時間の舞台に挑んでいる。
55歳で演じた役を、85歳で演じようとしている。
じつに凄い。
しかし、体が動かない。
セリフが入らない。
そんな状態でも、彼の気持ちは折れない。
戦争への想い、亡き妻への想いが彼を支える。
84歳の彼が、のたうち回って演じる姿はとても崇高なものだ。
それを、無名塾の劇団員が見る。
まさに、仲代氏は、自分の生と死のすべてを若い人に見せている。
若い人は、それを見て、さまざまなことを学ぶ。
実に素晴らしい。
これを観ながら、引きこもり家庭でも、お父さんが、少しでもそんな姿を見せてくれたらなーと心底思いました。
親の生と死のすべてを見せることこそ、ひきこもり苦しんでいる子供さんにとっては大事です。

3485342広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る