広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 広島県警へのお願い    署内での盗難事件さえ解決できないのなら

広島県警へのお願い    署内での盗難事件さえ解決できないのなら


署内で起きた盗難事件さえ解決できない警察とは何なのだろう・・・。
おそらく、ほとんどの市民はそう思っているだろう。
この事件は解決できない。
結局、うやむやにするはずだ。
ここからは、明らかに論理の飛躍があるが、解決できない、解決する気がないなら、他のことで市民の安全を向上するために死力を尽くしてほしい。
それは、無灯火自転車の徹底取り締まりだ。
自動車、バイクで、無灯火のものはほぼない。
あるとしても、意図的ではなく、整備不良だろう。
しかし、自転車は意図的に、無灯火で走っている人がいる。
今の時期は、17時にすでに暗い。
暗い中の無灯火自転車に恐怖を感じているのは私だけだろうか?
車からも、歩行者からも、無灯火自転車は見えない。
見えないのに、ものすごいスピードでつっこんでくる。
広島県警には、この取り締まりに全力をあげてほしい。
もちろん、論理が飛躍しているのはわかっている。
しかし、私の認識では、今の社会で、自転車が一番恐ろしい乗り物です。
しかも、無灯火の自転車は最凶の乗り物だと思っています。
実際、私の知人も、無灯火の自転車にぶつかられ、倒され、片目を失明してしまいましたから。
しかも、自転車に保険がかかってなかったので、大変な事態になりました。

yuugure-7

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る