広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 希望は絶望の先にある     日本絶望の党  

希望は絶望の先にある     日本絶望の党  


私は、日本絶望の党 総裁だ(笑)
半分、冗談ですが、半分、本気(笑)
その理由は、二つ。
一つ目は、安易に、「希望」を口にする人間は信用しないということ。
二つ目は、希望とは、絶望を通り抜けないと見えないということだ。
希望なんて、そんなに簡単に見えるものではない。
すぐに見えるような希望は、FAKEだ。
そんなものはすぐに消える。
そんなものを掲げる人は、とても怪しい。
希望とは、真っ暗なトンネルのはるか先に見える一筋の光。
真っ暗な中、絶望の中でしか見えないのだ。
人は、それが見えれば、どんなに長い道のりでも歩くことができる。
そして、真っ暗な中を歩くことにより、体力気力をつけていく。
私の20代もまさにそうだった。
声が出なくなり、食べれなくなり、そうした中で、希望の光を探してのたうちまわった。
そして、光を見つけ、長い時間を歩いた。
希望とはそうしたものだと思います。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る