広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 落語とは、俺である

落語とは、俺である


この言葉が、談志師匠の落語観だ。
もちろん、落語の作品性に重きを置く落語家も多い。
「芝浜」「文七元結」「らくだ」「紺屋高尾」・・・・・という作品が中心なのだという考え方もよくわかる。
それらの作品は、それ自体で素晴らしく、完成度が高く、誰がやっても、面白くなる。(ド下手は除く)
しかし、談志師匠は、そんな作品より、自分を前面に出す。
個性を前面に出す。それが、談志師匠の落語観だ。
だから、観る方も、談志師匠のドキュメンタリーとしてみる。
師匠が、落語をしてもしなくても、談志師匠がすること自体が、落語なのだ。
何もしないで、「うーん」と考え込むだけでも、落語なのだ。
古今亭志ん生師匠は、高座で居眠りしたことがある。それこそが落語なのだ。
落語とは、作品を演じることだけではなく、もっと広く深いものだ。
私も、私の仕事自体、私がやっていること自体が、落語なのだと言えるようになりたいです。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る