広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 薬はあまりのまないほうがいい

薬はあまりのまないほうがいい


もちろん、すべての薬を否定しているわけではない(笑)
しかし、不要な薬も多すぎる。
儲かるから大量に出している医師や薬剤師も多い。
その結果、膨大な費用がかかるし、とんでもない副作用がでる。
私の知人の中にも、薬で劇症肝炎になった人、味覚障害になった人、うつ病が悪化した人、そんな人がかなりいる。
みんな、薬を停止したら、何もなかったかのように、前に戻った。
肝炎は治癒し、味覚は戻り、眠気がなくなり、気分が回復した。
私には、風邪薬さえ、なぜ出すのかわからないくらいだ。
軽症の風邪の時に、風邪薬をのむ医師はどれくらいいるのだろうか?
薬はできるだけのまない方がいい。
今、のんでいる薬を再検討したほうがいいです。

もちろん、絶対にのむべき薬はのんで下さいね。それまで否定しているわけではありません。

無題
広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る