広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 希望の物語 絶望の物語

希望の物語 絶望の物語


私は、安易に希望を語る人を信じない(笑)
今の時代に、そんなに簡単に希望はない。
そんな時代に、安易に希望を語る人は、詐欺師だ(笑)
私は、まず、徹底的に、絶望を語ることが大事だと思う。
それも、下を向いて絶望を語るのではく、前を向いて絶望を語るのだ。
そして、その絶望をきちんと見て、そこから、希望を探す。
いや、自分自身がどう希望になるかを、自分で考え行動することが大事だ。
希望は、どこかにあるのではない。
誰かが希望を与えてくれるのではない。
自分自身が希望なのだ。
それには、まず、絶望を通り抜ける必要がある。
絶望を通り抜ける気力体力のある人こそが希望になれるのだと思います。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る