広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 地方議員は日当制でいい   「家業」ではなく、本気で地域に貢献したい人を選びたい

地方議員は日当制でいい   「家業」ではなく、本気で地域に貢献したい人を選びたい


私は、こう考えている。
議会が開かれるのは、数十日に過ぎないし、日常のことは首長や行政機関がやる。
こんなことを書くと、既得権を持つ人は、「議員は必要だ。どうやって民意を吸い上げるのだ」と反論するだろう。
しかし、現時点でも、民意をきちんと吸い上げられているか疑わしい(笑)
今の高額の給与が必要か疑わしい。
「家業」になり、何代も継承している現状がおかしい。
おかしいことだらけだ。
日本のどこの自治体もとても厳しい財政状態だ。それなのに、ものすごい高額の給与を取っている。
これは、どう考えてもおかしい。
もっと効率化し、もっと民意を吸い上げる方法があるはずだ。
そもそも、議員が冠婚葬祭や運動会なんかに出る必要はない。
それより、タウンミーティングを多数開催し、いろんな意見を聞き、議論した方がいい。
ネット等を駆使して、いろんな意見を聞いた方がいい。
今の議員活動は無駄が多すぎるのだ。
地域に本気で貢献したい仕事を持つ人々が、夜や休みの日に議会を開催すればいい。
既得権が固定化しないように、いろんな人が議員になればいい。
私も、日当制になれば、ぜひ選挙に出てみたいものです。

金を安くすれば、金目当ての人はすぐに逃げ出すことでしょう(笑)

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る