広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 正しい本の読み方

正しい本の読み方


正しい本の読み方なんてあるのだろうか?
いやいや、自由に読んでいいのでは?という意見もあるだろう。
もちろん、小説や、ノンフィクションは自由に読んだらいい。
自分の思い通りに読んだらいい。
しかし、自由に読むと困るのが、学術書だ。
これを、まったく自由に読んでしまうと、どうしようもなくなる。
学術書だけは、きちんとしたトレーニングが必要だ。
例えば、哲学書を自由に読むと、無茶苦茶なことになってしまう。
本当に哲学書を読もうとしたら、一日数ページしか進めない。いや、1ページくらいかもしれない。
学術書とは、本来そんなものなのだ。
きちんとしたトレーニングを受けないと、まったく理解できない。
理解できているつもりでも、まったく誤読していることも多いです。
もし、きちんとした勉強がしたければ、きちんとトレーニングを受けよう。
自己流では、基礎のところから間違い、応用部分もすべて間違ってしまう可能性がありますから。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る