広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 善意 悪意

善意 悪意


善意と悪意はどちらがいいだろうか?
おそらく、ほとんどの人は、善意と答えるだろう。
それ自体は私も同意見だ。
しかし、善意とはそんなにいいものだろうか?
例えば、誰かを介護する場合、すべてをやってあげる人がいる。
もちろん、善意でだ。
しかし、その善意はヤバイ。すべてをしてしまうと、何もできなくなる、何もしなくなる。
どんどん、寝たきりに近づいていく。
引きこもりの場合も同じだ。親は善意で、子供に優しくする。
しかし、それが甘やかすことになり、何もできない、何もする意欲のない人間を作り出す。
もちろん、親は善意だ。子供を大事に思っている。
しかし、善意が地獄への道しるべになることがあるのだ。
善意が、大事な人を不幸にする場合がある。もう一度、自分の善意を再検討してみましょう。
善意とは、善意であるゆえに扱いが極めて難しいものです。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る