広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 機能不全家族 外から不可視な小さく閉ざされた場所

機能不全家族 外から不可視な小さく閉ざされた場所


いろんな面談をしていると、家族の機能不全について考えることが多い。

今の家族を見ると、二つの特質から、かなりの機能不全に陥っていると感じる。
一つ目は、核家族であること。一つの家族で3~4人がいないので、親が子供へのかかわり方を失敗したら、誰もフォローする人もおらず、建て直すことが不可能になる。大家族なら、いろんなフォローがあり、修正できる可能性がある。
具体的に言えば、親との関係がどうしようもなくても、おじいちゃんおばあちゃんとはよく話をするという感じで。
二つ目は、家が閉じていて、家にほとんど誰も訪ねてこないということ。
ようするに、形式的にも実質的にも、核家族なのだ。親子3~4人で閉ざされた空間に生きている。
これでは、いろんなおかしなことが起きるのは不思議ではない。

この状況を打開するには、親が変わるしかない。
親が変わり、どんどん家庭を開いていくしかない。
血縁ではないネットワークをどう形成できるかが大事なところだと思います。

81taBtrOZtL._AC_UL320_SR202,320_

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る